--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カセットテープが出てきた。



ときちゃんゆっこ



1994年



番組の中のニュースでは


2週間前にアイルトンセナが事故死したと言っている。





ときちゃんゆっこ




懐かしい。




スポンサーサイト
03/30/2011    菅さんへ



菅直人様



いまあなたが真っ先にやるべきことは



総理大臣を辞めることです。





民主党好きなあなたがたが


民主党に投票した結果が


今日の日本です。




あなたはまた民主党に投票しますか?



日本を潰しますか?








くたくたに疲れて



風呂に入るのも


メシを食べるのも


生きているのも



嫌になってる時に



僕を覗き込んで


「Qちゃんいつもありがとう」


って言ってくれるQちゃん




Qちゃんがいるから


生きていこうとおもう。




Qちゃんは僕がいるときには


もうベタベタである。




Qちゃん


いつも


ありがとう








芸能人やスポーツ選手やらなんやらが


「がんばろうニッポン」


と言っているが


なんて冷たい奴らなんだ!




被災地の人たちは


いま


生きていることだけで


すべてのエネルギーを使ってるんだぞ。



がんばろうニッポン


じゃないだろう




「僕たちがやるから


安心して休んでください。」



が正しいだろうが!





精も根も尽き果てた時には


がんばれないんだよ


人間は!











かなりおすすめ



smart


若い男性のファッション雑誌なんだけど


記事や付録がゴキゲンなので毎月買ってます。


今月号は篠田さんの写真集や


かっこいいバッグが付いている。



記事には


僕のお気に入り腕時計


エンジェル・クローバー


が出ているよ。





ぜひ




03/25/2011    福井美人探訪




剃毛した彼女が部屋から出ていった。



ホテルの豪華な朝ご飯をひとり食べ


部屋に戻り


大浴場に入り


街を回り本を買い


部屋に戻った。




夕べ彼女の陰毛をツルツルにした興奮が

まだ体内に充満している。



彼女のクレバスを思うだけで


ロドリゲスはそそり立つ。




今回福井に来た目的がもう一つあった。



福井の性風俗を探ること。



事前の調査では


福井にはピンサロもソープもない。




なんか無いかとネットで調べていたら


面白そうなものがあった。




「出張で来たあなたも満足!一時間15000円で若い女の子があなたの部屋に行きます。」



これはデリヘルかな?



