03/31/2008    祝 ビバリー20年目
高田文夫巨匠

この偉人無くして僕のラジオライフは無い。


言わずと知れた放送作家


ビートたけしの笑いを作り上げた男である。



ニッポン放送で午前11時30分から午後1時まで


みんなを笑いに包んでいる長寿番組だ。

最初の数年は松本明子がアシスタントだった。


当時鶴光さんに乗せられて、生放送でオマンコと言ってしまい、芸能界を干されていた松本明子は高田巨匠によって復活し電波少年でブレイクした。



高田巨匠によって売れた芸能人は数多い。



20年前の僕は高田巨匠に憧れて、あんな大人になりたいと思っていた。


いつの間にか僕は当時の高田巨匠の年齢を越えてしまっていた。


高田巨匠の相方 景山民夫氏が亡くなって久しい。



高田巨匠にはあと50年はビバリーを続けて欲しい。




ちょっと自慢

今日のビバリーに一年ぶりにメール投稿したら、またまた読まれました。



僕の文才いまだ衰えずなり。



スポンサーサイト
03/28/2008    桜の季節のたばこ
横浜も桜が咲きました。


タバコソムリエの僕からのおすすめです。


「オーラ ホノカ」


ピンク色のハードボックスのアメリカタバコなのですが、


このタバコ


火をつける前も


火をつけてからも


そして吸い口も


桜の香りと味なんです。


一箱320円


ほんとにいい香りですよ。



タバコは周りに人のいない野外で吸いましょう。


タバコもハーブの仲間です。
03/28/2008    松井くんオメデトウ
ゴジラ松井が結婚した。


とてもウレシイ。


とてもウラヤマシイ。



ここでひとつギモン。



ゴジラ松井の家にあったはずの、(ニッポン放送ヤギ松本ひでおアナウンサーがアメリカにいくたびに渡していた)大量のエロDVD はドウシタンダロウ?



ちなみに僕の場合は前の彼女と暮らしだした時に、約200本の裏ビデオを全部捨てられました。



他人事とは思えなかったので。
03/27/2008    無情なり。
茨城と岡山で通り魔的な犯罪が起きた。




犯人を分析しても、


原因を分析しても


なんにもならない。




自らの身は自分で守らなければいけないからだ。





僕は学生時代から武道をやっているのだが、


そのときに身についたことがある。




町で歩いていても、


電車に乗っていても、


電車を待っていても


駅の階段を降りるときも





常に隙を作らないようにしている。




心の中でいつも思っている。



「この目の前の男が殴りかかってきたら


 どう除けてどう攻めるか。」




世の中の喧嘩や暴力は


ゴングとともに始まる事はない。



とつぜん殴られたり、


刺されたりする。





どんなに強い男でも


隙のあるときに頭を殴られたら終わりである。




どんな場面でも隙を作らないこと。





前から歩いてきた男性がすれ違って後方に行ったのを


足音で確認する。




電車を待つときには


「背中を押す人間がいるものだ。」


と考えて列に並ぶ。




電車中でも


隣に立っている男性が暴れたらどう対応しようかと


常に考えている。





交差点で立っているときも、


後ろから押されたり、


自動車が突っ込んでくることを想定して


電柱の近くに立つ。





それがデート中で女性といても大事な考えだ。




もし暴漢がきたら彼女をどう逃がそうか?




相手が複数ならばどうしようか?






