--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




いま昼休み



おいしいパン屋さんで


いつものパンを買って歩いていたら



上空からすずめが1羽ふってきた。





歩いている僕の数メートル先におりたすずめは



「パン屋から出てきたの見たよ。」



という目をしている。




すずめにやるためにコッペパンをひとつ余分に買っているので



それを袋から出して千切ってあげた。




僕が腰掛けているすぐ近くで


コッペパンをモグモグするすずめ。





Qちゃんかもしれないなあ。





彼が食べ終わったので


手みやげの分のコッペパンを千切ってあげた。



彼は目で礼を言って家族にコッペパンを持って飛んでいった。







どんなに暑くても外で昼休みを過ごすのは



彼がいるからだ。

















Qちゃんありがとう。






スポンサーサイト
07/29/2013    KARA ゲット!




僕はKARAが好きだ。



とくにスンヨンが好きだ。










韓国の友人に話したら



非売品



プロモーション用のサイン入り



宣伝材料をゲット!





嬉しいなあ…









いきものがかり


の地元である


海老名


そしていま


本厚木のホテルにいる。





ふとつけたテレビに


いきものがかりの三人がいる。



なかなかうれしい。





神奈川県は県央も元気だなあ。








07/28/2013    オリーブ死す




かつを


の犬が死んだ。





かつをが逮捕された同時刻に死んだ。






オリーブという名前らしい。






かつをのことを


心配していたのだろうな。








かつを



裁判で全て吐き出せ。









07/28/2013    ぷち新婚旅行②





昼間に天然温泉に行った僕らは



夕方、この土地の名物


シロコロホルモンを食べに


「とり蔵」


という名店に行った。




いやあ



旨すぎる。




旨すぎる。



旨すぎる




お腹いっぱいになったので



対岸の海老名の花火大会の花火を観に



河原に向かう。






楽しい新婚旅行だ。







07/28/2013    やられたら



やられたから



倍返し




かつを








07/28/2013    ぷち新婚旅行




久しぶりに夫婦で同じ休み。


ならばとぷち新婚旅行。



まずはその土地を散策


昼はホテルにチェックイン



そのあと地元の温泉に行って


夜は20万人が集まる花火大会を見て



そのあとで



ホテルでぐっすり寝る予定。





昼ご飯は地元で有名なラーメンを食べた。




いまは散策中。



暑すぎるなあ…






07/26/2013    再スタート②



箱根に住みだした友人は言う。




「結婚して


子供を二人作って


子孫を残すという


動物としての役目は果たした。


だから


あとは人間として生きたい。


山口さんのように


運命の女性にも出逢える気がする。」





我々は


世間体や


性欲や


概念や


風習で


結婚をする。





僕も最初の結婚はそうだった。




おそらくほとんどの人がそうなんだ。




「このひとじゃない。」




毎日毎日呪文のように口にする。





そんな環境で


素直な子供に育つわけがない。





最初の結婚は


動物としての役目




なかなか的を射ている。






07/25/2013    再スタート




僕の友人が


箱根に暮らしだした。



強羅の緑に囲まれた別荘を借りて


独り暮らし。




きっかけは離婚。




彼はまだ45歳


長年連れ添った女性と離婚することになり


彼は都会から箱根に住むことにした。





夕べは彼と二人で離婚おめでとう会をした。




結婚もステキだが


離婚はもっと素晴らしい。






いま離婚を考えている人がいるならば


離婚を勧める。






性欲や世間体や見当違いでいっしょになった男女なんだから


長年いっしょにいるのが


おかしい。






夕べヘロヘロに酔って帰ったから友恵と愛し合えなかった僕は



今朝ツインソウル合体をしてお互いに昇天して


会社に向かっている。





