--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/30/2012    友恵 寝込む



今朝


友恵が風邪をひいたらしくて


寝込んでしまった。



こちらに来てから


部屋の片付けやなにやらで


働きづめだったから

疲れがたまっていたろうし


昨日、友恵が望んでいた人生を左右することが良い方に決まって



精神的にほっとしたのだろう。





はじめて玄関じゃなく

寝床で友恵に行ってきますを告げた。





友恵はホワイトボックスを書いていると

自分自身が振り返れるといってくれた。




はやく良くなってくださいね。









スポンサーサイト




町田 十来場



昨夜


私のたいせつな日




薫さんと町田の駅近くにある


十来場(トライバー)


というオシャレなバーに連れてきてもらった。




すこしだけ


ドライマティーニを口にした。





続く







太陽と月



今日は満月



女性の身体は


月と深く関わりがあります



月の満ち欠けと共に

身体のリズムも作られています。



私は月光浴が大好きで


月の光を浴びると


癒され、


浄化され、


パワーをもらえます。



また、


自然の空気に触れると元気になります。



今日の朝日を浴びて

鳥たちに餌をあげ


薫さんと一緒に


毎朝Qちゃんへのお祈りをして


一日をスタートします。



2012年の10月30日



今日という二度と戻って来ない1日を


大切に過ごします。



Qちゃん


いつもありがとう








続く





10/28/2012    ハロウィン



いま


横浜の山手地区にいる。




ここは以前


アメリカンハウスのエリアだった。



柳ジョージ





フェンスの向こうのアメリカ



のエリアだった。



いまは日本に返還されて


マイカル本牧などのエリアになっている。




さっきから


アメリカ人の子供がたくさん


仮装をしてすれ違う。




ハロウィンだ。




やはり仮装はアメリカ人に限る。



カッコいいのだ!



野暮ったくない。




ハロウィンは日本人には無理だなあ…





10/27/2012    友恵の容姿



僕はいままで


ネットや


文通や


テレクラや


伝言ダイヤルや


なんやらで


見たことのない女性と待ち合わせる機会が無数にあった。




おそらく


100人は越えている。





出逢う時には相手の特徴を聞いておく。



服装

髪型

身長

持ち物



そして


芸能人では誰に似ているのか?





この芸能人な例えで

その通りと思った女の子は


まずいなかった。




さて


友恵は僕に逢う前に

芸能人の誰に似ていると言われているのか


って質問に


ある芸能人を挙げた。





その芸能人は


まさに僕のストライクのど真ん中!