男ならばのほほんとデートしていては失格だ。








対応策として、



電車内などの狭いところでは



「ひじ」「ひざ」


をつかって相手に攻撃する。




狭いところでは相手を殴ることはできない。





相手を蹴るときには



ももやふくらはぎを蹴っても効かない。




正面からひざのお皿を蹴ることだ。




相手は立てなくなる。






このブログの読者の方にお願いがある。




まず危険なところには行かないこと。



そして駅のホームや階段、



町の往来などでは



「誰かが襲ってくる。」



という感覚を持っていてほしい。






もし騒ぎが起きていたならば


野次馬根性は捨てて


その場から必死に逃げることだ。




柔道が黒帯だとか


剣道が何段だとか


空手がどうだとか




実際にまちで起きているトラブルでは


なんの役にも立たないのだから。













PS



今回の岡山の突き落とし事件で僕が思ったこと。





犯罪を起こした少年は悪い。



どんな言い訳も通用しない。






ただ、今回僕が痛いほど感じたことを書く。








彼は高校でもトップクラスの成績を収めていたという。





国立クラスに推薦をしてもらえるくらいの学力があったという。






しかし、


彼は家庭の経済的な理由で進学を諦めた。




でも本心では諦められるもんじゃ無かったろう。







父も母もいて大学進学を諦めなければいけなかったというのが



僕には判らなかった。










彼の父親が記者会見でお詫びをしていたのだが



職業が「派遣社員」となっていた。








経済成長が当たり前、



給料の上昇も当たり前、



終身雇用も当たり前、



持ち家も当たり前、



勉強さえできれば大学進学当たり前、





そんな時代に僕も彼の父親も社会に出た。





でも今、



何一つそんなものは当たり前じゃない。









自分の子供が勉強が出来なければ



進学するということも諦めさせられるだろう。








しかし、



犯人になった少年は勉強は頑張ったのだろう。







きっと親としてはなんとしても


息子の望む大学に行かしてあげたかったのだと思う。











僕は彼の父親に同情はしない。




でも心情は痛いほどわかる。






もし彼が進学が決まっていたら、



こんな事件は起きなかったはずだ。












被害にあった男性の家族も



加害者の家族も



両方とも地獄になってしまった。







もし破綻している銀行に



何百億ものお金を使うのならば、



こういう経済的な理由で進学の出来ない若者に使うべきだ。





お金は物や組織に使うのもいいのだが、



人に使うのが一番正しい使い方なのだ。





被害者の方の冥福を祈り、



加害少年の更生を望む。







以上。
03/24/2008    DVD鑑賞部屋
今朝の三時から五時まで町田のDVD鑑賞部屋にいた。


今の僕は心身ともにフル回転


朝から夜まで働いている。

昨年傾いた組織を建て直すために頭も体もフルに働かせている。


仕事がおわるのが夜の10時すぎ、

すぐに帰ればいいのだか、仲間と呑みに行ってしまう。


いつもハシゴになる。



最後の店が明け方に終わり始発で家に帰って二時間位寝てまた家を出る。


自分でもキチガイ沙汰だと思う。


疲れがピークを越えて、もう疲れを感じなくなっている。


消極的な自殺だ。


こころのどこかで死んだらこの生活から解放されると期待しているのかもしれない。


もし僕に妻や彼女がいたら怒ってくれるだろう。


しかし今の僕にストップをかける人はいない。