早速僕はそこに電話した。



40分してドアをノックする音がした。



ドアをあけたら


確かに若くてきれいな女の子がいた。




顔は出せないが写真の通りのスタイルの素晴らしい女の子。



こんな女の子ならばお話だけでいい。



彼女は地元の女の子で22歳


肌が真っ白だ。



僕がなぜ福井に来たのか


僕がなぜこのホテルにいるのか


そしてなぜWルームなのか


今朝まで女性といたことなどを話をした。




ふたりでシャワーを浴びて


広いベッドに寝る。




彼女のバスタオルをほどくと


雪よりも白い肌と


桜色の小ぶりな乳首


片手で隠れる形の良い乳房



太ももの付け根には


もうしわけ程度の薄い陰毛




僕はやさしくやさしく愛撫し


彼女の溢れる甘い蜜をすすった。




清楚な彼女は


我をわすれて感じまくる。



ロドリゲスは朝まで3回活躍したにもかかわらず


入るべき場所を求めて怒兆する。




だめでもともと


僕は彼女の耳元で聞いた。


「いいかな?」



涙目の彼女は涎を垂らしながらうなずく。



僕がオカモト0.02を手にしたら彼女は言った。




「抱いてもいいから、でも生でして…」




僕はためらうことなくロドリゲスを彼女の裂け目あてがい


ねじ込んだ。






彼女のおなかにぶちまけてもロドリゲスは上を向いたままだ。




時間が来て彼女は帰っていった。





福井にまた来よう、

と静まることのないロドリゲスに話しかけた。
03/23/2011    剃毛の儀式2


剃毛


これはおくりびとに似ている。



横になったひとをあちらがわに送る。


おくりびとならば死人を彼岸に送る。



剃毛士は横になった

全裸の女性の陰毛を剃り上げることで

その女性を官能の岸部にたどり着かせる。



剃毛にも馴れた女性を剃毛するのと


初めての女性を剃毛するのとでは違う。



馴れた女性ならば男性が朝ヒゲをそるようなものだが


初めての女性の剃毛には精神的な意味合いが大きい。




大人の女性が陰毛を剃り上げ


性器を明るみにさらすのだ。


性器をさらす恥ずかしさ


ツルツルの性器を舐められる快感


初めて剃毛をするのはかなり勇気がいる決断だ。




僕は全裸で横たわる彼女の陰部にシェービングジェルを丹念に塗る。


これをぬかると

初めて剃毛する女性の恥丘は腫れ上がってしまうのだ。



ジェルが染み込む時間を待ち


最初の剃刀を陰毛にいれる。



けっして慌ててはいけない。



小陰唇やクリトリスやクリトリスフードを切ってしまうからだ。



ゆっくりと


ゆっくりと


ジェルを足しながら剃刀をあてていく。



膣口のあたりを剃るときには


オムツを替えるときみたいに足を上げてもらう。



今まで陰毛に隠れていたクリトリスが


ちょこんと顔を出す。



肛門の周りの陰毛を剃り一旦終了


風呂でシャワーを浴びてもらう。




そこにはくっきりと割れ目をさらす大人の女性がいる。



そこで剃り残しをきれいにする。



バスタオルで拭いた彼女をベッドに横たえる。



やはり

彼女は恥丘美人だった。



恥丘

恥骨のあたりをいう。


ビーナスの丘だ。



女性には恥丘のカーブが美しい恥丘美人と


恥丘が貧相な恥丘ブスがいる。



恥丘美人の恥丘は見ていて飽きることが無い。




これは陰毛が生えていてはわからない。




彼女の恥丘の頂きから性器が始まり


そのすぐしたから充血し勃起した

ピンク色のクリトリスが顔を出している。



僕はさえぎるものの無くなった彼女のクリトリスの頭を舌先でつついた。



ビクッと彼女が動く。



僕は夜が明けるまで彼女を愛撫し


彼女の体内に入り込んだ。








彼女は僕と別れて普通の生活に戻った。


03/23/2011    福井での大収穫




福井でいちばん大きな本屋を教えてもらい


西武デパートに行った。



本なんてどこでも同じだと思うだろうが


違うんだ。



そう


大収穫があった。



樋口毅宏のサイン本があったのだ!



これは本人が福井に着たのではなくて


販促のために出版社から送られて来たものらしい。



都内の本屋では売り切れの本をたくさん購入した。




03/22/2011    剃毛の儀式




いまシアトルベストコーヒー福井店にいる。



昨日から福井にいる。



約束を果たすために。



誰との約束?



それはひとりの女性。



福井の街は大震災も停電も関係なく


すべての照明が点いている。

だから明るい。

2週間前には関東もそうだった。



福井では高級なホテルのデザイナーWという部屋に女性に女性とチェックインした。



久しぶりに会う彼女はとても仕事が忙しくて


くたくただと言う。


僕もくたくただったので

ふたりで並んで昼寝をした。


出かける1時間前に目を覚まして


久しぶりにセックスをした。



23歳年下の彼女は抱いていて感動を覚える。



夕方彼女予約してくれていた寿司屋に行く。


予約までした意味がわかった。


小さい店だが開店と同時に予約客だけで席が埋まる。


そして

関東ではどんなことをしても味わえない

魚や貝類を口に運ぶと日本海の偉大さを感じる。




部屋に帰り寛いだあと大浴場にいく。


このホテル自慢の最上階大浴場からは福井の市街地が一望出来る。




部屋に帰って


彼女との約束を果たす時間を迎えた。



ベッドに全裸の彼女を寝かして


脚を少し開かせる。


僕の眼前には彼女の少し開いた性器と


ふさふさの陰毛がある。



僕は今から彼女の陰毛を剃り上げる作業をするのだ。




彼女は美人だ。


スタイルも抜群で


頭も良い。


現に頭が相当良くなければつけない仕事についている。




僕は彼女の小ぶりな性器にキスをして



作業を始めた。







続く





03/20/2011    くたくた


人間


自分が直接殴られたら


物理的に痛い。




自分は殴られてはいないが


たくさんの人が無残に殴られてはいるのを見たら


肉体的には痛くないが


精神的にはかなりまいる。




いまの僕が


まさにそれだ。





精神がくたくただ。






03/16/2011    何を思うのか?


今回の大地震



数万人が死に


町がいくつも崩壊し


何百万 いや 何千万もの人の人生が狂わされた。




今回死んだ人は


あの時間までは生きていた。





夢を持てば幸せになれる?


努力していたらかならずむくわれる?




成功法則を唱える識者たちよ



いま被災地に行ってその考えを言えるのか?





人間はかならず死ぬ。




その死に方が


老衰だか


病死だか


自殺だか


大地震だか


死ぬのは同じだ。





しかし


災害で死んだり


殺されたりすると


無念さだけが残る。




自分はなんのために生まれて来たんだろう



自分はなんのために生きているんだろう





彼らは津波が来る瞬間まで生きていた。





彼らは流されながら何を思ったのか?







ちょっと震源地が南ならば



僕が濁流に流されていたかもしれない。




僕は流されながら何を思うのか?





人生は1%のあがきと


99%の運





人生は運でしかない。







03/15/2011    電車の中



いまの地震で


小田急線が


緊急停車




はたして帰れるのかな?




