男ならきれいな女性と仲良くなりたい。




会話のなかで


話がはずむ話題は無いだろうか?




この一年間


きれいな女性と話す機会があるたびに


いろいろと試してみた。








そして



見つかったのだ。






この一言を言うと



女の子は急に自分に向かって



饒舌になってくれる話題を!






それは次回


ブログ界における画期的な袋とじ企画として


公表します。







袋とじが開くのは



明日朝から夜までです。





こうご期待!

















スポンサーサイト
11/28/2008    冤罪




山形と言えば



マット事件





福岡と言えば



飲酒運転事件






桐生と言えば



桐生第一高校事件








土地の名前を聞くと



事件を連想させる土地がある。







狭山と聞いて



狭山事件を連想する人は



まだかなりいるだろう。







今回の舞鶴の事件は



流れが狭山事件にそっくりだ。






真実は一つしかない。






冤罪は罪のない人の人生を奪う。







羽賀研二



無罪判決





良かった。






彼も僕と同じ歳。







狭山事件については各自調べてくださいね。





国からの定額給付についての



僕の意見




国民ひとりひとりに渡すお金があるならば



市かなにかの単位で管理して



「産婦人科病院」



「託児所」



「養護施設」



「障害児施設」



を建てたほうが


国民ひとりひとりのためになるぞ。






僕が適齢期の地方の女性だったら



妊娠するのイヤだもん。






産婦人科病院がない地域なんて



地方行政がバカやろうってことだよ。





託児所の待機なんて


ナンセンスだよ。




障害児をその親だけに押し付けるなんて



異常な社会だよ。





親がいなくたって進学の機会は与えられるべきだよ。






年寄りが弱者で



若者が強者なんてこと



いまは違うよ。





いま一番の弱者は


子供の欲しい


もしくは



子供のちいさい夫婦じゃないかな?






11/28/2008    ハルカマニア いい話
20081128133510
20081128133506




昨日映画館でICHIを見るために席にいたら



体の不自由な男性が係員に付き添われて



僕の前の席に座った。





映画が終わり席を立とうとしたら



前の席の男性が立ちにくそうにしている。



少し手を貸して場外に出た。





男性は両脚が悪いようで


松葉杖を使っていても歩くのが難しい。




年齢は僕より少し上くらいか。





エレベーターを降りるときに話かけてみた。





「映画はよく来るのですか?」




すると彼は答えた。




「いや、映画館なんて何年かぶりですよ。


こんな体になってからははじめてなんです。」





彼との会話はこれだけだった。





僕はめちゃくちゃうれしかった。




同じ映画館で同時に



10もの作品をやっているシネコンに来て



それも不自由な体で苦労してやってきて



綾瀬はるかの作品を選んで観てくれた。





僕なんか病気とはいいながらも



なにも不自由ない体で観たいときに見たい作品を見れる。





昨日の男性こそ


真のハルカマニアである。






綾瀬はるかには


どうしても見たい魅力が溢れているからね。







写真はいまからもう何年も前に


まだ売れていない綾瀬はるかに惚れた僕が買った


綾瀬はるかの17歳の時のDVDだ。





僕の棺桶には


AMラジオ





このDVD


を入れて欲しい。





みんなも貸しDVDじゃなくて



映画館に行こうよ。





ついたちは安いよ。
11/27/2008    変な広告



いま小田急に乗ると



いろんな大学の広告が貼ってある。




その中には



ツッコミをいれたくなるものがある。







ある大学の広告




「法廷教室」




があるらしい。






それを見た


昔からその大学を知る乗客は


心の中でこうツッコミをいれているはずだ。





「あなたの大学を出て


司法試験合格して法曹界に入るひと


よりも


輪姦とかして


被告席に座る人の方が


多いじゃん。


被告としての体験学習するのかよ!」








実際にはどちらを学ぶのだろうか?