昨日から今日にかけて、何時ものように呑んでいたら、いつもは五時までやっている飲み屋が日曜は三時までということで外に出された。


他に飲み屋はやってそうもないのでどうしようと思っていたら、仲間のひとりがこう提案した。


「あたらしく出来たDVD鑑賞部屋に行こう!」



町田駅のJR側のドンキの向かいにその店はあった。


店の名は確か
「金太郎」



店に入ったら
フロントがあって、小さいカゴを渡された。


貸しビデオ屋みたいな店内でDVDを6本まで選んでカゴにいれてフロントに渡すらしいのだ。


僕は見たいものもなかったが、いとうあこの作品などをカゴに入れてフロントに渡した。


フロントには自動券売機があって

二時間 千円
十二時間 三千円


などの券が並んでいる。



僕らは二時間の券を買い、一つ上のフロアにある個室フロアに案内された。


各部屋は二畳位でベッドや大型薄型テレビやPCやテイッシュが置かれている。

ただし新しいこともあってなかなか清潔でおしゃれな部屋なのだ。



そしてなによりも各部屋は完璧な防音なので大きな音で鑑賞しても、周りには聞こえないのだ。


僕は酒が入っていたせいで、頭が冴えていたので全部のDVDを飛ばしながらも全て鑑賞した。


二年前のいとうあこは、今と違っていなかの美人といった風情だったので、少し笑えた。



テレビに切り替えたら茨城の通り魔事件を報道していた。


この鑑賞部屋の採点は

80点


昼寝をするにはいい。
03/19/2008    聞かせてよ愛の言葉を

不思議な青年



佐々木秀実


の初めてのシングルCD

「聞かせてよ愛の言葉を」

が今日発売された。


いま僕の部屋に流れている。



もしあなたが今恋をしているならば、聴いて欲しい。

もしあなたが今別れた人を想うのならば聴いて欲しい。



佐々木秀実のやさしい声は、あなたをつつみこんでくれるだろう。


佐々木秀実は彼であり


佐々木秀実は彼女である。




今年の衝撃は

佐々木秀実





ジェロ


だろう。




もし彼女や彼へのプレゼントに迷っていたら

聞かせてよ愛の言葉を

のCDを贈ってほしい。



もし僕がプレゼントされたならば

一生その人を大切にする。


それだけ価値のある作品だ。




間違ってジェロの方を贈らないように。
大手自動車メーカーの社員が自首して捕まった。


交際相手の女性の10歳の娘が寝ているときに裸にして写真を撮ったのだが、自分のパソコンから流出して世界に配信したということらしい。



その男が捕まろうが死刑になろうが構わない。


問題はその交際相手の女性だ。


付き合っていた男が自分の娘を丸裸にして写真を撮って楽しんでいたのだ。



憐れな女だ。


その男の目的は自分ではなくて娘だったのだ。



きっとその男は娘に優しかったのだろう。


いいお父さんになると思っていただろう。


新たな家庭が築けると思ったろう。



そりゃあ娘に優しいさ。


だって目的は娘なんだから。



この犯罪の主犯はこの男ではあるが、母親であるこの女も共犯だ。

たとえあんたの娘とはいえ、その男と娘は血縁でもなんでもない。


その男は新鮮な女性の方が好きなのだ。


目的はあなた?

それとも娘?


それを見抜けなかった結果
10歳の娘の裸の写真が永久にネットの世界で晒され続けるのだ。


恋愛や再婚を考えている女性に問いたい。



あなたの彼氏の目的は


あなた?


それとも娘?


ちゃんと見極めないと、あなたたち母娘は地獄に落ちるよ。



先日読んだ本に興味深い記事があった。

どうして男性初対面で女性のは胸を見て

女性は男性の指を見るのか。



男性が女性のバストを見るのは僕も男だから分かる。


しかし女性のアンケートなどで男性のどこを見ますか?