離婚してツインソウルを見つけようよ。







ホワイトボックス




片割れ



山口薫のブラックボックスを初めて読んだのは


1年半前のこと。




ひょんな事から薫さんのブログを


見るようになり


薫さんの小動物に対する優しさ


にとても共感し読んでいて


あたたかい気持ちになりました♪



その反面


薫さんの両親に対する


文章はゾッとするくらい恐ろしく


同じ人が書いてるのかと思うくらい


対象的で、


読んでいて悲しくなるものでした。




ツインソウルである

薫さんの過去を全て

知った私は


よく今まで生きていてくれたと思いました。



私の片割れが全て


困難な道を選んでくれて


引き受けてくれて耐えてくれていたんだと…



もうこれらは私が薫さんを愛して守っていくと


心に誓いました。




私は両親に愛され


親の愛の中で育ちました。



姉妹にも愛されました。




薫さんの母親のような我が子に対する


思いは理解できません。



自分の常識なんて


小さな世界観でしかありませんでした。


私達は二人で一人なんです。




これらはやっと


一人前に生きていけそうです。






Qちゃん


ありがとう。













キチガイと母親問題



これは僕が産まれた時からの業(カルマ)なんです。





人は誰かにヒドいことをされたとににとる態度は2つ。



復讐することか


忘れ去ることか。




僕は母親に対しては、忘れ去ることを選びました。




自分の父親を知らないまま産まれた女は

母親が後妻で入った家に連れ子として入りました。




僕を産んだ女、あえて母親と書きますが


母親は僕を産む前に二人流産しています。



僕も妊娠7ヶ月で産まれたのではなくて、母体がもたないからと子宮から出されました。




僕が小学二年生の時に母親は子宮と卵巣を摘出しました。



それから


家にキチガイが出現したのです。







僕な母親は昭和八年産まれです。



いまとは世間がまるで違う時代に


僕の祖母は結婚もせずに妊娠して子供を産みました。




それがその時代にどれほどハレンチなことかわかりますか?


祖母は死ぬまで母の父親の名前は言いませんでした。




僕の母親の半分


僕の四分の一



その男の名前は知らなくとも


僕も母親もわかっています。



その男の正体は。




母親は背が165あります。



父母会にきた母親たちの中で頭がひとつ出ていました。



そして僕の骨格は異常にゴツいのです。

日本人的ではありません。






僕の祖母は幼いときの母親を見て


「その顔がアイツに似てるんだよ!」


と急にぶたれたりしたそうです。




母親の顔のどこかが、その男に似てきたのでしょう。




僕の祖母は私生児を産むくらいですから

気が強く


僕の母親はそのあと産まれた兄弟たちと差別されたそうです。




僕は小さな時から母が祖母にされたいじわるや過干渉を毎日毎日聞かされました。





僕と母親に流れる


祖母とその男の血はかなりなまでに


過激で攻撃的です。




母親が子宮と卵巣を摘出してから


母親はキチガイとなり家庭は地獄になりました。




子宮卵巣を摘出すると優しさの素である女性ホルモンが出なくなり


普通の女性ならば徐々におとずれる


更年期障害が雷のように突然、いちばんヒドい形で襲ってくるのです。




母はいつもイライラしていて


そのイライラを家族や物にぶつけました。


家の中に常に巨大な竜巻があるのです。





気の弱い父親は卑怯にも


単身赴任を選んで家を出ました。






それからは


児童虐待の母子家庭です。





テレビで児童虐待のパターンをやったりしますが


僕は母親にすべてされました。





時々帰ってくる父親に話しても


トラブルに巻き込まれたくない父親は


助けにはなりませんでした。





母親は高校時代にテニスの県代表の選手だったくらい体力や腕力があり


背も高いので子供の僕には勝てなかったのです。






「お前は両親がそろった家庭にいるんだからそれだけで幸せなんだぞ!」




よくそう言われながら叩かれました。






僕はこのブログでセックス下手な男はダメだと書くのですが


それは僕の前で父親がセックス下手なのをなじられていたのを見せられたからです。




セックスが下手だとこんなにも女性は男を見下すのか!!





