04/30/2009    猫飼いたい
20090430142627



猫を飼いたい。




たしかに


クロちゃんもいるし


ほかにも顔見知りのノラがいる。




でも


無性に猫飼いたい。




でもいまから子猫を飼いだしたら


近々の面倒は看れないし


間違いなく猫より僕が先に亡くなる。




人間ならばその後はどうにでもなるが



猫はそうはいかない。





写真の右下の子猫は


貰ってもらえたかなあ……





スポンサーサイト
04/30/2009    目立つ自販機
20090430141017



あまりにも目立つ自販機



宮崎パワーあふれる自販機



ただし


宮崎由来のジュースは2種類しか売られてないのだ。





宮崎県にいくとこんな自販機ばかりなんだろうか?





04/30/2009    島根県の若者たちへ



もう今から5年以上前の


信じられない事件。



当時広島の女性と暮らしていた僕は


彼女とふたりで近所の神社にお詣りをかねて散歩に行った。




その神社はちいさいちいさい神社なのだが


由緒ただしい神社らしくて


境内にその神社に関するパンフレットが置かれていた。



そこにはこう書かれていた。



「当神社は鳥取県にある出雲大社ゆかりの神社で…」



なるほどあの出雲大社の直系なんだな、



僕の高校の修学旅行は出雲大社だったなあ……



と感慨にふけっていたら



一緒に行った彼女がびっくりした声で叫んだ。




「出雲大社は島根県だよ!」





これは中国地方から来た彼女だから気が付いたと言えるのだが、



それくらい島根県と鳥取県の区別がつかない。



出雲大社ゆかりの神社の人でさえ、ちゃんとわかっていないのだ。




いくら田舎の人でも


東京ディズニーランドが千葉県にあることは知っているだろう。





いま島根県と鳥取県のひとが



Tシャツにどっちが右だ左だとアピールしているが



関東のひとにしてみたら



エジプトや南アフリカ以外のアフリカ大陸の国の話みたいなもんで、関心は無し。





なんか永井豪記念館に対抗できるわくわくするものをつくって欲しい。



あまり区別がつかないならば



島取県にでもしたらどうだろう。





さて先ほどの神社の罰当たりな間違いは



彼女が指摘して訂正されました。





20090430074415
20090430074412
20090430074409
20090430074405



今朝


いつもの時間に自販機を覗いた。




留守




天気がいいから出かけたのかと


思っていたら


遠くにクロちゃんの後ろ姿が見えた。




のそり



のそり



クロちゃんの歩き方はゆっくりだ。



おそらく毎日のパトロールなんだろう。



クロちゃん元気でなにより。








いま頭の中は永井豪記念館一色だ。



まるで生まれて始めて吉原にいく前の日のようだ。




僕ならこう作る


永井豪記念館



入ってすぐは永井豪先生の足跡などの展示をしておく。



次の部屋はお土産売り場だ。




おそらく石川県の永井豪記念館はこんなもんだろう。




こんな記念館なら一度来たらもう来ない。



永井豪記念館はつまんないという評判だけが世間に流れる。




僕ならこうする。



記念館のとなりに


永井豪パークを併設する。




パークはいくつかにわかれていて



ひとつ目は



マジンガーZパーク



自らが兜甲児になって悪者をやっつける体験が出来る。





次は


キューティーハニー劇場



ここではあのキューティーハニーを


芝居として観てもらう。




キューティーハニーはほんとにキューティーハニーににたキュートな女の子を使う。




サトエリはもちろんダメ。




できたらキューティーハニー役は何人か入れ替わりにする。




当然キューティーハニーなんだから



ハニーフラッシュも


生で行う。




みどころはそこだけなんだが



女の子を入れ替わりにしたら何度でも通う客はたくさんいるはずだ。







次はハレンチ学園パーク



廃校になった学校を利用して



そこをハレンチ学園にする。



入場者は学生服に着替える。



入場者はその時から生徒になる。



女子生徒は


かわいい加賀の女の子になってもらう。





そしてここでは


スカートめくりし放題


ハレンチし放題


なんである。




当時PTAに怒られたスカートめくりが存分に出来るのだ。







これこそ永井豪



これこそ体験型テーマパーク




都会のうさはすっきりなくなる。





40以上の男性が


人生でやり残してきたことが出来る場所





それが真の永井豪パークなのだ。





これだけ楽しかったら


リピーターであふれるはずだ。






石川県の貴兄よ



このアイデア使っていいから


僕が行くまでにそうしておいてくれよ。






石川県のひとの知的センスが全国に問われるよ。






まさか展示品だけじゃないよね。





たのんだよ!