03/15/2011    上杉隆 クビ?



キラキラで切れ味鋭いジャーナリスト


上杉隆氏



TBSの意向に添わない発言(たぶん真実)


をしたばかりに


キラキラをクビになります。




上杉隆さんが震災の翌日FM東京でやった生放送は


ラジオの歴史にかならず残るものでした。


聞かなかったあなたは一生悔やんでください。




TBSはマスコミ界の三菱自動車



まともじゃない共通点がある。



TBSはオウム真理教に坂本弁護士のインタビュービデオを見せて


坂本弁護士一家惨殺に手を貸した過去がある。



みんなはどういうかわからないが


筑紫哲也はあの松本のサブリミナル画像挿入を肯定していた、


キチガイジャーナリストだった。



それもTBS。




トウキョー


ブラック


ステーション




これがTBSだ。
03/14/2011    無力



あの日



お昼過ぎまで



いつも通りに暮らしていた人たち



一瞬の濁流で



何万人もの人生が終わりを迎えた。





ポジティブに生きていた


幸せになれる?




夢を持てばかならず叶う?




そんな成功法則を唱えている


文化人たちよ。




この状況をどう説明出来るんだ?





個人の夢や希望なんて



運命の大河のながれを前にしたら



全く意味を持たないのだ。




03/13/2011    最大の謎


今回の地震で


最大の謎




それは


住民がいなくなっていること


よりも


災害援助に行った


警察官多数


自衛官多数


の安否がわからないということだ。




これじゃあ


まるで異次元SFドラマだよ。




彼らはどこにいるの?







03/12/2011    バベルの塔




災害2日目




夕日に映える



バベルの塔








もう2日間帰ってない。



Qちゃん生きてるかな…



エサはたくさんあるし


水もあるから


そのへんは大丈夫だろうけど


倒れたものの下敷きになったりしてないといいな。



Qちゃん不安だろうなあ…




ごめんQちゃん
03/11/2011    地震 夜 コンビニ





コンビニ



食べるものなし。






03/11/2011    非国民



日本の領土をあげちゃうバカ



民主的にはこんな非国民がいるんだねぇ。



民主的好きなあなた


次も民主的に投票して


北海道も


九州も


ロシアや韓国にあげちゃおうよ。





入試カンニングが逮捕ならば



土肥は切腹だよ!





03/10/2011    キイロイトリQちゃん





この本


モデルはまるで僕ら



キイロイトリはQちゃん


リラックマは僕





03/10/2011    スンヨン




URAKARA


毎週みていたら


目を閉じると


スンヨン


の顔が浮かぶ。




かなりの病だなあ…





03/08/2011    女性



先日

最近知り合った知人からお誘いがあったので出掛けた。



これはその時の話だ。



「山口さん、あした呑みに行きませんか?横浜に馴染みの店があるんだけど、いい店でね。女性客も多くてね。山口さんに紹介出来る女の人もいるよ。」



さて横浜相鉄ジョイナス前で待ち合わせて


彼の自慢の店に向かった。



そこはおでん屋だった。



彼はかなりの馴染みらしくて


店員さんもほかの客も気軽に彼に話しかけてくる。



客の年齢層は大体50から60くらい。


男女半々くらいだ。



彼はそれらの人に僕を紹介してくれる。




はたして


こんな店に僕に紹介してくれるような女の子は来るのだろうか?





2時間くらい呑んでいて


女の子はひとりも来ない。




その代わりたくさんの年配の常連客を紹介された。



男も女も。





そしてやっと気がついた!



彼は既に女性を僕に紹介していたのだ!






「あのさあ、60才の女性ひとりよりも


二十歳の女性3人紹介して欲しいんだよなあ…」



なんて言えるわけも無く



その店をあとにした。





これは勝手に期待をした僕が悪いんだよなあ…





03/08/2011    軽い鬱



今回の幼女殺し



責任能力とかには関心は無い。




なぜ彼が幼女趣味なのかということを解き明かさないといけない。



昔から幼女趣味、日本ではロリコン(ロリータコンプレックス)と言うがあれは正しくない呼び方だ。



ロリータはナブコフの小説である。



僕は大学時代に読んだ。



ある男がロリータという名の女の子を好きになり


その女の子と暮らしたいために


ロリータの母親と結婚をする。



そして


不要な母親を殺してロリータと新しい人生をおくる。




亡くなった可愛かずみさんの映画デビュー作もこのストーリーだった。



これは高校生の時に横浜西口のポルノ映画館で観た。



ロリータは年齢的には中学生か高校生である。



初潮も済み充分にセックスのなんたるかを知っている年齢だ。




ちなみに初潮を迎えてから初体験をするまでの女の子を題材にした漫画がある。



セーラームーンだ。



まさに月に代わってお仕置きよ


なのだ。





では日本のロリコンは正しくはなんと言うのか?