母親は父とは再婚だし、かなりモテたそうです。



どうしてあんな男と結婚したのか聞いたら



「あの時は誰でも良かったのよ。」



と自嘲気味に言われました。





だから僕の半分は、誰でも良かった男の遺伝子なのです。






僕の祖母は母親が友人を家に連れてくると


あの子の親は入れてくれるのか


とかならず聞いたそうです。





僕の祖父が議員だったので常に票のことばかりだったのです。




母親は自分の友達関係に口を挟まれるのが嫌で仕方なかったと言いました。






僕が中学生の時に


友人が僕にこう言うのです。




「お前のうちはいつ電話してもお前がいないっていうな。


どうしてお前の母親は電話を取り次がないんだ?」




僕はビックリしました。




母親はその友人に限らず僕に電話が来た時は全て取り次がないでいたのです。





それはずっと続きました。






いちばんヒドい行いは


僕の結婚式の直前に発覚しました。





結婚式の招待客のほとんどから僕に電話が来たのです。





「お前の母親から毎晩毎晩電話が来て、


あの嫁は悪い女だから、もしあなたが薫を思うならば


あの女との結婚をやめるように言ってください、


そして結婚式には来ないでくださいって


お前の母親はいったいなんなんだ?」









まだまだたくさんあるのです。




よくぞこれだけ実の息子を苛めるなあと思ったものです。








いま


妻の友恵に母親のことを話すと



よく辛抱したね…



と云ってくれます。





もちろん


殺そうと思ったことも


百回ではききません。






二十歳を超えた時に


両親はいつでも殺せると思ったものです。






でも僕は父親と母親を


忘れることを


選択しました。









父親や母親に会ってしまうと



それまでのことを


拳に込めてしまうからです。







僕にはかけがえのない家族がいます。






僕は怒りの拳を向ける相手を決めています。






母の本当の父親。






天国か地獄で見つけたならば



おもいっきり眉間に叩き込みます。









ぽんのんのさん



僕は母親を忘れない方が良いのですか?










旅行とは


どこにいくか


ではなくて


だれといくか。





おいしい食事とは


何を食べるか


ではなくて


だれと食べるか。




そして


人生とは


何をするか


ではなくて


だれと生きるか。






ツインソウルの友恵と暮らしてから



毎日そう思う。










07/20/2013    生同一性障害



僕が石段に座っていると



すずめが一羽



すぐ足元に降りてくる。



すずめの目は


いつものください。


と語りかけている。



鞄からまだ袋に入った菓子パンを出して封を破く。



その光景をすずめはニコニコしながら見ている。



菓子パンをひとつまみすずめに放ると


くわえて飛んでいくこともなく


僕の足元でモグモグ食べる。



目でお礼を言ってすずめは飛び立つ。





昨日は15分の間に

三羽のすずめがこうやって僕の足元にきた。





石段には僕だけではなくて


ほかにも何人も腰掛けている。



僕がこの石段に来たのは二週間ぶりなのに


すずめは僕を見つけてパンをねだってくれる。





このすずめに限らず


ノラ猫の黒ちゃんやツナ


名もないカラスやセキレイやヒヨドリなど


人間とはコミュニケーション下手な僕に

野生の動物たちは寄ってきてくれる。





僕は生物同一性障害者



人間という生物でいることに障害を感じている。





動物には僕の左の肩にいるQちゃんが見えるのだろうか。










ツインソウルだからこその



不思議な感覚がある。




友恵を見ていると



自分を見ている感覚になるのだ。





今まで何人かの女性と暮らしたり


つきあったが


常に


「他人感覚」


は消えなかった。




当たり前だ。



他人なんだから。





しかし


ツインソウルの友恵を見ていると


幽体離脱して自分を見ている感覚になるのだ。





僕は友恵といると最高に心地よい。




だって


ツインソウルだもの。





世の中の大半の50代の男性が



「この女じゃなかったよ。」



とか



「こんな女抱けるかよ。」



とお嘆きの時に



僕はなんて幸せなんだろうか!