04/29/2009    地方の若者たちへ


地方の若者たちへ





地方に住んでいる


最大のメリットは





都会に来たときに


すごく楽しい!




ということだ。





このブログを始めてすぐの時に



僕は九州一周の旅



というツアーに参加した。




九州のことを語るのならば



九州に行かなくては語る資格がない。





九州一周して僕が得た感想は



九州一周していろんなとこに行くよりも



神奈川県を一周したほうが楽しい



ということである。





たしかに風景は素晴らしいものであったが



結局日本である。



ハウステンボスに行ったが



僕がオランダ人なら悲しくて泣くだろう。



僕が昔行ったオランダとははるかに違うし、



中の軽食はまずいハンバーガーだし



中に貼ってあった新年の催し物のポスターは


韓流スター大集合


であった。




ハウステンボスなんだから



ゲストはピーターアーツだろうに。





唯一行って良かったと思えたのは



柳川である。




柳川の街はたいして見るべき点はないのだが



あの妻夫木聡くんがどんな所で育ったのか見たかった。





つまり毎日暮らしているこの僕が未だに楽しい神奈川県に



地方からひょっこりと観光に来たら


楽しいぞー。






つまり


石川県にはいい景色はあるだろう。




しかしそれは自然の産物だ。




別に石川県にいく必要も無い。




自然は他にもある。





しかし



永井豪記念館は石川県にしか無い。





人を呼ぶのは


人なのだ。





今まで石川と言えば



さゆり



だったのだが



これからは



石川と言えば



石川県永井豪記念館



となるはずだ。







日本においては



地方の時代は来ないが



地方のなかで頭ひとつ抜け出すチャンスはあるのだ。





ガンバレ石川県!




04/29/2009    カラス除け
20090429165206




カラス除けなのか



ゴミ集積所の上に


カラスの生首が吊されている。




まるで三国志の世界だ。




でも住民が気味悪いだけで



カラスには効き目ないと思うのだが、



どうなんだろう…






04/28/2009    メキシコ



メキシコでマスクが売れている




と聞いて




ミルマスカラス



が頭に浮かぶのは僕だけじゃないよね。









毎日ブタインフルエンザと耳に入ってくる。




ブタと聞いて


思い出してしまう小咄がある。








「ねえキミ、どうしてブタ連れて散歩してるのかな?」




「失礼ね!!これはイヌよ!」




「イヌに聞いたんだよ…」








みうらじゅんのお悩み祭りに書いてあったのだが



女の人に


ブタ


というと騒動になるが



子ブタちゃん


というとなんか愛らしいと思ってくれるかもしれない。





だから


ブタインフルエンザ





子ブタちゃんインフルエンザ


と呼んだらどうかなあ……





04/28/2009    石川県の若者たちへ2



石川県の若者たちはもう連休に


永井豪記念館に行く予定たてたよね?




君たちが都会に来て40代以上の


男性


と話す機会があれば


こう切り出すといい。




「私は石川県出身なんですけど、いままで石川県なんてなんにも楽しいとこ無かったんですよ。


でもそんな石川県にも永井豪記念館が出来たんで早速行きましたよ。」




約束しよう。



40代以上の男性ならば、


その話に吸い寄せられるのだ。




それくらい


永井豪


は僕ら世代のバイブルだったのだ。




いままで石川県の人との会話は


輪島塗りか


横綱輪島か


高級旅館か


カニの話しかなかった。




これでは話に広がりが無い。




そのときにグッズをなにか持っていたら尚よろしい。




もしその相手が


「それ、いいねぇ…」


と言ったならば


「次に里帰りしたら買ってきますよ!」


と言えばその人の受けはMAXになる。



まるで昔の星の砂と同じだ。




こんな石川県になんの興味も無かった


この僕


でさえ石川県輪島に行きたい。



ヨコハマY150



よりも行きたい。




ついでに競艇場や加賀屋や松井秀樹記念館や輪島塗りに行きたい。



生でハニーフラッシュを見たい!