という答えに

指を見る


という答えがすごく多い事に疑問を抱いていた。



その本によるとその答えは


男性はセックスの時に自分の触る相手のパーツを見るし


女性はセックスの時に自分の体を触る相手のパーツを見る


ということらしい。



たしかに僕が女性だとして、指がささくれて爪も伸びている男性には体を触られたくはない。

ましてやそんな指を体に挿入されたならば、傷をつけられて病気になってしまう。




さて

男性諸君はここから学ばなければいけない。


利き手の爪は深爪にしてヤスリで角をキレイに削ること。


指のささくれはハンドクリームで治すこと。


綺麗な指はパンストを撫でても引っ掛かりません。



女性の方も男性の指に注意を向けてください。



もしかしたら彼方の膣の中を傷だらけにされるかもしれないですからね。



余談ですが

オッパイって触るまでは大きさや形を重視するけど、

いざ現場になると小さくても感度のいいオッパイがいいなあ。



03/12/2008    エディソン事件
やはりこの話に触れなければならないだろう。



香港の若手俳優

エディソン.チャン

の修理に出したパソコンから流出した写真の事件だ。

日本で言えば

ツ●●キくんの修理に出したパソコンから、共演した若手女優やアイドルとのセックス写真が1600枚も流出したみたいなものだろう。


事件としてはなかなか面白い内容だが、アイドルのファンとしたらたまらないだろう。


まあ芸能界は朝娘たちのおめでた婚ラッシュを見ても判るように日本だってたいしてかわらない。



僕の家には壊れても修理に出してないパソコンが二台ある。


理由はエディソンのパソコンと同じだからだ。


写真が電子媒体になってから、僕のパソコンのHDには、彼女やそのほかの女性との楽しい場面の写真が千枚以上入っている。


そのパソコンがある日駆動しなくなる。



みんなに警告だ。



そんな時には諦めることだ。


そんなパソコン修理に出したら、修理作業員にデータを丸ごとコピーされてしまう。


何日かして貴方と彼女のセックス写真があなたの知らないところで世界にばらまかれている。



たかだか10万もしないものを新しくするのを惜しんだばかりに、あなたの秘蔵写真や動画があなたの手の届かない所で知らない人たちに見られてしまうのだ。


今回のエディソンの事件で

エディソンは引退


相手として写っていたアイドルや女優は
富豪との婚約を破棄されたり

離婚をされたり

仕事を無くしたり

CMを下ろされたり


間違いなく芸能界復帰は無理な状況になっている。




パソコンが死んだときに

あなたの思い出も死んだことにしないと
あなたもエディソンになる。



日本でも

奥菜恵と押尾学の情事写真が出たり、藤本綾のフェラ写真が流出したけれど、

あまり綺麗なものじゃなかった。


それにくらべてエディソンの写真で自らセイキを開いたりエディソンのペニスをしゃぶっている女優やアイドルは一級品だ。


そういう意味ではエディソンが羨ましい。


03/11/2008    若いともだち
最近若いともだちが出来た。


ひとりは昨日高校を卒業して四月から大学に通う女の子


もうひとりはいま大学に通う一年生の女の子



全く別個で知り合った。



不思議なもので、どちらの女の子と話していてもお互いに違和感がない。


はたから見たら親子だろう。


46と18

46と19


でもほんとに話が合うのだ。



どちらの娘も言うのだが、
大人の意見とか知恵を聞きたかったのだが、なかなか本音で話してくれる大人がいなかったそうだ。



僕は相手によって態度を変えないので、相手が女子高生だろうとオブラートに包むことはしない。


政治から性事までちゃんと話をする。



ふたりとも素直な性格で、意見があればばしばしぶつけてくれる。

彼女たちにとって父親と変わらない年齢のあまりいないタイプの男との真剣な話は、ものすごく彼女たちの知的好奇心を刺激しているようだ。


それは僕にとっても普段使わない脳味噌をフル活動させる行為でもある。


ふたりとも世間が言うようないい加減な若者じゃない。



僕も彼女たちに恋愛相談をすることもある。


若いひとからの意見やアドバイスはこちらの想像を越えている。



老化防止には脳トレなんかやるよりも、若い女の子との交流のほうが何倍も楽しく効果があるはずだ。


あなたもぜひ。
03/09/2008    広川太一郎が死んだ
今朝はなんだかすごく悲しい。


広川太一郎さんが死んだ。



当時中学生だった僕に、粋な大人の話術を教えてくれたのは

広川太一郎さんだ。


ラジオニッポンがラジオ関東だったころ、今の演歌専門のラジオ局ではなくて、アメリカのヒット曲をたくさんかけるお洒落なラジオ局だった。


そのラジ関の司会が

広川太一郎

だったのだ。

彼は声優でトップにいて、
ヤマトの古代



映画の主役の吹き替えも多数やっていた。


広川太一郎さんは毎日夜の番組をやりながら、週に一度深夜番組もやっていた。

当時BCLブームの最中

横浜三越のテクニクス横浜 通称テクヨコにて週に一度公開録音があって

僕は友人と相鉄に乗って毎回見に行っていた。


生の太一郎さんはまさにダンディを絵に描いたような大人で、カッコ良かった。

相方は指揮者の豊岡豊さんで、ふたりのかけあいはまさにお洒落な大人の会話だったのだ。



あの軽快な語り口

もう聴けないと思うと辛い気持になる。

合掌





話は変わるが
昨日のアド街は埼玉川口だったようだが、


今朝になっての隠れ一位は
元教え子に交際続けろ

川口高校の校長が脅迫で逮捕


若手教師やいい加減な私立じゃなくて

公立高校の校長が教頭時代の六年前から当時高校二年生の女の子と付き合っていたのもすごいが、

校長になってからも付き合っていたし、別れると言われたら脅迫するし


なかなかファンキーな街だよ川口は。


コイツを校長にした教育委員会もいい加減な奴らだな。



民度低し川口
キンキンもびっくりだな。


でもまた川口オートに森くんを応援に行きますよ。




最後に山口達也さん結婚おめでとう


僕はリーダーが心配です。


03/06/2008    お答えします3
男性が女性から言われて嬉しいこと。


「山口さん○○を貸してくれますか?」

それがCDとか本とかなんでもいいんです。


貸してくれますか

男はそれを頼られていると解釈する生き物です。


特に本やCDを借りて返してくれる時に感想の手紙が付いていたら、嬉しいしその女性の人間性に感心を覚えます。



男は自分が少しでも好意を持つ女性からモノを貸して欲しいと言われたら、たとえ新たに買ってでもそれに応えたいものです。


だからあなたが男性に何かを貸してくれますかと頼んで断られたならばあなたに対してなんの好意もありません。



あなたがその男性に好意を持たれているかどうかのテストにもなります。


小さなモノから借りてみてください。


何度か貸してもらうと相手の男は思います。


この娘俺に好意があるのかな?


