--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/31/2014    また起きた



北海道で女の子がいなくなった。






女の子がいなくなる。



公開捜査になる。



ほこらで見つかったり


家からはるか遠くでみつかったりする。





そして


報道がピタリと無くなる。







被害者保護の観点で詳しくは報じられない。




ひとりで歩いていたら


「誰か」


に連れ去られて


解放されたとは言えない。






しかし


現実には公開されないだけで


年間何人もの女の子がさらわれて


レイプされて


解放されたり


売り飛ばされている。





被害者のことを考えたらたしかに


ニュースでは扱えないだろうが




少なくとも女の子がいる親は


自分の娘には


そういうことが


普通に起きているということ


昼間でもひとり歩きは危ないということを


教え込むべきだ。







新潟で女の子を9年間拉致し性奴隷にしていた事件があった。





僕の育った駅に降りると


いまから40年前に塾の帰りにいなくなった


香ちゃんを探してください


というポスターや看板がある。



香ちゃんはいま40代だ。






北朝鮮による拉致


も大問題だが


日本国内でも女の子の拉致は


日常茶飯事に起きている。






あなたに娘がいたら


ちゃんと教えること。







あなたの娘が変態の性奴隷になってほしくなければ。







スポンサーサイト




山田べにこさんは



昨年に元 山田べにこさんになり



すぐに


かわいい女の子を授かりました。







あのステキなおっぱいは



赤ちゃん





旦那さん


のものになりました。






なんだか幸せな結末です。















神奈川県の僕は


毎週日曜日夕方4時

テレビ神奈川の番組


野天湯へGO



を見ている。






とにかく癒やされる。





自分ではその理由が解らないでいた。




先日日曜日


はじめて友恵と山田べにこさんを見た。





その時に友恵の口にした言葉に解答があった。








男性ならばうなずいてくれるだろう。





いちばん最初に女性に衝撃を受けて



そして


憧れた風景。





僕が小学校五年生の時に


僕には衝撃が走った。





クラスいちばんかわいい由美子ちゃんの


おっぱいが膨らんできたのだ!




体育のときに


まだノーブラの由美子ちゃんのおっぱいは
体操着から形がわかった。





水泳の授業では


真っ白なおっぱいの上四分の1が見えた。






そして


いちばん強烈な衝撃は




由美子ちゃんのランドセル姿だった。








山田べにこさんの顔は童顔で


話し方や動きは小学生だ。





野天湯の山田べにこさんには



在りし日の由美子ちゃんの姿が重なる。




体にはりつくシャツ


無防備な野外入浴



そしてランドセルではないが



リュックサック姿







僕は山田べにこさんを見て


忘れていた過去を懐かしんでいたのか?
















由美子ちゃん本人も


もう52






時間は残酷だなあ…








01/27/2014    赤ちゃんの泣く声



飛行機の中や


新幹線で


赤ちゃんが泣くことを


肯定するか


否定するか


という論議がある。






世の中で


一番赤ちゃんの泣き声を嫌う人は誰か?







その人たちの立場にたって考えたら



答えが出る。







世の中で一番赤ちゃんの泣き声を嫌うのは



赤ちゃんができない女性や



訳あって赤ちゃんを中絶した女性だ。






赤ちゃんを泣かしたままいる


母親の態度が


赤ちゃんを産んだ勝ち組が



「どうだ!」



と言っているように見えると


以前読んだ婦人雑誌に書いてあった。






近所の車の音に腹が立つのは


車を持っていない人だ。






赤ちゃんの泣き声に賛成出来ない人は


泣いている赤ちゃんに腹を立てているわけじゃない。




泣かしている母親に腹を立てているのだ。






赤ちゃんの泣き声に対して



「お互い様だからいいではないか」



という人がいるが


赤ちゃんのできない女性にとっては


お互い様ではない。





僕は飛行機や新幹線の中での赤ちゃんの泣き声は


反対の立場だ。





ただし


それは赤ちゃんや母親に対しての


反対


ではなくて


対応していない飛行機会社や


JRに対してだ。






昔の喫煙車両や女性専用車両みたいに


赤ちゃん車両を作ればいいのではないか?