うまくいけば石川県の時代が来るね。





行った人がいたら


リポートして下さいね。








有名な話だけど



永井豪先生は若いときに


医者からあと少ししか生きられないと言われ


ならばやりたいことをしてから死のう


と漫画を書き出した。




幸い永井豪先生は今でもお元気だから


その後漫画史に残る名作を数多く残したのだ。





ただし



この話には注意がある。



40代以上の女性には


永井豪は禁句だ。




いまや大人の彼女たちは



子供のときにスカートめくりをされた方だからだ。





いまではされないけどね。




ガンバレ石川県!





04/27/2009    専門家はすごい



先ほどびっくりした。




NHKラジオのニュースを聞いていたら



インフルエンザの専門の医者が出てきて



今回のブタインフルエンザについてのコメントをしていた。




この先生によると


今回のブタインフルエンザについては騒ぎ過ぎだというのだ。



そんなに騒ぐことはないと言う。



頼もしい先生だなあ


ブタインフルエンザは気にしなくていいのか


と安心しようとしていたら


先生は驚くコメントをした。





世界では普通のインフルエンザで毎年何千人も何万人も死んでいるんだから



ブタインフルエンザで死者がこれくらい出たくらいで



騒ぐのはおかしいと言うのだ。





理論は合っているが



本質的には違うだろう。






もしアナウンサーから



日本では毎年一万人くらいが交通事故で死んでいるがどうしたらいいのか



と聞かれた警察の幹部がこう答えたらどうだろう。




日本では毎年三万人以上も自殺者がいるんだから



交通事故で数千人が死んだくらいで騒ぎ過ぎですよ。






おそらくクビになるだろう。




しかし専門家の考えはすごい。






04/27/2009    味覚障害 亜鉛不足



40代の貴兄に




先日


元フェアチャイルド


のYOUがラジオでこう言っていた。




「30代50代60代そして70代の男の人って元気で現役って感じなんだけど、40代は疲れているのかダメよねぇ…」




そうなんだよ



今の40代の男性は



ダメなんだよ。




それは男が40代になったからダメなんじゃなくて



今40代の世代はどの時代もダメなんだよ。





まさに僕の世代さ。




血中男性ホルモンは


今の60代よりも少ないんだよ。




今の40代はもしかすると


年金もらう前にみんなくたばるよ。





実は先週僕は障害者になった。




味覚障害だ。




あまりに味がないので


試しに塩を手のひらに載せて舐めてみた。




なんの味もしなかった。




明らかに味覚障害だ。




慌てて亜鉛サプリメントを買い



せっせと摂取した。




一週間して味覚が戻った。





40代の貴兄よ



僕らは生命力が極端に弱い。




環境のせいか


チクロのせいか


僕らはほかの世代よりも生命力が無い。






年金の心配はいらないからいいのだが



あと10年くらいは生きるのだから



体の小さな不調には気をつけよう。





味覚障害になると



タバコも味がしなくなるよ。





奥さんも旦那の小さな不調に気をつけよう。






04/27/2009    悩み
20090427205441



悩みを解決したくて



この本を買って読んだが



悩みを解決することは出来なかった。







本を間違えたかな?







04/27/2009    石川県の若者たちへ


僕は子供の時から


プロ野球を見ている。



プロ野球ファンだが


世間が言うような


長嶋茂雄ファンではない。




僕の世代は長嶋茂雄ではなくて


王貞治がスーパースターなのだ。




長嶋茂雄の現役を知らないからね。




漫画においても


手塚治虫ではなくて


永井豪なのだ。




ハレンチ学園


のヒゲゴジラや



あばしり一家


の菊之助や



イヤハヤ南友や



オモライくんや



マジンガーZ




そしてトドメは


デビルマン




僕らの世代の男の子は



人生で大切なことや


スカートめくりは


永井豪からむさぼるように学んだ。




永井豪が神であり


兄貴だった。





石川県に永井豪記念館が出来たそうじゃないか!




いままで魅力の無かった石川県に


初めて行きたい所が出来た。





石川県の若者たちよ




これから都会に来たならばかならず永井豪記念館の話になるよ。



永井豪記念館てどんな所なの?