人は嫌いな人には頼みごとはしません。

男は自分に好意を持ってくれた女性を好きになるのです。



好きになったらあばたもエクボ


嫌いになったらエクボもあばた



遠くの小倉優子よりも

近くのあなた


女性はお化粧や服に力を入れるよりも、
男性が喜んでくれる行為をしたほうが好かれますし大切にしてもらえます。



何度も書きますが

男はバカですから女性に頼られると嬉しいのです。


そしてありがとうの一言でもっともっと女性に喜んでもらおうと思っちゃうのです。


そう思える女性こそ愛しい女性なんです。


男に好かれるなんて簡単なことなんですよ。


だから僕は言い切ります。

この世にもてない女性はいません。



もしあなたがもてないならば容姿じゃなくて男性にたいする行動に問題がありますよ。
03/05/2008    はじめての体験
一体なんだったのだろう。


先ほどまで現実にあったことは、本当に現実だったのだろうか?


今日久しぶりにあった友人と、近況を話そうということで馴染みの立ち飲み屋に行った。


先客はふたり

50くらいの紳士と

35くらいの美人



一目見て夫婦じゃないと判る。



僕が友人と話をしていたら、紳士が僕に話しかけてきた。


作家風の貫禄のある男性だ


美人はにこにこしながら僕たちを見ていた。



はじめのうちは世間ばなしをしていたのだが、そのうちエロな話に移って行ったのだが、美人はなぜか僕にピタリと身を寄せてきた。


美人は花田景子のような目鼻だちのはっきりした女性で、髪の薫りも素晴らしい。



僕が酒も入ってドキドキしていると驚いたことに、彼女がズボンの上から僕のロドリゲスをさすってきたのだ。


紳士が隣にいるのに、それはマズイだろうと彼女の手を払おうとしたら、彼女は払おうとした僕の手を掴んで彼女のスカートの中に押し込んだ。



紳士が僕の耳元で囁く。


「すごく太いのが入ってますよ。」



僕はそれを確かめるために、彼女の淫部に指を這わした。



たしかに


たしかに彼女の淫部には太いバイブが差し込まれていた。


それを指で回すと、彼女の口から淫声が漏れた。



もしそこが立ち飲み屋でなければ、僕はそのバイブを抜いて僕のロドリゲスを差し込んだろう。



美人の淫部や乳房を揉みながら、何気無い顔で紳士と話を続けた。

僕の指の動きに合わせるように、彼女の膝が崩れそうになる。



いままでいろんな体験をしてきたつもりだったが、こんなことは始めてだ。



マッコリのせいなのか、


それとも白昼夢だったのか。



二人はまた会いましょうと言い残して店を出ていった。



僕の携帯には紳士がかけてくれた携帯番号か残されている。






鼻孔にはまだ彼女の髪の薫りがかすかに残っている。





やはり夢ではない。



次はあの二人にどこで逢えるのだろうか。
03/03/2008    お答えします2
男は自分の持ち物を誉めてくれた女性を好きになる法則



持ち物と言っても、ロドリゲスじゃないですよ。


彼の持っているモノで、彼がこだわっていそうなモノを見付けたらさりげなく誉めましょう。

「●●さんの手帳ってかっこいいですよね。」


男は元来誉められ慣れてないので

大抵の男は慌てた態度になります。


「そ、そうかなあ」



そしたらこう言うのです。

「わたしはかっこいいと思いますよ。」



男はバカですから、もう有頂天です。



そして誉めてくれた女の子を好きになるのです。



あまり美人でもないのにもてる女性がいますが、彼女たちは誉め上手です。


ツンケンした沢尻よりも、

愛想のある関根まりの方がもてるのです。



ただし、あまりむやみやたらに誉めないこと。


効果が薄くなりますよ。



つづく
03/03/2008    ダメな新聞
昔平凡パンチという週刊誌があった。


週刊プレイボーイとの戦いに敗れて廃刊した。


廃刊前の平凡パンチは中身はあまり変わらず

表紙の紙を変えたりロゴを変えたりして延命を謀った。


しかしダメなものはダメ


平凡パンチは死亡した。



いま同じ道を歩んでいるモノがある。



サンケイエクスプレスという新聞だ。


サンケイ新聞は新聞は朝刊だけでいいと主張し、夕刊を無くした。

しかし、なにを狂ったか、サンケイエクスプレスというもうひとつの朝刊を出したのだ。


僕は良くも悪くも評価するために読んでみた。



紙の質はいい。

写真も多い。
横書きで斬新だ。


しかし肝心の中身が全く無い。


サンケイ新聞朝刊の焼きなおしなのだ。