ツインソウルだもの。






結婚とは人生の修行であるなんて



ウソウソ。




ツインソウル夫婦じゃない結婚に失敗した


不幸な夫婦が


不幸な仲間を増やすための


ウソの標語。





若い女性に伝えたい。




ツインソウルを見つけよう。




幸せは概念や条件ではなく



肌感覚だよ。






ツインソウルだもの


かおる





07/19/2013    マリーローランサン



死んだ女より


哀れなのは


忘れられた女です。




マリーローランサンの有名な詩



鎮静剤の一節です。





毎年


この時期になると


かならず電話が来ます。



僕を産んだ女からです。



今年も昨日来ました。



もうすぐ


その女の誕生日だからです。





結婚して


真の母親を得た僕には


必要ない女です。





完全に僕はその女を忘れていました。









死んだ女より


哀れなのは


忘れられた女です。





07/19/2013    キチガイだもの



ほら



精神病院入院歴があるから



報道されなくなったじゃん。







世の中



ボケるか


キチガイになるか


どっちかだよな。









人間とは


首から上


脳と精神だ。








僕が何度も登場させる


「いじわるな遺伝子」



もう読んだよね?



この本は名著、そして必読書。




この本の最初に出てくるのが


テストステロン


つまり男性ホルモン



男性ならばわかるだろう。



男性ホルモンの強烈な力を。



こいつのせいで女を欲しくなる。



若い頃など、ブスだろうがなんだろうが

穴があれば入れたくなる。



若い男は誰でも


女を襲ってでも


セックスをしたくなる欲情と戦っている。





まともな人でもそうなんだ。




ましてや


精神異常者ならなおさらなのだ。





今回の茨城の女の子を半殺しにした男



やはり精神病院に


入院歴


のある異常者だった。




通院歴


ではない。



入院歴だ。





ここからはあえて分かり易くするために


おぞましい言葉を使う。




30歳の性欲まんまんな


精神病院に入院歴のある


キチガイが


普通に街にいたのだ。






健常者のまともな精神を持つ男性ですら


持て余して苦しむ


強烈な性欲を




自分を律する能力の無い精神異常者が


コントロール出来るわけないのだ!






あのレッサーパンダ帽の事件を忘れてはいけない。




レッサーパンダ帽子を被った知恵遅れの男は


性欲のまま若い女性を襲い殺した。







一昔前ならば


知恵遅れや精神異常者は長生きはしなかった。



ダウン症の子供を持った時にも


この子は成人はしないのだからそれまでの子育てだと言われていた。





しかし


医学の発達で障害者の赤ちゃんを産んだ夫婦は


一生面倒を見なければいけなくなったのだ。





とくに


精神異常者の成長は親にしても手に負えなくなる。




脳は異常者だが体力は普通にあるからだ。





コントロール出来ない脳を持った30歳の性欲まんまんな人間なんかを


社会に出したらどうなるのか。






あなたのかわいい娘さんや


奥さんや彼女が


いつレッサーパンダ帽の男に殺されるかわからない社会なのだ。





あの茨城のキチガイは


どうせ現在の法律では裁かれないだろう。











被害者は殺され損なのか?






未成年が犯罪を犯したならば



その親が償うように



キチガイがした犯罪はその製造者である

親が償うべきだ。




そして


親が裁くべきだ。





悪魔をこの世に産み出したのだから。






























いまから


20年前に


僕は地方の工場に教育担当で赴任していた。



八重の桜を観ると懐かしい場所だ。



その工場はその会社の社長の意向もあり


知恵遅れの人の作業も提供していた。




赴任して何日かして


若い健常者の女性から相談を受けた。



その内容は驚くことだ。




彼女が工場の中で知恵遅れの若い男性と廊下ですれ違ったときに


彼が下半身を丸出しにして


ヘラヘラ笑ってきたと言うのだ。





彼女はすくんでしまって声も出せず、


かといって相手は障害者なので大事にしていいものなのか悩んでいたと言うのだ。




僕は早速事実確認をして


障害者の指導者に伝えてその若い男性は解雇にした。





彼女にしたら恐怖だっただろう。




話の通じない相手が半勃起したペニスを出して笑っていたのだ。





もしいま友恵がそんなことをされたならば



そいつとそいつの家族を半殺しにする。





あの知恵遅れの下半身を出した男性は


その解雇によって反省をして


もうやらないだろうか?




それは有り得ない。




親はそういう性癖が息子あると知ったならば


外に出してはいけないのだ。






社会的に許されるどうのこうのではなくて


睾丸を切除して男性ホルモン、


テストステロンを絶やさなければいけないのだ。







ロボトミー手術が禁止されているのだから


睾丸切除は行うべきだ。





彼らのことよりも


被害者を出さない社会作り


の方が重要なのだ。






それとも


精神異常者の息子をもつ親は


その息子の血を引いた孫を抱きたいのか?