ってね。




その時に行ったことないなんて言われたら


もう話は終わっちゃうよ。





実は僕は愛媛県の人に何度も失望している。



愛媛県から来た人に


いまさらみかんやポンジュースの話もバカにしているようで出来ないから


唯一愛媛県が全国に誇れる


砥部動物園のシロクマピースの話をする。




僕が愛媛県に行って道後温泉を見てガッカリしたあとで


偶然に行って感動したのが砥部動物園だからだ。




あんなに普通の動物園と違って


ファンキーな動物園はありえない。




東山動物園やズーラシアの比では無いのだ。




しかし


愛媛県から来た人でこの話に乗ってきた人は未だにいない。




愛媛県なんてほかに誇れるものがないんだから



全国の人が知っているシロクマのピースは見ておいて欲しい。




だから石川県の若者たちよ。



この連休は永井豪記念館に行くことだ。




そして


デビルマンやマジンガーZのストラップをしていたならば、都会でも人気者になれるよ。





近いうちに石川県に行くことにした。




聖地巡礼だ。




もちろん競艇が開催されている時に。



石川県には日本海側唯一の競艇場があるからね。



今垣にも会いたいしね。



04/27/2009    今日の一本
20090427142803


今日の一本は



ピアニッシモ フランメンソール




ピアニッシモのメンソールだ。



味は花の香りがして甘いメンソール



いちばん判りやすい例えは


風船ガムをタバコにした味である。




細身でおしゃれなタバコなので



女性にオススメだ。





僕にいちばん似合わないタバコである。





04/27/2009    絶望とは 2


女の子が母親のセックス相手に殺された事件



彼女の絶望を思うと辛くなる。




それはいくつもの要因があるからだ。




ひとつは母親のセックス相手の男に折檻されていたこと。



こいつは母親の配偶者ではなくセックスの相手なのだ。


女の子に折檻する立場にはいない。



味方でいて欲しい母親が味方ではなかったこと。



同居の男にも同じくらいの歳の男の子がいたが、自分が折檻の対象になった。



女の子には双子の姉妹がいて、両親が離婚の時にひとりづつ連れて行かれたが、


どうして彼女の方が被害者になったのか?



近所の人はうすうす気がついついたのに力になってくれなかった。



学校もなんの助けにもならなかった。



別れた父親も助けにこなかった。





いったい誰が彼女の絶望を救えたのか?





母親である女は


母親を捨て去り


自分を


いや


自分の性器の満足を最優先させた。





いまこれを読んで


この母親を非難する女性は多いだろう。




でも


自分が離婚して子供を抱えていたときに


セックスで満足さしてくれる男が現れた時に


その男がお前の子供は邪魔だ。


と言ったとしよう。



その時に果たして


いまの気持ちでいるかどうかがあなたの本心なのだ。




平和な立場のいまの意見は正論でしかない。






昔僕は子供が三人いる離婚女性と交際していたことがある。



彼女は見た目若くて知的な女性で、服を脱いでも経産婦には見えなかった。



体や肌には張りがあり、乳房や乳首は娘のようだった。



彼女は僕とのセックスに溺れた。



夜も家に子供を置いたまま僕と交わった。



僕の方がご飯を作りに帰るように何度も促した。




どうして彼女と別れたのか?