一日に何本か


赤ちゃんが乗る飛行機や新幹線を設ければいいのだ。





































小林製薬が



「赤ちゃん泣き止みスプレー」


を出せばいいのに。








01/26/2014    ゼログラビティ



町山さんが絶賛していた作品



ゼログラビティ



見てきた。




サンドラブロック





ジョージクルーニー



しか出ない。






とにかくすごい映像だ。





見ていて息苦しい。



空気が薄くなる。





サンドラブロック



スピードではじめて観てから



かなり時間が過ぎているのに


驚くスタイル




それだけでも見る価値がある。





ジョージクルーニー


ハリウッドナンバーワン俳優のセクシーさ




オーシャンズ11見た当時



自分と同じ年齢だと知って驚いた。






かならず映画館で見てほしい。











今回


ふと気になったので調べたことがある。



金属バット殺人事件



二十歳の予備校生が

寝ている両親の頭を金属バットで叩き割り殺した事件だ。



犯人は僕と同じ学年だから


いまから31年前のことになる。





僕がこの事件を調べて驚いたことは



殺された父親はまだ

46


だったのだ。




東京大学を出たエリート



妻とは見合い結婚。





次に驚いたことは



犯人の次男は懲役刑なので


もう出所して20年近くになる。





僕がこの事件を知ったときの最初の感想は



「先にやられた!」








もし僕が彼のように金属バットを使ったとしても


もう世間に出て普通に暮らしていたのか?








結局僕は


一流にも


いちりゅうにも


なれなかった。









01/24/2014    エネルギー交換



今朝も友恵のコンセントに


僕のプラグを差し込んで


気エネルギーの交換

をしてきた。





いま考えると



僕がツインソウルの友恵と繋がるまでにしてきた


数多くのセックスという行為が


かなり滑稽な行為に思える。






海外に日本の電気製品を持って行くと


コンセントの形が違って入らないことがあった。




プラグとコンセントがあわないのだから

エネルギーは得られない。






確かに人間の男性器や女性器は


よほどでなければ合体できる。





しかし


ツインソウルのプラグとコンセントのような


気エネルギーの交換は行われない。






僕が友恵にあうまでしていた


セックス





いまツインソウルではないカップルがしている


セックス


風俗店で行われる


セックス





なんと滑稽なんだろう。




悲しく


さみしく


バカらしい


お笑いだ。





多くの男性が妻を見て


「この女じゃなかったよ」


と思い


多くの女性が旦那を見て


「こんなはずじゃなかった」


と嘆いている時に



ツインソウルの友恵と過ごす穏やかな時間。







このブログに


ツインソウルと出逢えた方からのコメントが来るようになってきて


すごくうれしい。






親が子どもに教える一番大切なことは



ツインソウルと結ばれなさい。



ということだと確信する。







結婚とは


試練でもなく


ふたりで幸せを築くものでもない。





ツインソウルといれば


それだけで幸せなのだから。













友恵と暮らして一年ちょっと



僕の生活にリズムが生まれた。





なんて書くと楽しそうだが


現実は逆だ。




友恵が生理の時は


僕も具合が悪くなり


友恵が排卵日には


僕も変調する。





つまり


音叉のように


ツインソウルの片方の調子が


もう片方にうつるのだ。






ある意味


僕は男だが生理があるのだ。






だからここ数日


ブログどころではなかった。




とにかく


体がだるく


疲れやすく


昼間から眠たい。





股間から血が出ないだけましかもしれないが


かなりきつい。





今日、僕はさわやかだ。




そう


友恵の生理が終わったのだ。






まさに


ふたりはひとつ


を体感する現象だ。









相模大野にゴーゴーカレーが出来たので

先日友恵と食べた。


金沢カレーという種類らしいが


独特でおいしかった。




そのゴーゴーカレーのとなりに


デビット伊東がやっているラーメン屋


でびっと


がある。




デビット伊東とポスターに写っているラーメンが


かなり旨そうなので


次回来ようと考えていた。



デビット伊東の自信作と書いてある。


写真には背脂も浮いている。



期待してしまう。





今日


友恵は仕事で僕ひとり留守番。





ならばと


でびっとに来た。





僕は初めての店に入る前にかならず行うことがある。



店員を呼んで聞くのだ。




「このポスターのラーメンはどれですか?」



そのものずばりを頼みたいから聞く。




でびっとの女性店員は困った顔で



「そのラーメンはいまはメニューにはありません。」





ポスターにあるような


背脂や糸巻きチャーシューは今はないという。






無いならポスター変えろよ…









KARAの


ニコル





ジヨン



が卒業する。




僕は韓国には行ったことはない。




韓国映画は好きでよく見るし



韓国人の知り合いもいるし



町山さんも韓国人でとても頭が良くて



心根がみな優しい。




僕がKARAを好きになったのは


テレビ東京のドラマから。




みんな一生懸命なんだよなあ。



とくにスンヨンには心奪われた。




KARAに会いたい


スンヨンに会いたい

サインがほしい!