もう被害者を出したらだめだよ!









07/17/2013    町田ゼルビア 迷走



サッカーファンの皆さんならば


知っているだろう。



町田ゼルビア





秋田監督がシーズン半ばで解雇。




調べてもらえばわかるが


そんなに悪い成績ではない。




ゼルビア爺さんの話のとおり


戦力のがた落ちしたチームならばこのあたりでもしかたない。





しかし


鳴り物いりで迎えた秋田監督を解任とは

驚いた。





だから


今年の僕のサッカー熱もしぼんでいるのだ。







さて


どうしようか。










茨城の事件



悲惨すぎるし


腹が煮えくり返る。




小学生の女の子に性的目的で近づいて


なにがあったのか


残忍な暴力で意識不明にしたのだ。





キチガイだ。




性的なキチガイだ。




キチガイ犯罪者でいつもあたまに浮かぶのは2つ。



ひとつは千葉でリンゼイさんという英語教師を強姦後殺した


市橋達也だ。




彼の顔を見たときに

あんなヘビみたいな顔の人間の親は一体人間なのかと思ったものだが


市橋達也が捕まったときに夫婦で全国に映った市橋達也の両親を見て


僕は驚いた。




あの二人からならば

ヘビのような顔の息子が出来る。





両親ともヘビ顔だ。




あのときのヘビ両親のコメントにはびっくりした。



自分の息子がしたおぞましい事件について


まるで他人事だったからだ。






そして


キチガイ事件で国民がみんな忘れてはいけないのは



2000年6月5日に千葉県富里市で起きた


息子殺し事件だ。




富里市に住む夫婦は

家庭内暴力で荒れていた15歳の息子が

家を出て他人を殺してやると言った言葉に決意して


夫婦でキチガイになった息子を殺したのだ。




法的には親による息子殺しだろうが


見方を変えればこの両親は


息子から殺されるかもしれなかった善良な他人を救ったのだ。





この両親は自らが罪人になることで


他人に不幸が及ぶことを防いだ。







ヘビ両親とはまったく考え方が違うのだ。






今回の茨城の犯人も

市橋達也も


暴力的キチガイDNA





性的キチガイDNA

を持つものが避妊もせずセックスしたからだ。






ヘビ両親が生でセックスしたから


市橋達也は生を受けた。





富里市の両親は自分たちがセックスしたから生を受けた


モンスターを自ら退治した。






キチガイ犯罪にはその両親に製造者責任を課すべきだ。



そして子供であるキチガイが法で裁かれなかったのならば


親の責任として罰を与えろ。






キチガイ犯罪者が血縁にいるならば


自らの遺伝子に性的キチガイDNAや暴力的キチガイDNAが埋め込まれていることを自覚しろ。







敵討ちが出来ない現代において


モンスターを退治するのは


両親や血縁者だけなのだ
07/13/2013    あいさんへ



あいさんへ


コメントありがとうございます。





友恵の話を書きます。




友恵は日本海側の街で生まれました。



僕ら神奈川県の人は

「地方なんてセックスしかたのしみないんだから


子供のころからセックスばかりしてるんだぜ!


と思っていましたが


友恵に聞いたらやはりそうで


友恵が高校生になったとき


周りはほとんど処女はいなくて


処女だった友恵も周りから



「友恵まだなの!


