08/01/2017    衰え



昨日



オフィスで仕事をしていて



熱中症になった。




毎年三回は熱中症になる。




糖尿病のせいもあり


循環器系が弱い。



突然、視野が狭くなり



耳鳴りがはじまり



意識が浅くなる。





まず救心を飲み



水を飲み



塩を舐めて



濡らしたタオルで体を拭いて



そのタオルを首に巻く。





普通の状態に戻るのに



三時間かかった。






身体は衰える。





土曜日に恵比寿の駅を降りて



改札を出た時



前の方から



とても有名なジャーナリストの方が歩いてきた。



日本人で知らない人はいないはずだ。




すれ違った時に話しかけた。




「○○さん」






○○さんは振り向いて



僕を見た。






○○さんは明らかに


痴呆だった。





目の焦点は合わず



僕との会話は噛み合わず



返事は



ホェ



と答える。







僕は、握手をしてもらい



お体を大切にと伝えた。








人間は衰える。





脳も身体も





僕の身体も



よくぞ僕の過酷な人生に付き合ってくれたものだ。






老人にならずに



若くして死ぬ人がいる。





衰えを知らないで人生を終えるのも



悪いことではない。







スポンサーサイト