謎である。








11/27/2008    ハルカ様マニア
20081127213507





とにかく凄い









今日やっと



ICHI



を観た。






いま出てきた。






綾瀬はるかの美しさ







銀幕での存在感は



窪塚も



獅童も



竹内力も



大沢たかおも




霞んでしまうものだった。







ハルカマニアじゃなくても




観て欲しい。






ハルカマニアじゃなくても




綾瀬はるかに一撃で斬られたくなるはずだ。






来週は


ハッピーフライト




ハルカマニアに休みは無いのだ!


20081127163019
20081127163013




日本にはいるようでいないのが



タバコ評論家だ。




僕は時々タバコを吸う。




そして


決まった銘柄はない。





そのときの気分で吸う。





今日はカバンに



葉巻 二本



アメリカンスピリットブラック 一箱



そして

マルボロフィルタープラス が入っている。




マルボロフィルタープラスは



新製品だ。





新機構として


フィルターの中に


タバコの波が入っているので


香りにコクがある。






僕のように本数吸わない煙者には



ありがたい味だ。





メンソールばやりの時代になかなかの逸品である。






男なら



気分や


料理や


場所でタバコを選ぼう。






いつも古女房とのセックスじゃ


楽しくないぜ。





11/27/2008    ほんとうのエロティカ

月刊PLAYBOYの最終刊を買った。






最期ということで



なかなか濃い。





たくさんのヌード写真が載っているが





僕が


いちばん


エロティカを感じたのは





208ページにある





ベッドサイドの




福田麻由子だ。







これこそが



エロティカ



である。








もし自分がこの状況ならば





はたして?








僕は彼女の脚の甲にキスをして



笑顔で部屋をあとにできるだろうか?








いいおんなに


年齢は関係ない




こどもでも


老人でも


いいおんなは


いいおんなだし





思春期でも


適齢期でも


だめなおんなは


だめである。





この写真はそれを


教えてくれる。








温泉批評家の


野口さん


死んじゃったね。




すてきなおじさんだったなあ……。





天国でも温泉にはいるかな。




極楽極楽だよなあ。






ご冥福をお祈りいたします。

11/26/2008    クロネコくん便り
20081126084004



夕べいいことがあった。




秘密クラブの帰りに


駅前のローソン100に寄った。




明日のクロネコくんの朝ご飯を買うためだ。





店の入り口で店員と男性の客ふたりが話をしている。



狭い店だからよく聞こえた。




男性客は作業服のちょっと怖そうなふたり。




「この店に猫のおやつあるかな?」



すると店員



「猫のおやつ?ありませんよ。」





そうか


ないんだとふたりの男性が帰ろうとしたとき


僕の声が響いた。





「お兄さん、こっちにあるよ!」





ふたりはペット用品売り場にきて


目をキラキラさせて



「あったよ!ありがとうございます!」



と言って何種類か買って行った。







僕には分かったのだ。





彼らのきもちが。





猫とは飼い猫じゃなくて毎日現れるノラ猫だ。




現場仕事をしていると



近所のノラ猫と知り合いになる。




僕みたいな猫キチガイじゃなければ


カリカリを持って歩いている人はまずいない。




パンやご飯をあげても猫は食べない。





彼らは明日会うノラ猫のために買っていたのだ。





もし自分ちの猫ならば


どれがいいかなあ


なんてわくわくして話はしない。






猫好きはいい男ばかりなのだ。






写真は都庁の下にいた


ボロボロなノラ猫だ。





カリカリをあげたら


なんでお前はそんなもん持ってるんだい?



と一瞥したのち



むしゃむしゃ食べた。






今朝のクロネコくん



また分厚い毛布が増えていた。



まるで笑点の座布団みたいだ。




きのう買ったカリカリを喜んで食べてくれていた。






あのお兄さんたち


猫に会えるだろうか?
11/25/2008    1 対 6 = 天国?