それは彼女が結婚を迫ってきたからだ。



その迫り方が普通ではなく



子供を棄てても構わないからというものだったからだ。



僕は彼女に狂気を感じて別れることを決めた。




おそらく彼女は普段は知的で常識ある女性であろう。




そんな女性でも、離婚して子供を抱えたならば



どこかに子供を棄てても逃げ出したい


という狂気が顔を出すのだろう。





今回の事件のように


邪魔になれば子供を殺すことだってするのだ。



04/27/2009    一流レーサーとは
プロスポーツ選手には3種類ある。




ひとつはプロ野球選手タイプ


彼らの収入は球団からの年俸である。


一年の年俸をあらかじめ決めて一年働いて次の年俸を交渉する。


しかしこの年俸は公平では無いのだ。



年俸700万円の投手が10勝あげても次の年の年俸は2000万円にはならない。



しかし年俸2億円の投手が10勝したら次の年の年俸は現状維持の2億円だろう。



つまり働いた成果には直接リンクしていない。



それにもしその投手が負け投手になっても多少スポーツ新聞で書かれるが実は誰にも現実的な迷惑はかけていない。


ファンは悲しいだろうが財布が軽くなることはない。


公には野球の勝ち負けに金を賭けている人はいないからだ。






次のタイプはプロゴルフ選手


彼らは賞金で生活している。


だから新人もベテランも毎年収入はゼロから始まり


トーナメントに出て賞金を積み上げていく。


結果が良ければ大金が入り


結果が悪ければ持ち出しになる。



そして彼らが負けてもファンは悲しいだろうが財布が軽くなることはない。






そして最後ののタイプは


競艇選手や競馬の騎手のような賭けの対象となるプロスポーツ選手




まず彼らの収入は賞金である。



勝たなければ収入は無い。



しかし他のスポーツ選手と決定的に違うのは



自分の成績が直接自分のファンのお金につながる。



SGのレースになると自分に億単位の金が掛けられている。



つまり自分が負けたら自分に賭けてくれたファンの財布が間違いなく軽くなるのだ。



そのうえもしフライングなんかしたら


自分に賭けてくれたお金はすべてそのまま返還になる。



これは自分が賞金をもらえないなんてことではなく


胴元である主宰者にも莫大な損害を与えてしまう。



だからフライングをしたら出場停止のペナルティが課せられるのだ。





松井繁も服部幸男も山崎智也もみんな言う。


自分に大切なお金を賭けてくれる人の期待に応えたいと。




巨人や阪神が負けたって騒ぐ人がいるが


お金を失ったわけではないだろう。




甲子園球場の負けた時のやじはすごいと言うが


住之江競艇の負けた選手へのやじはそんなもんじゃないと言う。


競艇選手は自分にどれだけのお金が賭けられているか常に気にしているのだ。
04/27/2009    絶望とは


あなたの手にサイコロがひとつある。



毎朝そのサイコロを投げて奇数が出たら幸せになり偶数が出たら不幸せになるとしよう。



人間はみな自分に渡されたサイコロを投げている。



ずっと奇数が出続けてどんどん幸せになる人がいる。



反対にいつもいつも偶数が出てどんどん不幸せになる人がいる。



幸せになる人も


不幸せになる人も


同じようにサイコロを投げている。




いや、不幸せな人ほど奇数が出て欲しいと願い祈り1日何回もサイコロを投げている。





このサイコロを投げるという行為を


努力


と言う。




普通は奇数偶数が半々で出るのだが



幸せになる人は不思議なくらい奇数が出続ける。



不幸せになる人は嫌になるほど偶数が出続ける。



奇数が出続けている人は言う。



サイコロは前向きな気持ちで投げたら奇数なんて簡単に出るよ。



その言葉を信じて不幸せな人は前向きな気持ちになってサイコロを投げる。



しかし奇数は出ない。





奇数が出続けている人はなぜ奇数が出続けているのかは深く考えない。



しかし偶数が出続けている人はどうして偶数ばかり出続けているのかいつもいつも考える。



サイコロを投げる回数が少ないからか


投げる姿勢や心構えがいけないのか


どうしたら奇数が出るかそればかり考える。




その時点では人間は生きていられる。



いつかは奇数が出続けてくれると信じていられるからだ。





しかし


ある時ふと自分のサイコロをまじまじと見てみる。




その時に奇数が出ない理由を知ることになる。



そのサイコロには奇数が無いのだ。



つまりそのサイコロを何度投げようとも


前向きな気持ちで投げようとも


奇数は出ないのだ。





しかし



それがわかっても毎日サイコロは投げなくてはいけないのだ。




それを知った時点で


絶望を知るのだ。





生まれつき奇数しかないサイコロを持っている人がいる。



生まれつき偶数しかないサイコロを持っている人がいる。






奇数を出すためには


姿勢や心構えよりも


サイコロを取り替える方が


いや


サイコロを変えないと無理なのだ。





あなたにとって偶数のサイコロは何なのかそれを見つけ出すのがなによりも大事なのだ。






終わりました。



一部の皆さんもワクワクしてくれた


優勝戦の結果ですが




見事 服部幸男選手


パーフェクト優勝です。




すごいの一言です。




では2着以下はどうかと言えば



2着 山崎智也


3着 今垣光太郎


4着 松井繁


5着 石橋


6着 石塚




智也はなんとか2着になりました。



今垣選手松井選手を振り切って


価値ある2着です。





服部幸男選手と



山崎智也選手との差は



ちょうど1秒



競艇における1秒は



6艇身を意味します。




だから服部幸男選手はぶっちぎりの優勝なんです。





松井選手は


またあしたから



いやいや


あの人は最終日が終わったすぐあとでも


敗因を追求して練習走行をする方なのです。




次の勝負が待ち遠しいです。





あとはこの戦いに


濱野谷が絡んでくると最高に面白いのです。





04/26/2009    さて決戦



僕は


④山崎智也を頭に


①服部幸男


③松井繁



という


かなり希望値の高い投票をした。





②今垣選手も怪しいのだが


今回は捨てた!