はやくしなきゃだめだよ!」




とせかされて初体験をしたそうです。






友恵はそのあとも何人かの恋人が出来てセックスをしたのですが


彼女いわく



セックスはまったく気持ちよくないし


終わったあとかならず吐いていたというのです。





だから


初めて僕と逢う前にメールで


「わたしはセックスは嫌いなので


薫さんとお会いしてもしません。」



と宣言してきたくらいです。






はっきり書きましょう。




ツインソウル以外とのセックスは



ただの性欲処理活動です。





ツインソウルがするセックスこそが



人間の行う愛情交換行為です。





セックスが性欲処理だから


性欲が衰えて、嫁さんがデブになりブスになると


セックスレスになるんです。






あいさん



セックスとは


誰とでもするものじゃありません。




あなたのツインソウルと


愛しい気持ちを持ち寄って行う


最高の行為なんです。








女性のおまんこは鍵穴です。



ツインソウルの鍵だけを入れる場所です。






かならずうまくいきますよ。







僕は毎日


鍵を鍵穴に差し込んで


友恵を感じています。



セックスレスなんかあるわけがないんです。

















またコメントくださいね。







07/13/2013    すずめとの信頼関係


引っ越しをして快適な毎日。




ただ


引っ越しするたびに悲しいことがある。



コツコツ築いてきたすずめとの関係がなくなることだ。





カラスやヒヨドリなどの比較的大きな鳥は


餌付けは簡単だ。




しかし


小さな野鳥のすずめは臆病だからなかなかベランダにこない。





すずめとの信頼関係で忘れられないのは



すずめリーダー。





数年前


真由美と住んでいた部屋の前に


毎日毎日かにぱんをちぎって蒔いていた。




かなりしてから


すずめがくるようになり


ある時から


朝窓を開けたらすずめが数羽こちらを向いて座っていた。





そのすずめの中に


あきらかにリーダーがいた。



名付けてすずめリーダー。




すずめリーダーはまるで飼い鳥のように

僕に接してきた。




窓を開けたら目の前にいることもあり


こちらが驚いた。



すずめリーダーは逃げることはなく


愛らしい目で


「おはよー、かにぱんください!」


と話しかけてきた。




真由美と別れて


その部屋を出るとき

一番気になったのはすずめリーダーたちのこと。




その時には



朝窓を開けたらすずめリーダーを筆頭に

すずめリーダーの家族すずめが


20羽くらい座っていたからだ。






引っ越しの時


嬉しいことが起きた。




朝、


最後のかにぱんをあげて引っ越し作業をしていたら


部屋の中のダンボール箱の上に


すずめリーダーがいたのだ。






「この部屋を出ちゃうの?」




すずめリーダーは話しかけてきた。




「うん、毎日キミに会えて楽しかったよ。」




「毎日かにぱんありがとう。でも寂しくなるなあ。」




「次の住まいは近くだからまた見つけてくれよ。



すずめリーダーも長生きしてね。」




男同士の別れはつらい。





あのあと


街ですずめを見るたびに


すずめリーダーではないかと見ていた。




いまの部屋のベランダにも


鳥の餌を置いているが


残念ながらまだすずめはこない。




すずめリーダーはもういないだろうが


またあんなすずめに会いたい。







。。



いまから20年くらい前の


驚いた実話を書く。




僕は親しい人にはかならずこのはなしをする。







商社の営業だった僕は埼玉の取引先を回ったあと


関越道を使い都内に帰った。





練馬インターを出たあたりで


営業車のギャランのエンジンがガクガクしだした。





目白通りを走りながらディーラーを探した。




少ししたら


赤い手裏剣のマークが見えたので


ウインカーを出して入った。




こころの中で助かったと安心した。






「ここからの事は昨日のように覚えている。それくらい驚いたからだ。」







建物の中から出てきた男性は窓を開けた僕に近づいてきて



いらっしゃいませ!!



と明るく言った。





「関越出たとこからエンジンの具合がおかしいんです。見てください。」




そう言った僕に


手裏剣自動車の男は驚くことを言った。





「この車、うちで買ったんじゃないですよね。


買われたとこでないと修理できないんですよね。」









あたまにきた僕は


赤い手裏剣自動車を出て


その前からJAFを呼んでレッカーで移動させた。






そんなバカなと思うだろうが


嘘ではない。







こちらが困ったときにこそ


その企業の本質がわかる。








案の定


あの手裏剣自動車は

リコール隠しや


不具合の事故を運転手になすりつけた件で


世間に叩かれた。





系列企業の手裏剣トラックでは


外れたタイヤが親子連れを殺した。







手裏剣自動車のマークは



人を殺すための武器。



赤い色はユーザーや歩行者の


血の赤。






あの企業は


日本最大の人殺し組織だ。








あなたが死にたいならば



手裏剣自動車を買えばいい。



あなたが人殺しをしたければ



手裏剣自動車を買えばいい。








日本には


トヨタ


日産


ホンダ


スズキ


スバル


ダイハツ







まともな企業があるのに





なんで



赤い手裏剣自動車を選ぶの?