今日



とある確かな情報をもとに



都内の秘密クラブに行ってきた。





場所は都内の誰でも知ってる有名ホテルのスイートルーム




前もって電話をいれて紹介者のことを告げていた。





さすがに超一流ホテル


ロビーの客はみな優雅な感じだ。




まさかこのホテルのスイートルームで



秘密な集まりがあるなんて知らないのだろう。






ドアをノックして部屋に入って驚いた。




男性は主催者のひとひとり



あとは女性が8人。




下はおそらく20歳



上は35歳くらいだろう。




誇張ではなくみな美形だ。




みなが僕を見る。




普段着もいれば


全身網タイツの女性もいる。





シャワーから出た僕はトランクスとTシャツで部屋に入ったのだが



網タイツの松雪泰子似の女性がやって来てニヤリと笑って僕に囁いた。




「ぜんぶ脱ぎなさい。」






ぜんぶ脱いだ僕は広いベッドに寝かされて



両手両足を押さえられて



6人の美女に責められた。





右腕を抑えた女性は僕の右の乳首を


左腕を抑えた女性は僕の左の乳首を


やさしくやさしく舐める。





足を抑えた女性は左右それぞれの足をさすり




皮Tバックの女性は僕の顔の上にまたぐように座り




あの網タイツの女性は



僕のロドリゲスを蛇のようにチロチロと舌を這わす。





こうやって文章にすると天国のようだが




急にこんな状況にされた僕は天国と地獄を行ったり来たりしていた。




ロドリゲスはいつも以上にギンギンになり




網タイツの美女が僕のロドリゲスを彼女の秘穴に差し込んで腰を振り出した。








もうひとりの男性客が来るまでの約30分間




僕はみんなのおもちゃにされていた。






男性は全員で4人になったのだが



4時間の間に何人の女性と交わっただろうかわからない。







女性たちはプロではなくて



大学生だったり


彼氏がいたり


人妻だったり





ストレートなまでにセックスを楽しみたい女性たちだった。






だから僕も部屋代の負担分だけしか費用は渡していない。




あくまでも同士の集いだった。







でも



1対1では味わえない快感だったなあ……
11/25/2008    国会議事堂まわり
20081125222203




すごい警官の数だ。




国会議事堂の周辺は何度も行っているが



こんなに警官が立っているのは初めてだ。




やはりあの小泉事件の余波だろう。




歩いている僕が急に走っただけで警官に囲まれるだろう。




ある種


一番治安のいい場所だ。
11/25/2008    



あの小泉の父親




このあとの人生は



キチガイの親



人殺しの親



としてあとの人生を生きていくんだなあ……。





46年前に


可愛い息子として生まれた我が子に


半世紀後に裏切られる気持ち。





しかし



息子の半分は自分なんだ。








僕は思う。




不妊治療のあと


医学の手で産まれた子供がのちに


人殺しをしたならば


算数でみたら意味のない子供ということになる。






これから結婚する若者たちには


ある種の問題がふりかかる。





結婚相手の製造工程問題。





はたして自分の結婚相手は


自然妊娠で受精して出来たのか


人工受精で出来たのか


排卵誘発で出来たのか






受精とは自分の遺伝子のコピーを作る作業





不妊治療とはそのコピー制作作業を他人の手を借りて行うことだ。




そんな大変なことをして出来た子供は


全員いい人になるとは思わない。





中には犯罪者になる人もいるだろう。




となると


被害者からすると


わざわざ高いお金を出して


わざわざ犯罪者をこの世界に作り出したことになる。







いま結婚する夫婦のかなりの高率で奥さんは妊娠している。




結婚前に妊娠をしたということだ。



そんな女性は一部の幸せな状況の人を除いてこう思ったはずだ。



「ああ、できちゃった、困ったなあ……

産もうか始末しようか。」




その気持ちは脳のできつつある胎児にちゃんと伝わっている。





そしてその記憶は忘れられることなくしまいこまれてある時発芽する。





「ああお母さんぼけちゃった 困ったなあ…。始末しようかな。」










北野武氏が母親に聞いた。



どうして俺なんか産んだんだよ?