智也 みんなが応援しているぞ!





04/26/2009    いざ決戦
20090426075207
20090426075203



やはり日刊スポーツも


服部 VS 松井


に注目している。




今垣選手は阿部サダヲに似ていて


若く見えるが服部選手松井選手の


一期先輩なのだ。




そして我らが


山崎智也


日刊スポーツも注目しているぞ。




神奈川県は日本晴れ




九州はどうかな?





20090426033206
20090426033203



スポーツの世界では



ライバルという関係がある。





競艇にも熾烈なライバルがあるが



そのトップのライバル関係は


間違いなく



松井繁





服部幸男


である。





ふたりは競艇学校の同期



もう20年からの関係だ。





そして素晴らしいのが


このふたりが現在の競艇界の


両横綱であることだ。




松井繁は大阪が本拠地


昨年の賞金王


松井繁の走りはまるで水面に松井の轢いたレールがあるかのように完璧にトレースをしていく。


ヒゲが似合う伊達男だが


まるで僧侶のような人格者である。




服部幸男


静岡所属


彼は昨年こそフライング休みで不調であったが


SGや賞金王を何度も獲得した超実力者だ。


服部の走りは臨機応変


周りの動きに瞬時に対応し確実に先頭に立つ。





先日


このふたりの関係をあらわすエピソードがあった。




その日松井繁と服部幸男は別々の競艇場で優勝戦に臨んでいた。



先に優勝を決めた松井繁は優勝者インタビューでこう言った。




「今日、このあとすぐに僕のライバルである服部選手が優勝戦に出ます。皆さん彼の優勝を祈って下さい。」




松井繁のこのコメントはすぐに服部選手に伝えられた。



そして服部選手も優勝



服部選手は優勝者インタビューでこう応えた。



「松井君の言葉を聞いて、すごく嬉しかったし、運をもらえた。だから優勝出来ました。」





今日大村競艇場12レース優勝戦



服部幸男はものすごいことに挑む。



服部選手は今回初日からすべてのレースが一着なのだ。


つまり今日優勝したらパーフェクト優勝となる。




しかし


この優勝戦の見どころはそのパーフェクト優勝を阻止すべく


ライバル松井繁





久しぶりの優勝を狙う我らが山崎智也が優勝戦に駒を進めているのだ。





絶対有利は一枠服部



しかし王者松井繁が簡単に逃がすワケはない。



そして絶好4枠には山崎智也が構える。





服部選手のパーフェクトも見たいし


松井繁のワザも見たいし


なによりも山崎智也の一年ぶりの復活優勝が見たい!





今日大村競艇場はすごいことになるのです。





行きたい!



04/25/2009    競艇選手はつらいよ
20090425215209



たしかに



競艇選手のスケジュールを知ると



あれだけの収入があっても


僕ならば音を上げてしまうだろうと


思うのだ。






競艇場の開催は


普通6日間



開催の前日には


ボートとエンジンの抽選会があるので


競艇場に入る。




そして


そのあと出られるのは


最終日だ。




つまり


外部の人々との接触をしないように


一歩も競艇場とその横にある宿舎を出てはいけない。




もちろん


パソコンや


携帯電話や


ゲーム機も持ち込み禁止




もし持ち込んだら



懲罰にかけられて



半年から一年は資格を剥奪される。





競艇にはシーズンがない。




春夏秋冬いつでもやっている。




一流レーサーになると



月に3つくらいの



開催斡旋があるので



月に20日以上競艇場にカンヅメなのだ。





18才くらいでデビューして



60才くらいまでは現役で活躍できる。




しかし



その大半は競艇場か宿舎にいるか



日本を北から南まで移動している。





どんなプロスポーツの中でも



拘束がきつい。






それでも今垣選手は



子供が4人もいる。






あと


いくらお金を稼いでも


体重を50キロから53キロの間に保たなければいけない。




男性で165センチあるのに



この体重はきつい。





つまり



お金があっても好きなものを食べることが出来ないのだ。






競艇選手に興味を持ってくれたならば



ぜひ競艇場で生に触れてほしい。





もちろん賭けなくてもいいのだから。



入場料は100円だ。







もし時間に余裕が出来て



参加者がいたら



競艇場ツアーをやりたい。




04/25/2009    山崎智也 準優勝戦



大村競艇場


準優勝戦


山崎智也は


2着


あしたの優勝戦出場決定!