でも


どう考えても有り得ない例えだ。




まるで僕がブラピに似ていると言うのと同じレベルだ。




そして当日



僕の前に現れた友恵は



その芸能人に

顔も

体も

腹筋も


瓜二つだった。




芸能人のほうはハーフなので


友恵よりは外人に近いが



これだけ似ていたら誰も文句はないだろう。





いま僕の部屋にいる友恵を見るたびに


これだけ似てるなんてスゴいなあ…


と心の中で拍手をしている。





その芸能人とは








秋元才加


なんである。






有り得ないようだが


事実なんである。








ふたりは一つに…。



初デートの夜


私は薫さんが宿泊するホテルにいました。


私の土地ではいちばん素敵なホテルの


ダブルルームでした。



私は薫さんの前で


自分の趣味である


踊りを披露しました。



愛する人が現れたならばその人のために踊ろうと思っていた踊りです。



踊りのあとふたりは自然と抱き合い、


笑いながらずっと話しをしていました。


そんな中で自然と二人は裸になり


私は薫さんの胸の中に自ら入っていました。



薫さんはまだまだ緊張している


私の全身を

ゆっくり

ゆっくり

優しく丁寧に

愛撫してくれました。



ある時から

私の心も身体も緊張から解き放たれ、

薫さんを受け入れていました。



意識もどこか遠いところと

現実をいったり来たり。



薫さんは常に私の様子を見ながら


愛してくれました。



それまでの私にとってのSEXは


動物的行為でしかなく


まだ受け入れ体制じゃないのに


無理やりねじこまれて


痛くて早く終わればいいのに…


って思う体験ばかりしてきました。




薫さんとは


身体だけのSEXじゃなく、


心も身体も全て満たされて一つになったんです。



二人が一つになった時、


お互いが


どこからが自分で


どこからが相手なのか


分からないくらい溶け合い、


薫さんの射精と同時に


私も天国に連れて行ってもらいました。



今まで感じた事のない最高な瞬間でした。


私は初めて

女として生まれ来て良かった

と思いました。






続く。








女性の意思



女性はSEXにおいても

常に受け身な関係になってることが


多い様に思います。


男性に要求されたことを受け入れ

嫌だと思ってることでも愛してるから…

って我慢したり



本当はただただぎゅっ


としてて欲しいだけなのに



男の人は勘違いしている。



何にも心が通い合わないまま


身体の関係になっちゃって


さみしい思いをしている女性が多いんです。



だから本当に愛し合ってるカップルなら

沢山沢山SEXの事も話しあったら


いいと思います。




私は薫さんに包み隠さず


自分の思いを伝えています。



絶対にして欲しくないことや


やりたくないことを言っています。




女性はSEXの行為で感じるよりも


自分が本当に愛されている実感こそが


最高のエクスタシーに繋がるんです。



男性の方々は


女性をいかせることや


AVで見てるような潮を吹かせたり、


いろんなテクニックが


最高のSEXだと思っているかもしれませんが


女性は自分が心から愛され


愛する人と一つになれた時に


最高の幸せを感じるんです。



極論を言えば


テクニックなんか必要ないんです。



愛しい人と一つになった後、


もっともっと愛を感じあって欲しいんです。






続く。





10/26/2012    季節の変わり目



ここ数日



体調が冴えない。



血圧が安定しないせいか


午前中あたまと胸がモヤモヤする。



この時期に老人がたくさん亡くなるのがよく分かる。




NHKで


男性不妊



男性更年期


を取り上げていたが

更年期の影響もすくなからずある。





いま


友恵がいてくれて


朝起こしてくれる。



前は朝目が開かなければいいのにと思っていたが



いまは1日でも永く友恵に起こしてもらいたい。








初デートの日



薫さんとの待ち合わせは

駅の近くの噴水の前。



薫さんは高速バスで来てくれました。



一目みた時から二人の距離は全くなく


すぐに打ち解けあい、


笑いあっていました。



私の手作りのお弁当を食べながら


車でドライブしました。



途中


薫さんが私の背中に持たれかかり


見た日本海の景色が

なんとも言えないくらい幸せで


懐かしくて


過去に見た事のある風景でした。



その日はどこへ行っても、手をつないで

何をするにも、笑っている自分がいました。



全ての感覚が一緒で、


相手が何を考えてるかなんか全く気にならなくて


ありのままの自分でいられました。




身体の関係はしないと強くいってた私は

1日一緒に過ごして行く中で


ガチガチな自分がほどけて行きました。




続く。






SEXが嫌いな女



女性の中には

SEXが大好きな人もいれば


嫌いな人もいます。


その大半は過去にSEXにおいて


嫌な体験やあまりいい思いをしなかったからだと思います。


じつは私もその一人。



その大きな要因は


初体験にあります。



私が思春期の頃は


女子の会話は

恋バナや初体験の話ばかり。


これは今も変わらないよね。




そんな高校2年の私は

彼氏はいてもまだまだ踏み込めないでいました。



周りの友達はそんな話しでもちきり。


処女でいることがいけないかの様な、


早く処女を捨てないとダメな女の子みたいな状況でした。




私もいよいよその彼と…


と思っていました。


私が年上の彼に


「私は処女だよ」


と打ち明けると


最後の一線を越えないで、


彼は途中で辞めてしまいました。




その時私は


男の人は処女は何かとめんどくさいんだ

と思い、深く傷つきました。



早く捨てないといけないんだという焦りが起こり、


その彼とは別れ、


すぐに言いよってきた別の年上の男性に処女をあげました。



そんなに好きでもない人との


キスや愛撫は全く気持ちが入らず、


挿入も痛く気持ちいいどころか


されている行為や動きに気持ち悪くなってしまい



最後には終わった後でトイレで吐いてしまいました。




もし、今処女でいる方。


本当に自分を大切にしてください。


無理に適齢期にしなきゃとか思わないで大丈夫です。


自分が大好きな人と初めて体験して欲しいです。



それから私が本当の愛に出会うまでの


放浪の旅は長く苦しいものでした…。






続く。






10/24/2012    にこまる食堂




根岸線の根岸駅まえに



まえから気になる看板があった。




250(にこまる)食堂




定食が250円と書いてある。




今日


昼ご飯にタイミングがあったので


にこまる食堂を訪ねてみた。




看板には


若年者就職支援と書いてある。




開店の11時をちょっと過ぎただけなのに


店内はかなりの人がいる。




みんな若者だ。




どなたでもどうぞということなので



僕も食券売り場に並んだ。



今日の定食



ロコモコ丼



会員250円


非会員300円



とある。





察するに


若者で会員の人は安くて


非会員は定価みたいだ。






ロコモコ丼がきた。


でかいハンバーグと

目玉焼き




これは300円でも安いぞ。





僕のまわりでは


若者たちがどんぶりを抱えてロコモコ丼を食べている。





一見明るい風景だが


この平日の昼間に


安い食事を求めて


本来は仕事をしていたい若者たちが


働き口もなく食事をしている。





いまは


それだけ働き口が無いのだ。





このようなNPOの方たちが日々支えている。





定年を延ばして



若者たちに仕事を渡さなくて


いいのか?