母親の答えは素晴らしいものだった。





「降ろすお金がなかったんだよ!」





その時にお金があったら


ビートたけしはこの世にいない。





11/24/2008    月刊PLAYBOY廃刊


次の号で


月刊PLAYBOYがま廃刊される。



この本はアメリカのPLAYBOYの日本版であり


アメリカのカルチャーや


アメリカのジョークを


そして


プレイメイトというブロンド美女を僕らに紹介してくれていた。





月刊PLAYBOY



覚えているだろうか?




一柳展也を。




彼は夜中に金属バットを使って


寝ていた両親を撲殺した男だ。





マスコミはこう報じた。




一柳展也の部屋には


月刊PLAYBOYが創刊号から揃っている




僕は月刊PLAYBOYの読者だったので


一柳展也という


「当時僕と同じ歳の男」


の文化度が分かった気がした。





しかし世間はそうはとらなかった。




うわべしか見ない世間は


月刊PLAYBOYを金髪美女のエロ本だと報じていた。




当時は今のように肉親殺しはひんぱんになかったので


この事件は未だに昭和の事件史に残る。




そのあとも昭和36年37年生まれによる


猟奇的な事件は量産された。



マスコミでもこの年代生まれは何かがおかしいと特集したりもした。






さて


社会保険庁OBを殺した


小泉という男。



理解の出来ない事件である。




理解なんて出来ないのだ。




彼も僕と同じ46歳なんだから、




またこの年代生まれの事件である。






月刊PLAYBOYよ


いままでありがとうございます。




スコラみたいに無様な復活はしないでね。







もしあなたが好感度を上げたかったら


簡単で安い方法がある。




それはバイシン




充血を採る目薬だ。




白目がきれいだと


そのひとの心までキレイに見えるから


不思議だ。




女性の白髪と


白目の充血は


マイナスポイント


1000点だ。




ポケットには


リップクリーム





バイシン




もてるための必需品なのだ。






昨日キャバクラに行った同僚は


驚いたことに僕と別れてから


本番ホテトルを呼んで頑張っていたという。





元気にも程がある!





ちなみにそこはゴム無し本番だったそうだ。




危なすぎるよなあ……
11/21/2008    キャバクラ報告



いまキャバクラから出てきました。




僕についた女の子は三人。




鹿児島の子


北海道の子


福島の子



でした。




なかなか楽しかったです。




ウイスキーのボトル半分は呑んだので、


いまはヘロヘロです。




収穫は三人目の女の子との店外デートを約束したことだけです。



兵藤ゆきににた明るい女の子でした。



なにかが起こることはないでしょう。




三時間いてひとり三万円は安いのかな?
11/20/2008    今日の予定は



今日の予定


はじめは相模大野の駅のホテルで



佐々木秀実さんの


ボジョレーヌーボを楽しむシャンソンの夕べ



に行こうと思っていた。




ワインはからきし分からないが


佐々木秀実さんは見たいし


唄も聴きたいし


なによりも近所だ。




しかし


数日まえに同僚にこう言われた。




「20日に一緒にキャバクラいきませんか?」




僕は数秒悩んだ。




「かわいい娘

たくさんいるんですよ。」



答えは出た。



「いいよ。」



ということで


キャバクラに行くことになった。




新宿?


横浜?


六本木?




それが驚いたことに


大和。




大和にかわいい娘なんかいるのか?



探検の結果は今夜報告します。





追伸

まだ大和ミュージック閉まっていたよ。

最近やっと携帯に音楽をダウンロードすることを覚えた。





そして


昔超お気に入りだった曲が見つかったので


落ち込んだときにきいている。




この曲は僕にやる気をムクムクと起こしてくれる。



日本の音楽史にかならずや残る名曲





畑中葉子


「後ろから前から」





未だにこれを超えるエロな歌は生まれていない。






ちなみに作曲はおよげたいやきくんの

佐瀬先生だ。





もうひとつちなみに



畑中葉子のこの次に出した歌は


「もっと動いて」


であった。





男ならダウンロードすること!