やはり一着は


松井繁だった。



明日は勝つぞ


山崎智也!




ちなみに山崎智也は


まだ独身です。





僕と同じ。





04/25/2009    大村競艇場準優勝戦
20090425110620
20090425110617





今日



大村競艇場


10レース



今節の準優勝戦


第一レース



2枠に山崎智也がいる。



去年の絶不調を超えて


準優勝には駒を進めることが出来るようになってきた。




この準優勝戦で2着までが


明日の優勝戦に出られる。




1枠には王者 松井繁

がいる。




雨のヨコハマから応援するよ。




勝てるぞ


智也!





04/24/2009    同居のおとこ



今日は核論を書く。




子連れのおんなと籍も入れずに同居するおとこの目的は



セックス





家事


をする軽いおんな。





そのおんなの連れている子供なんて



邪魔なだけだ。



自分とは一切関係ないおとこの遺伝子を持つ生き物なだけだ。






生き物として



抹殺したくなるのも当たり前なのだ。





おんなの方にしても



新しいおとことまっさらになってやり直したいのに



嫌いで別れたおとこと同じ遺伝子を持つ生き物の世話をしなければいけないなんて



いくら自分の遺伝子を継いでいるとはいえ



邪魔でしかない。






まともに考えている大人ならば入籍するだろう。






子連れのおんなと同居するおとこ




受け入れるおんなも



子供なんて二の次なんだよな。






地獄で苦しめ







04/24/2009    ドライブの思い出



昔女の子と


真っ赤なトレノで

ドライブしていた時だ。




その女の子はおっちょこちょいだけど


スタイルのいいアイドルのような女の子だった。





「ねぇ、いまこの先に行くと


動物公園があるって看板が出ていたよ!


行こうよ行こうよ!」






僕は見過ごしたのか



そんな看板は目に入らなかった。






彼女が言う方向に車を走らせて行くと



目的地に着いた。






しかし


そこは動物公園ではなくて





動物霊園であった。






かわいいから


ゆるした。






04/24/2009    ところで草なぎくん



草なぎ(なぎは弓に難しい漢字)くん



ゆっくり休んでください。



こんな時のために


まるでレッドクリフの劉備のように


駆けつけてくれる仲間がひとりいるじゃないか!





きっと彼ならば


バイクでやって来るよ!







ただし



いまはレース開催中だから


すぐにはこれないよ…





04/23/2009    イモムシの恩返し
20090423222222





今日



道を歩いていたら



道の真ん中に



なにかがいるのが見えた。






近くに行って見ると



イモムシだった。







こんなとこにいたら




車にひかれちゃうよ






とイモムシを拾い上げて




草むらに置いてあげた。







「イモムシくん、恩返しはいらないからね。」








夜になって




寝ようと思ったのだが




イモムシくんが訪ねてくるかもしれないと思い




それならば出かけてしまおうと




町田の繁華街に飲みに行った。







キャバクラビルの前を通った時に




けばけばしい女の子が



声をかけてきた。






「お兄さん、今日はあたしを助けてくれてありがとうね!




安くするから飲んでいってよね。」









イモムシは



夜の蝶になっていた。






04/23/2009    ひばり放送



相模原市には



市役所がやっている


緊急有線放送のひばり放送というのがある。




いつもは


「90才の○○さんがいなくなりました。見かけた方は警察か交番に通報ください。」


というような徘徊老人を探して欲しいというものばかりだ。




どうせいつものことだろうと聞き流している。







しかし!



いま流れているのは



「黄色いサンダルで髪の毛が肩までの


二才の女の子が上溝でいなくなりました。」



と何度も呼びかけている。





もし上溝あたりの方はひとりで歩いている二才くらいの女の子がいたら気にしてほしい。




まさに緊急放送なのだ。