正解は


ハイコンと言う。



ハイジコンプレックスである。



今回の大学生はハイコンなのだ。




ロリコンとハイコンは一般的には区別が無いようだが


専門的に見ると違うのだ。



ロリコンは相手の女の子に妊娠能力があり


ハイコンには相手の幼女に妊娠能力は無い。




これは性欲を分類してもかなり違うのだ。



ではなぜ彼はハイコンになったのか?



正解は彼のDNAに書かれているからだ。





妊娠能力の無い女性に性欲を覚えるのは


人間特有の「変態」である。




自然界の動物は妊娠能力の無い相手によほどのことが無い限りセックスはしない。




犯罪ではないからあまり問題視されないが



ハイコンと同列なのが


熟女嗜好だ。




閉経後の女性に性的興奮を覚えるのも


変態行為だ。




なんて書くと反論が来そうだが


良く考えたら僕の意見が正しいのが分かるはずだ。





名著


いじわるな遺伝子


にも書かれている通り


性的嗜好は遺伝子レベルの事だから何かの影響でそうなったわけじゃない。





僕は彼の責任能力よりも



彼の父親や男兄弟の性的嗜好が気になるのだ。






でも


彼は初犯なのかな?


03/02/2011    悪人 を読み終えて



今日一気に悪人を読んだ。



今回の日本アカデミー賞で告白と争った悪人の原作だ。




僕は告白の原作を読み映画も見た。



告白は中学校の女性教師の語りで綴られるミステリーで


僕の知らないことも多くて興味を持ちながら読めた。



小説としても傑作であった。




さて


悪人



これは楽しく読むことが出来なかった。



この主人公のしたことは殺人以外はすべて僕はやったことがあるからだ。




風俗の女の子と付き合ったことも


出会い系の女の子に会ったことも


会ったらすぐにラブホテルに入ったことも


お金を要求されたことも


約束を守らない女の子に殺意を抱いたことも


ふたりでズル休みしたことも



全部経験している。




この悪人という小説は


普通に普通に生活している善良な市民ならば知らないことばかりなので


そういう人ならば興味を沸かせながら読めるだろ。





前に金原ひとみの書いた蛇にピアスの内容が話題になったが


舌をふたつに割るスプリットタンなどはアングラ世界では珍しくも無かったことだ。





いま普通の女性が出会い系で性を満たしたり
小遣い稼ぎ売春をするなんて当たり前すぎる風景だ。




悪人


映画はまだ観てない。




小説 悪人 はぜひ若い女の子に読んで欲しい。




出会い系とはいえ男性をぞんざいに扱うとどれだけ怖いかが分かるだろう。






この小説のヒントになったであろうあの事件



公園の駐車場で殺されて捨てられていた若い女性の事件



あの女性も出会い系で売春をしていて


値段交渉で揉めて相手の男に殺された。




あの女の子の親は真実が分かった時


いったい何を思ったんだろうか?






いま売春をするハードルが驚くほど低い




あなたも嫁さんや彼女に聞いてみよう。



「売春したことある?」





03/02/2011    本当の加害者は?



最近のNHKは事件を取材するだけじゃなくて


事件を作るらしい。





ある日


僕の妻が殺されたとしよう。



僕の妻は怪しげな男と僕に隠れて付き合っていた末に


その男に殺されたのだとしよう。





僕が恨むのは


いったいだれだ?




僕を被害者の夫にした犯人は



殺した男ではなくて



僕を裏切っていた妻である。




本当の加害者は


裏切り者の妻なのだ。






いま一番話を聞きたいのは



主婦の夫





人殺しの夫の子供をこれからも育てる犯人の妻の本音だ。





僕ならば妻が死んでくれて良かったと思う。



自分が殺すわけにはいかないから。








あなたの彼女や奥さんは


あなたとつきあうにあたってヴァージンでしたか?



ミスチルのシーソーゲームの中に


「打ち明けばなしにあった純情を捧げたってやつに大人気なく嫉妬したりなんかする。」


という歌詞がある。



この歌詞はあらゆる歌の中でも本音マックスな歌詞だ。




僕はそんな時に嫉妬はしたことはないが


殺しに行こうかと思ったことが2回ある。



当時の僕の彼女がヴァージンを奪われた男に


酷い扱いを受けていたと知った時だ。




女の子のひとりは高校生の時


女の子のひとりは専門学校の時に


初体験をした。




どちらの女の子も僕とのセックスの時に怯える態度をした。




話を聞くと二人とも初体験の相手から暴力を受けながらセックスをしていた。




僕はそれらのクズな男を殺してやろうかと思った。




ヴァージンキラー・キラーになろうと思ったのだ。






あるとき


ある男が殺される。



その理由がヴァージンキラー・キラーだったならば


裁判員たちはどう判断するのだろうか?





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。