人殺しをしたいのかな?










いまから


15年くらい前の


一生忘れることのない感動した実話を書く。




僕は親しい人にはかならずこのはなしをする。





当時


長野に彼女がいた僕は


週末にはかならず


愛車クレスタを飛ばして神奈川県から駒ヶ根まで


走らせていた。





彼女に会う時間まで余裕があったので


駒ヶ根インターまでは行かないで諏訪湖あたりで降りて


下の道を走らせていた。






そんなとき


クレスタの具合がなんかおかしかった。




彼女を乗せてからなんかあるといやなので


通りかかったトヨタのディーラーに入った。





フロントの人は予約もなく突然きた僕に

笑顔で迎えてくれて

ピットの若い人を呼んでくれた。





15分くらいして


その若い人がやってきてクレスタの具合を説明してくれた。



オイルが減っていることと


ブレーキオイルが減っていること


など分かり易く説明してくれたので



「足しておいてくれませんか。」



と僕が言ったところ


「了解しました。」


そして15分後に僕のところに来て



「完了しました。」



僕がおいくらですか?



と言ったところ




「料金はいらないですよ。


ナンバーが横浜ですね。


旅行の途中でお寄りいただいてありがとうございます。」




そうはいかないと僕が言うと



「では横浜に帰られてもトヨタをよろしくお願いします。


安全運転で楽しい旅をお楽しみくださいね。」









もともとトヨタ自動車ファンだった僕は

そのことで自分が選んだ自動車に間違いがないと確信した。




このように困ったときにこそ


その企業の本当の体質がわかる。







僕はあの日のことは一生忘れない。








ありがとうトヨタ自動車。










07/09/2013    猛暑の対策



毎日暑いなあ…




今回は僕の猛暑対策を書く。




男性が暑さでイライラする要因で


意外と気づかれてないのは




男は性嚢に精液がたまると


暑さでイライラする!




ということ。





今朝も実行した山口薫流猛暑対策は



朝からセックス作戦!



まあ夏に限ってないのだが


早朝からセックスすると



① 体が目を醒ます。

② 運動になるり適度に汗をかく。朝のシャワーが爽やか。


③ 性嚢が空っぽになるのであたまスッキリ。


④ 愛がさらに深まる。


⑤ 性嚢が空っぽなので、昼間むだに体温が上がらす、性欲ないからアタマがクリアー。





モーニングセックスは猛暑対策として


秀逸なのだ。









朝の夫婦喧嘩なんて

旦那の性嚢が溜まっているからイライラして起こるのだ。




友恵とモーニングセックスしたあとは


まったくイライラしたりあたまにくることがない。






若くてきれいな妻をもつことは


猛暑対策にもなるのだ。







さて


今日もスッキリ!











新しい部屋は


かなり快適で


テレビは液晶


エアコンは新しく


キッチンは清潔





部屋から青空が見える。






ベッドに横になって

本を読んだり


世界の車窓からのDVDを流したり。






そして


新たな楽しみが


ポッドキャスト。





昼間きちんと働いていると


またむすび


が聞けない。




土日は


たまむすびの一週間分の番組





日曜日あさ10時からの


「安住紳一郎ね日曜天国」


の五年前からの番組を聞いている。





幸せの頂点を感じる。






ぜひ


たまむすびと日曜天国のポッドキャストを聴いてください。





冷房ガンガンのお部屋で。





07/07/2013    麻美ゆまさん




麻美ゆまさんが



子宮と卵巣の摘出手術をしたことを


自ら告白した。





麻美ゆまさんはきれいで元気満杯のセクシー女優さんだ。




癌は大腸にまで転移しているという。





若い女優さんの癌のはなしを聞くたび


ある女優を思い出す。





堀江しのぶさん。




当時彼女は太陽だった。





癌は若いと早い。





きついなあ…




人間はいつか死ぬ。



でも、もう少しだけいいことがあってもいいではないか!