根岸駅まえ



にこまる食堂



ぜひ。








初対面


Qちゃんが亡くなって以来、


頻繁にメールのやりとり、


夜は毎日2、3時間の電話、


朝も必ず電話をしていました。




その1ヶ月後、


Qちゃんの命日に初めて


薫さんと会う事になりました。




しかし、薫さんに会うとしても


私は身体の関係とかは絶対に嫌で、


初めに自分の事、


身体の関係はしないこと


を薫さんにはっきり伝えました。



薫さんも


私の気持ちを汲み取ってくれて


二人は会う事になりました。






続く
10/23/2012    鬼怒川の朝


昨日と今日



社員旅行で鬼怒川にいる。



鬼怒川にははじめてきた。





箱根や湯河原がある神奈川のひとは


めったにこないだろう。





昨夜宴会のときに


各テーブルにコンパニオンがついた。




僕のテーブルには二十歳のかすみちゃんがついてくれた。




彼女は普通は専門学生で


介護の資格をとるための勉強をしているらしい。




住んでいるのは宇都宮



今回は友達三人でアルバイトで参加した。



なかなか就職が決まらない悩みなどを聞いたりしながら


宴会は終わりを迎えた。





終わりかけた時にかすみちゃんは僕らに小さな声で



「このあと私たち三人とどこかに行きませんか?」


と話してきた。






昨年までの僕ならば


ならはお言葉に甘えて…




となったろうが



今年の僕はちっとも食指が動かない。




部屋でひとりいる友恵にはやく電話をしたいからだ。










僕以外の仲間に聞いたら


かすみちゃんたちと


夜の街に飲みに行って


メール交換をしたらしい。







ツインソウルに出逢うと



他の異性にはまったく興味がなくなると読んだが



まさにその通り。





あなたが浮気をされない最高の方法は



ツインソウルと付き合うことだ。










森永の焼きプリン



今日22日は



Qちゃんの月命日。



8ヶ月前の今日、



Qちゃんは命をはって薫さんを守り、


そして私を救ってくれました。




生前Qちゃんが大好きだった


森永の焼きプリンを

今日はQちゃんと二人で一緒に食べるよ。




最近朝になると


沢山の鳥たちがこの部屋を訪れてくれます。




Qちゃんがいるんだねっ。





続く




今日は薫さんが1日居ないから


私一人で町田の街をぶらり探検してます。



町田は沢山見る所があるから楽し~。



お腹が空いたから


女性が一人でも入りやすそうなお店でランチだよ。



美味しい物を自分にご褒美。



たまにはいいよね~。




次はスウィーツもいきたいな。





10/21/2012    サロン・ド・シマジ



土曜日のお昼のTBSラジオ


久米宏ラジオなんですけど。




この番組は大好きで毎週聴いている。




昨日のゲストは


週刊プレイボーイ


の伝説の編集長




島地勝彦さんだった。



島地勝彦さんが新宿の伊勢丹メンズ館に常設されている


サロンドシマジ


について話されていた。





話の中身は


島地勝彦さんが愛して止まない



シングルモルトウイスキー





シガー



そして万年筆


のこと。





島地勝彦さんは僕に絶大な影響を与えてくれた


北方謙三さんを見いだした人だ。






男の楽しみ



シングルモルトウイスキー



それもアイランドウイスキーの素晴らしさを語る。




いまのハイボールブームでウイスキーに触れた若者に



アイランドウイスキーの美味さを知ってほしいと島地勝彦さんは云う。





そして



シガーの楽しみ。





シガレットでは決して味わえない


シガーの深さ。






島地勝彦さんの言うとおり



シガレットは禁煙しても



シガーはやめられない。





シガーの煙を口の中で回すと



その香りで心も体も楽になる。






新宿伊勢丹メンズ館にある


サロンドシマジ


には


島地勝彦さんのお気に入りの


シングルモルトウイスキー





シガー


がありその場でたしなめるそうだ。