さて


一部の人しか読まないコアな競艇の話だ。





今日

住之江で有り得ないことが起きちゃったのだ。




今日の12レースは優勝戦


つまり決勝戦だ。




そこで起きた有り得ないこととは、




「全艇フライング」




つまりレースは不成立になった。





しかしいくらなんでも


全艇フライングは有り得ない。





原因はスタートの大時計の故障だった。





時計一個の故障のせいで



何億円ものお金が返還になった。





おそらく世界一高くついた時計の故障だろう。






でも


優勝はどうなるんだ?


11/19/2008    表紙
20081119174603




女房逃ゲレバ

猫マデモ




この表紙すごいなあ……




男が嫁さんや彼女と住んでいるときには


この洗濯物干し


さわることないんだよね。





でもね


男のひとりくらしになると


なにが物悲しいって


自分の洗濯物を干しているときなんだよね。





洗濯バサミに濡れた服や下着を挟むときの


なんともたとえようのない悲しさ。






この表紙を作ったひとは


ワカッテルひとだね。






冬の洗濯物は冷たいなあ……



渋谷道頓堀劇場が手入れを受けた。



あそこは立地が良くて昔呑んだあとによく寄った。




ストリップファンにお知らせがある。



大和駅徒歩2分


紳士の社交場

大和ミュージック

が突如休みになっている。




入り口には設備の調整などと書いてあるが


おそらく道頓堀劇場の余波を受けたのだ。




道頓堀劇場の事件があったので


大和警察が捜査にはいるのは明らかだ。




いまどき全裸にならないストリップ嬢なんていない。





振り返れば大和ミュージックは昔は


年に半分は営業停止で閉まっていた。




昔は全裸どころじゃなくて



お客を舞台にのせてストリップ嬢はセックスをしていた。



あれはあれで風情があったもんだ。




俳優でもない普通のおじさんのつたないセックスは


エロではなく


ギャグだ。




今日ストリップにいく予定の人はやっているか確かめてから行くように!




11/18/2008    秋田県男子さんへ


貴重なコメントありがとうございます。




こんなブログをちゃんと読んでいただいて

とてもうれしいです。



秋田県男子さんのご苦労も伝わってきます。




僕は僕の知る限りでは


同級生がふたり自殺しています。




悲しいとか

辛いとかよりも


なんで?


が正直な気持ちです。




経済苦





病苦


も辛いですが


絶望


による自殺


も本当に辛いものです。





僕自身はいま


病苦と経済苦にずたずたになっていて


冷静なあたまで考えると


生きているのが不思議な境遇です。





時々自身にたいして


なぜ自殺しないのかと訊ねることがあります。





答えはまだ見つかりません。





-
20081118013819




読み終わったよ。





この本


女には読んで欲しくないよ



家庭を持って

幸せな男にも読んで欲しくないね。





この本


すごく


いいんだよなあ……。





まるで喜多條さんが


僕だけに書いてくれた

応援の手紙としか思えないよ。





40過ぎた男なら


読んで欲しい。




いや、読め!






やっぱり僕も若くてキレイな嫁さんもらうぞ!





あららら


期限はあと3ヵ月に迫ってるじゃないか!





急がなければ!
11/17/2008    オススメしにくい本
20081117221509




「女房逃ゲレバ

猫マデモ」




まるで僕が書いたような本じゃないか!




書いたのは


喜多條忠(きたじょうまこと)