もしサンケイエクスプレスを読むならば日刊スポーツを読んだ方が100倍タメになる。



そのサンケイエクスプレスが平凡パンチのようなリニューアルをする。


それも値段が上がるのだ。


サンケイはよくよくダメな新聞社である。


03/02/2008    今夜は佐々木秀実
みんなにお願いがある。

今日三月二日日曜日

夜10時54分


テレビ東京




みゅーじん

がある。


今日は僕のおすすめの

佐々木秀実

なのだ。



見てほしい


もし山Pが好きでないのならば。


03/01/2008    お答えします。
薫さんに、女性側からそれとなく男性のアプローチを促す方法を、ご教授いただきたいです!





男性のアプローチを促す・・・・


なかなか高度な質問ですね。


でも答えは簡単です。




ここで一つの格言を女性に贈ります。


「男という生き物は自分を好きになってくれた女性にl


 強い好意を持つ。」


ということ。





男性は女性と比べて間口が広いです。




女性の間口が1メートルだとしたら


男性の間口は100メートルです。




女性が付き合うことの出来る男性の割合が


自分の生活圏の中で1割以下だとしたら


男性は8割以上です。



これは科学的にも心理学的にも証明されています。




女性が考えることはまずは


「嫌われる二割に入らないようにすること」





そして一番重要なのは



「相手があなたを誘ってみたくなるような


 きっかけを作ってあげる。」



ことなんです。





ではどうしたらいいのか?




答えは次のとおりです。





男は余程あなたがブスでない限り、


誘うきっかけさえあればあなたを誘います。




何度も書きますが、


男性の間口は広いです。




極端な話、


あなたにおっぱいと性器がついていて


相手の男性に性欲があればあなたを誘いたいのです。





でも男にもプライドあります。




性欲で相手を誘ったとは思われたくはないです。



なにか人間的な理由がそこには必要です。




簡単な方法を伝授しましょう。








作戦A



「男は自分の知性を認めてくれる女性を好きになる。」



簡単に言うと、相手の男性に何でもいいですから


質問をしてください。





そしてその答えがあなたからみて


あまり上等でなくとも


「●●さんて、すごいですね。」


と驚くのです。






男はバカですから


自分の意見に感心してくれた上に


驚いて褒めてくれた女性を瞬間で好きになります。





なぜならば


男はみんな認められたい病気に罹っているからです。






彼の答えに驚いたあとでこう言いましょう。




「こんどゆっくり時間とって教えてくれますか?」




と言うのです。







そうすると男は思います。




「俺って頼られてるなあ、


 この娘、なかなかいい娘だなあ。」






冷静に考えると無理のある論理展開ですが、


男は根っからのバカですから


自分を褒めてくれる女性を認めるとをうことで


自分を褒めているという意見も肯定したいのです。





わかりますか?





男は自分に頼ってくる女性や


自分を認めてくれる女性のことを


好きになるようにプログラミングされてます。



「こんどゆっくり時間とって教えてくれますか?」



この言葉を言われた男は主導権を渡された優越感で


あなたに言うでしょう。



「いつならOKかな?」






作戦B


男は自分の持ち物に興味を持ってくれる女性を好きになる。




これは本当に簡単な作戦です。


恋愛のいろはの「い」です。




詳細は次回です。
03/01/2008    佐々木秀実という女
佐々木秀実は彼である。


佐々木秀実は彼女である。

佐々木秀実はシャンソン歌手である。


いま僕の部屋では佐々木秀実の歌が流れている。


佐々木秀実という28才の男性シャンソン歌手は

女性シャンソン歌手なのだ。


佐々木秀実は僕にとって最近最大の出会いである。


ニッポン放送平日あさ八時半からの

垣花正の番組の水曜日のアシスタントとして出ているのが

佐々木秀実くん

である。


長野出身の彼は女性シャンソン歌手である。


彼の歌声は女性よりも女なのだ。


ぜひ彼の名前で検索して彼を見てほしい。


そして明日の夜のテレビ

みゅうじん

で彼をとりあげるので見てほしい。



疲れた心に彼女のシャンソンが染み込んできています。




ああまたパリに行きたい。

と思わせてくれます。