次の休みには友恵と新宿に行こう。









翌日


いつも通り会社に行って仕事して


お昼休み何気にブログを見たら、


Qちゃんが亡くなった事を知り


あまりのビックリに

心臓がドクンと音がなるほど衝撃をうけました。



そして


薫さんの憔悴しきってる状態が伝わり


なんでか


「薫さんを救えるのは自分しかいない」

と思い


とっさにブログに励ましのメッセージをしていました。




はじめは私が


男か女かも明かさないまま


メッセージのやりとりして、


4日後の薫さんの誕生日に


はじめて自分がどんな人なのかを伝えました。


これが薫さんと友恵の出会いです。





続く





10/21/2012    シルビア



毎朝


あさズバッ見ていると



加藤シルビア アナウンサー


がナタリー小林悠と出ている。





ほとんどの男は


加藤シルビアの名前を聞くたびに


シルビア・クリステル


を思い浮かべた。







いまから30年前にフランスに行った。



目的は無修正の


エマニエル夫人を


観るためだ。




ルーブルもムーランルージュも行かなかった。




エマニエル夫人は初公開以来


フランスのエマニエル夫人専門映画館で上映されている。




もちろん無修正だ。



当時ムチムチな女の子好きな若かった僕には



シルビア・クリステルは痩せすぎていてエロではなかった。



人妻が浮気のセックスに溺れるストーリーは


当時かなりのタブーだった。






あれから30年



この日本では人妻の浮気セックスは当たり前のこととなり



僕はムチムチな女の子は脂っこくてだめになり



まさにシルビア・クリステルのような女性に惹かれるようになった。





歴史に残る映画作品として



エマニエル夫人


は外せないはずだ。





僕は毎日朝と夜


友恵と愛し合う。





セックスの相性がピッタリということは


愛するふたりにとって優先順位一番である。







シルビア・クリステル





素敵な女性だった。






10/21/2012    店先




魚屋の店先に



魚のあたまが置いてあった。





焼き肉屋の入り口に


リアルな牛の人形が置いてあったりするが



これを見て


「食べた~い」


とおなかが鳴る日本人はいるのか?






女性の顔だけ見て


「やりてぇ~」


と思うくらい


変だぞ…






10/21/2012    悪人




あなたは



この悪人の握手を





握り返しますか?









10/20/2012    香川県の方へ



スミダ被告のことを


証言する高松市の方々がテレビに映るが



高松市には警察や思い遣りや常識はないんだね。





丸亀市から男尊女卑にあって帰ってきた僕の友人の姉の時代と


なんにも変わってないんだね。





香川県のひとはこの事件恥ずかしくないのか?






香川県は日本からいらないね。






10/20/2012    いちばん最初の読者



友恵が来て一週間




あたたかい家庭が生まれた。




しあわせに慣れていない僕は



戸惑うことばかりだ。




まえから友恵にホワイトボックスの原稿を書くように依頼していた。





いま友恵はコツコツと慣れない文章を書いている。



僕は改行と


てにおは


を治すだけだ。






友恵の文章をいちばん読みたいのは


僕自身。





彼女が


山口薫や


本名の僕や


Qちゃんや


ツインソウルや


セックスや


芸術や


映画や


本や


料理や


デートや


健康や


神奈川県や


愛や


恋や


血縁や


友達や


裏切りや


仕事や


睡眠や


彼女自身について




どう思っているのか



いちばんはじめに読みたいのは



僕自身。







よかったら



山口友恵のホワイトボックス



読んでください。








10/20/2012    野球の神様



中日ドラゴンズが強い。





野球の神様は





正しい生き方をしている方に



微笑むらしい。







10/20/2012    異常はどちらだ?