この名前にピンときた方はかなりの通だ。




神田川



赤ちょうちん





数多くのヒット作を書いている作詞家だ。




いまから読む。




いまから読むのだ。




読んだら感想を書くぞ!
11/17/2008    オススメの本
20081117155803




この本は面白くて



役にたつ。




中身は書かない。



安いから買って欲しい。



「竹中式 マトリクス勉強法」



自分も読むといいし


子供に読ませてもいい。





いい本はじゃんじゃん買って読もう。




竹中平蔵教授は


ヤワラちゃんみたいな顔をしているが


なかなか骨太な男だ。





いま赤坂の日本財団ビルの近く



すこしは僕も関係あるビルであるなあ……。

20081116155508




昨日から日本の映画館史上


すごいことがおきている。




ありそうで


無いこと。





なんと



「ICHI」





「ハッピーフライト」



が同時にロードショウ公開されているのだ。



主演はどちらも


綾瀬はるか




地方の映画館や


ポルノ映画館などで


同じ主演の作品を何本かやることはある。






しかし


今回はどちらも


ロードショウ封切り作品である。





いくら


織田裕二





オダギリジョー





福山雅治





吉永小百合


が大スターだとしても



ロードショウ2本同時公開は有り得ない。




ロッキーとランボーを同じ時にロードショウするようなものだ。



それだけ今回のことは


偉業


なんである。





今年は


僕の彼女はサイボークと


この2本と


このあと公開が待たれている


「おっぱい先生」



の四本も主演をしている綾瀬はるか。




みんなが気がつかないうちに


ハルカマニア計画


は浸透しているのだ。







おっぱい先生は料金二倍でもいいから


リアル版


が見たいなあ……







日本一の動物園というとどこだろうか?




いままで数多くの動物園に行ったが



一番楽しかったのは


愛媛県の砥部動物園だ。漢字が違ったらごめんなさい。



ここにはあのシロクマのピースがいる。



前にも書いたがNHKのドキュメンタリーで、人間に育てられたシロクマのピースをやっていたのを見て


「かわいいなあ…愛媛じゃなきゃ会いにいくのになあ。」


と思ったのが引き寄せの法則に入ったのか


その後真由美に初めて会った日にしまなみ街道で瀬戸内海を渡り愛媛県に行って道に迷って、仕方ないからどっかに入ろうと入った動物園を見て回っていたら


「シロクマのピース」


がいたのだ。




全く予備知識無しで入った動物園だ。



ピースが僕を待っていた。




愛媛県には神奈川県から行って特に見るべき場所は無い。



唯一砥部動物園が超オススメなのだ。



猿と豚がおなじ囲いのなかにいるし(猿にいじられて豚が可哀想だった)



ペンギンの池の所には


「餌の魚の自販機」


があった。



極めつけはライオンの展示の向かいは


深い掘りをはさんで草食動物が何匹もいる。




まるで男子校の向かいに


女子高校が丸見えであるようなものだ。




愛媛県の若者は毎週砥部動物園に行って欲しい。





さて


日本一の動物園は


なんといっても


横浜動物園ズーラシア


である。




楽しいとか


展示法則がいい


とかではない。




ただただ広いのだ。




入り口から最後の動物まで僕の足でも


2時間


かかるのだ。




だから真夏にズーラシアに行くと


子供や女性や年配者は


気分が悪くなる。


熱射病になるのだ。




だからズーラシアは秋から冬がベスト




最初の象から


最後のヤブイヌまで


楽しくも長い道のりだ。





そんなズーラシアは


まだ一期工事が完成しただけ


二期工事でもおなじ面積を作っている。




となると



動物を全部見るのに


約四時間!



子供や年配者は途中で息絶えて


動物の餌になってしまうだろう。





軽いウツにはなにがいいだろうか?





そうだ、動物園にいこう!




近々ズーラシアに行こうと思ってます。






11/14/2008    猫の手帳
20081114212805




不思議なんだけど



毎朝クロネコくんに朝ご飯あげているんだけど



8時20分を過ぎて自販機を覗くと



もういない。




その前にいくと必ずベッドに寝ている。



まるで腕時計でもしているかのように



8時20分



に彼は家を出るのだ。





あちゃー


今日は遅れちゃったなあ…




一分一秒遅れてもクロネコくんはいない。








今日は向かいのビルで僕を待ってくれていた。





「遅れるなよなあ」




クロネコくんの目がそう話している。




毎日のスケジュールを管理出来るように



猫の手帳を買ってやろうかと思う。





11/13/2008    マッスル



マッスルがお手柄らしい。




火事の現場から人を救った。




法務省にお願いがある。




マッスルの活躍に免じて



ハニホヘニハーさん



の来日を許してくれないだろうか?





草薙くんだってそう思っているはずだよ。
11/13/2008    今夜は満月




今夜は満月




雲一つない空に



満月が輝いている。





いま空を見てほしい。