ゆまちん



あなたの元気がうるさいと思ったりしたけど



はやく元気になって

もっともっとうるさくしてください。







今は回復を祈ります。














ブラックスワン



白鳥の湖の白鳥と黒鳥を演じるために


舞台監督に追い込まれ


オナニーまで命じられて


人格崩壊寸前までいく女性のはなし。



主人公の母親は舞台監督がそういう人間だと


知った上で彼女を鼓舞する。




アカデミー賞作品だ。








安藤美姫は


リアル ブラックスワン





安藤美姫がモロゾフコーチに預けられた時に


マスコミはモロゾフコーチの女性遍歴を書いた。




安藤美姫もモロゾフコーチの毒牙にかかるだろうと。





そして


安藤美姫は女として開花して世界一になった。





スポーツ選手でも一般人でも


男性にセックスで満たされていないと


美しさは出ない。





安藤美姫はベッドでの艶技をリンクでの演技に昇華させた。







ここからは僕の推理と疑問そして解説





まず日本国民に訴えたいのは


ロシアには貞操観念がないということ。


セックスするというのは日本国民が考えるほど


たいへんな行為ではない。



僕は公なコメントで立場の違うふたりが話しているのを聞いて確信した。



ひとりはロシアに詳しい某大学教授が


ラジオで


「ロシアの女子大生には貞操観念はまったくないですよ。


ちょっと知り合ったらすぐにセックスしてますから。」



次に聞いたのはボリショイサーカス団員からアダルト女優になった女性がインタビューで


「サーカス団員はみんな同じアパートに住んでますが


団員は毎晩相手を変えてセックスしてますよ。


ロシア人はそのあたりおおらかだから


もちろんわたしもそうでした。」






つまり


スポーツのコーチであるモロゾフが教え子に手を出すのは


ロシアではモラル違反でもなんでもないということ。


もともとモラルなんかないんだから。







つづく












ニュースで


いとうせいこうさんの


想像ラジオ


が芥川賞の候補になったと知った。






嬉しいなあ。





想像ラジオは以前書いたが


素晴らしい作品だ。





いとうせいこうさんも僕も51歳。




死ぬということに敏感になっている時に起きた



東日本大震災。





人間


死ぬのは怖くないものだ。




問題は


いつ


どうやって死ぬかだ。





災害は教えてくれる。




いいひとだから


とか


努力しているから


とかは人生の終わりには全く関係ない。





想像ラジオ




まずは書店で手に入れてください。






07/03/2013    感動のむきだし



Woman




見ていた。





満島ひかり



もうあれは演技ではない。




愛のむきだし


で僕らの魂を打ち抜いた彼女は


あれからたくさんの作品で主役を演じてきたが


一般の民衆へのアプローチがいまひとつだった。




いま彼女と同世代の役者


宮崎あおい


蒼井優


などが演技やイメージで限界にいるいま


あれだけ感情で役に化け


ふとした表情に見せる


怖いくらいの美しさ。






今回のドラマのすごさは


今回の一時間に


たったの一度も


笑いを誘う場面が無かったのだ!






父子家庭だった僕だからわかる。




僕は息子とふたりの生活で


笑う場面なんかなかった。







田中裕子の演じた


母親の演技やセリフもリアルだった。






僕も母親に同じことを言われた。





バカなドラマ全盛の時代に


骨太なリアルドラマだ。







また


愛のむきだしを見たくなった。







07/03/2013    引っ越し日


今日


引っ越し日



僕は四年半住んだ部屋を出る。




Qちゃんとも


二年半過ごした部屋だ。




昨年


友恵がこの部屋に来て


結婚して


いずれ引っ越そうと話していた。




この部屋にいると


片付けられてない独身男の部屋に無理やり二人で住んでいる感じだ。





次の部屋のテーマは

仕事帰りに女の子の部屋に立ち寄る雰囲気。



つまり


僕のニオイはしない部屋。






運勢を変えるには



転地


転職


転友


転姓




が必要だと言われている。






カンペキじゃないか!






今夜からは新たな


ハニームーンだ。













Qちゃんも


一緒に。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。