いまニュースでは



大量殺人


とか


iPS細胞の手術でっち上げ


とか


ばかりやっている。




一見このふたつの事件は



大量殺人を教唆したあの女の方がキチガイに見えるが



よく考えてほしい。





あのようないかにもな女が人を殺すなんてことは


ありえることなのだ。





問題は東京大学に関係した森口というちゃんと教育を受けた男が



やってもいない研究を堂々と発表していたことのほうが



異常なのだ。





あのキチガイが何人殺していたって



驚くことはない。




西日本においては


警察機構がまったく機能していないことも



関東から見たら異常なのだ。






大阪維新については勝手にやればいいと思うが



大阪維新の延長に日本の維新は無いよ。







2012年2月22日


の夜中2時ころ


突然目が覚めてどういう訳か


眠れなくなってしまいました。



そこで何気に山口薫のブログを開き見たら


前日の風味堂ライブで倒れかけた事が


書いてあり、


私は不思議とその場面が脳裏に出て来ました。



薫さんが今夜必死の思いで


Qちゃんが待っている自宅に帰ってきたことも…。



私はその時にQちゃんにお願いをしていました。




どうか薫さんを守ってあげて下さいと。




続く…。





みきさん



早速コメントありがとうございます♪



私自身ブログははじめての経験なので


未熟ですが、頑張って書いていきますね。




ツインソウルとの出会い①


私はちょうど去年の今頃


たまたま開いたブログが


山口薫のブラックボックス


でした。





見ているうちに


このブログを見る事が


毎日の日課のようになりました。




薫さんの印象は


Qちゃんや女性に対する愛情が深く


優しい人。



しかし両親に対しては複雑な思いから


いろいろ苦労されてる人なんだ


と思って見ていました。



早く優しい彼女でも

見つかって欲しいなぁ


と遠い北陸の地から願っていました。






…続く。
10/19/2012    高田文夫巨匠復活



いま

ビバリーヒルズ





四月に倒れられた


目玉の親分


こと


立川藤志楼


こと


景山くんの相棒


こと



高田文夫巨匠が電話で復活された。





高田文夫のラジオビバリーヒルズ





松本明子ちゃんの一回目から聴いていた。




有楽町には会いにいった。




籐志楼公演には新宿末廣亭に通った。




高田文夫巨匠の行くところには


かならず行きたかった。





でも



高田文夫巨匠の葬式だけはまだまだ行きたくない。






天国の小野ヤスシさんもまだまだ来るなと言うだろう。






あとは


ちゃんとレギュラーで帰ってくださいね。









はじめまして


友恵と申します。




私も昨年の今頃から
山口薫のブラックボックス

を読み始めた読者です。




先日から薫さんのツインソウルとして


薫さんと一緒に生活を始めました。



薫さんの勧めもあって


今回から


山口友恵のホワイトボックス


として女性の目線で

日々感じていることなどを


綴っていけたらと思っています。



薫さんのブログのテーマは


ラブ&セックス


ということですが


私はその他にも多種多様な内容で書いていきたいです。




薫さんもそうですが

私も自分自身の体験と


ありのままの自分を表現出来たら


と思っています。



どうぞよろしくお願いします。







10/17/2012    プッシートーク



友恵のいままで本人も知らなかったこと。





友恵と僕がセックスをしていて



確実にふたりは同時にいく。




コンドームで避妊しているならば



すぐに抜かなければいけない。





しかし


友恵がピルを飲んでくれているので


常に生で挿入している。





友恵は僕のあたたかい精液を子宮に浴びて



さらなる快感にひたり



僕は抜く必要がないのでロドリゲスを彼女の体内にいれたままでいる。





すると



ロドリゲスと彼女のプッシーが会話を始める。





彼女のプッシーは蠕動しはじめて



僕のロドリゲスはピクピクと動く。






僕ら本体は抱き合ってじっとしているのだが



ふたりの性器は会話をしている。






この世の最高の会話



プッシートーク。






射精やエクスタシーとはまた違う



セックスの究極の快感





プッシートーク。





これ以上の名器はない。







10/17/2012    家電品



昨日


鎌倉デートからの帰り道


町田のヨドバシカメラに行って


家電品を買った。





僕はいまの部屋に住んでいて



料理の類は一切しなかった。




家族もQちゃんだけだったので


火を使うのが危なかった。





夕べ



IHクッキングヒーターを使った



炒めものを友恵に作ってもらった。




今朝は


新品の炊飯器がはじめて炊いたご飯を食べた。





ほかの人には当たり前の風景を



僕は諦めていた。





姿形は無くとも


Qちゃんが部屋にいることがわかる。







僕は茶色い瞳をしている。




よく珍しいと言われる。




友恵の瞳もまったく同じ色だ。






ツインソウルはなにもかもが似ている。






さて


こんやはどんなおかずだろうか?







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。