と常に願っていたら


友恵の友人の韓国人の方から


KARA全員の直筆サインが入った


韓国でのプロモーショングッズをいただいた。




ハングルなので何が書いてあるのかは判らないが


一生の宝物だ。






ハンスムという言葉が韓国にはある。



ため息



という意味らしい。




五木寛之さんの本に書いてあったのだが

日本ではため息はついてはいけないという教えがある。



僕もそう教わってきた。




五木寛之さんによると


韓国ではつらいときにはおもいっきり泣き



いやな思いはため息と一緒に吐き出す。



去年はじめにこの


ハンスム


を知ってから、


ため息を吐きたいときにはため息をつくようにした。




そうしたら


体には良いことが判った。





嫌な思いはお腹に溜めてはいけない。



おもいっきりハンスムして



仕切り直しをすればいい。






だからKARAに



おもいっきりハンスム!






ニコル


ジヨン


いままでありがとう。












ハア~。











私たちは


週一で貴重な時間を過ごしています


束の間の別れではなく


束の間のエネルギー交換です


何気なく


「ここでバイバイ」

と、言った私に ツインが


「なんかバイバイって寂しいよ」


と、言いました。



まっすぐな気持ち


離れ難い感覚 大切です



薫さん


私の拙い文章でよければ


公開していただいても大丈夫です。



恥ずかしいけど こんな人も居るんだと、

ツインってこんな感じなんだと、


共感して貰えたり


何かを感じ取っていただけたら 嬉しいなと思います。



今日はツインファンの娘の誕生日です


娘、


息子、


ツインと私で


買い物に行った先の店員さんに


「癒される家族」


と言われて 満たされた気持ちでいっぱいの今です



「つかの間の別れ」へのコメント

Posted by はる

14/01/14 23:47:00







気持ちいい の


その先が


死ぬー


って、わかりました


3日前に 初めて知りました


エネルギーのおかげなんですね



「コンセントとプラグ」へのコメント

Posted by はる

14/01/13 19:52:19








はるさんありがとうございます。





01/16/2014    伝えたいこと






安部譲二さんがニッポン放送の番組で力説していた言葉がある。




「女の子はお金や財産なんか持っていなくても


女の子というだけで狙われているんだよ。」





もしあなたに娘がいたならば


この言葉をかならず伝えてください。





それが年頃とかは関係なく


幼稚園だろうが


小学生だろうが


親から見て可愛いとか可愛くないとかも

全く関係ない。






はじめてのおつかい


という番組がある。




あの番組を外国人が見たらビックリする。



外国ならばあの子供は誘拐されるからだ。



持っているお金は奪われ


子供は売られる。



日本人の女の子は高く売れる。







ここからは詮索しないで読んでほしい。



よく、このあたりは犯罪もなくていいところなのに、


というインタビューをよく聞く。





だから犯人は車でやってきて


ひとりでいる女の子を車に押し込んで連れ去る。






何日か何ヶ月かして女の子は解放される。




犯罪の内容が内容なだけに


報道規制が起きて


マスコミからはその事件は無いものとなる。






妻の友恵は日本海側の地方の人間だが


子供のころから変質者につきまとわれたことが何度もあるという。





「ファイト!」の著者


武田麻弓さんは子供の頃不審者にレイブをされている。







あなたに娘がいたならば



小学生だろうが


中学生だろうが


身体目的の変質者にとっては


獲物


なのだ。





犬の散歩や



近所の買い物でさえ


ハイエナにとっては鳥のヒナがうろうろしているようなものだ。















01/15/2014    警察 裁判




警察が捜査をして


犯人が捕まると


裁判が行われる。





裁判が行われると


被害者と事件の内容が明らかになってしまう。






こういう事件は


被害者のことを考えると


かえって警察は動けないのだ。










はるさんから友恵への手紙。






友恵さん


よかったです


友恵さんが薫さんに出逢えて。



私もツインに出逢えて


本当に涙が出るほど嬉しく思います


私を見つけてくれて ありがとう。



カルマ、


沢山ありました。


まだ、あります。


でも、


もう大丈夫です。


半分じゃないから。


これから環境整備です。


人を傷つけてしまうかもしれません


裏切りと思われることもあるかもしれません


それでも、2人で一歩ずつ


ゆっくり進もうと思います。


言葉では約束なんて要りませんでした。


生身の身体になる前に約束してたんですね


後から知りました。


やっと出逢えた喜びは


身体の方がよくわかっていました。


つい最近、


満足感のその先があることを


初めて知りました。


多分向こうもそうですが


何十歳か若返った感じです。



この感覚はツインじゃないとないですよね。


文章に出来ない程の感覚だったので


こちらに書いては消し


書いては消し…


ツインとの話は決して美談ではなく


リアルな至福ということ。


わかって貰いたくて

誰かに読んで貰いたいけど


表現出来ないから


薫さんの文章を見て

安心している私が居るんだと思うんです。



何度も言うけど、


生きててよかったです。お互いに。




「山口友恵のホワイトボックス 人生の目的」へのコメント



Posted by はる


14/01/13 19:49:02









01/14/2014    つかの間の別れ


毎朝


僕の方が早い時間に家を出る。




実はこの時間がいちばんツラい。




こんな歳の男でこんなことをいうと


おかしく思うだろうが


ツインソウルの友恵と


束の間でも離れたくないのだ。





ふたりとも休みだった昨日は



少し朝寝をして


友恵をマッサージして


タップリセックスして


相模大野に買い物と食事に行き


帰ってきてからは


高校サッカー決勝を見ていた。



サッカーが終わったならば


またゆっくりとセックスをして


晩御飯を食べた。





なにをしている時でも


お互いに身体をさわっているし、


いつもふたりニコニコしている。




確実にふたりでひとりなのがわかるのだ。





だから


仕事の日には


夜には逢えることがわかっているのに


すごく悲しいし場面になる。







普通の男女ならば


結婚するまでは


どうにかして彼女に会おうと努力して


結婚したならば


どうにかして嫁と一緒にいないようになる努力をする。





しかしツインソウル夫婦は


今まで逢えなかった時間を取り戻すように


常に一緒にいようとする。







いまこれを小田急で書いているが


友恵に逢いたくてしかたない。











追伸


はるさんへ


コメント素晴らしいので


載せたいのですが


よろしいですか?



人生の目的




『たった一人しかいない自分を


たった一度しかない人生を



本当にいかせなかったら


人間生まれてきたかいがない』




私が小学校を卒業するときに


恩師から頂いたメッセージです。




ずっと


何のために生まれてきたのだろう…



と疑問をもって生きてきました。





家族といても


いつもなんだか心が寂しく


不安定な自分がいました。




ツインソウルに出逢えてやっと



生きている意味



自分がいかされてる実感がわかりました。





今ツインソウルに巡りあえていても



一緒にいられない人




ツインソウルに会いたいと思っている人


沢山いると思います。





でも、


会ってしまったらもうどうしようもありません



お互いに離れられなくなります。




それと、


スムーズに結ばれる環境にはなかなか


ないことが多いのです。





私は大切なものを神様に天秤にかけられ

試されました。




ツインソウルと結ばれる為に


乗り越えなくてはならない


最大の試練を与えられました。





今まで私が生まれ育った環境



家族



友人



仕事







お金



全てを置いてでも



ツインソウルと一緒になのか



ということ。




私の心は引き裂かれる思いでした。




それでも私の心は



何年かかるか分からないけど、



必ずツインソウルと一緒になりたい



と叫んでいました。





薫さんのところにくるまでには



沢山の「魔」もきました。




人がよい方向に向かおうとするときに



必ず魔は来るよと薫さんから聞いていました。



それも一番身近なところからと。



私達は離れているときは



いつも祈っていました。



本当に怖い体験もしました。




だけど、


ツインソウルの愛の力に勝てるものは


どこにもないのです。




自分にとって最大の唯一無二の


存在なのですから。




この愛のエネルギーは全てを幸せにします。




まずは自分が幸せかどうかという事です。



2014年


沢山の愛のエネルギーが道溢れます様に。














01/12/2014    コンセントとプラグ



コンセントは壁にある電気を供給する場所。



プラグはコンセントに差し込む電気部品





ツインソウルのカップルならばわかってもらえる感覚。





僕は毎朝


友恵の脚を入念にマッサージをする。




そうすると


友恵のからだが暖かくなる。




パジャマの下を脱がして


友恵の下の唇にキスをする。




すると


僕のロドリゲスが硬くなり


プラグに変身する。



ピンク色の果実をくわえて


舌で転がして


コンセントを確認して



プラグをコンセントに差し込む。





実はこれはセックスではなくて


僕のエネルギー充填なのだ。





ふたりとも動かず


じっとしていると


プラグとコンセントが会話をはじめる。




友恵の真っ白な乳房を手のひらでまさぐると


友恵のコンセントはプラグを締めつける。






ツインソウルのセックスに


派手な動きは必要ない。





僕のペニスと友恵のおまんこは



ツインソウルが肉体的に一体化するための



プラグとコンセントなのだ。




このプラグとコンセントにより


エネルギーと気がお互いを行き交う。









僕には言える。




僕が友恵以外の女性としてきたセックスは



そして一般のツインソウルではない男女のセックスは



ツインソウルがしている



真のセックスを真似た偽のセックスだと。






ツインソウルのセックスには



過度なテクニックや


派手な動きや



アクロバティックな体位は必要ない。






プラグをコンセントに差し込むだけでいいのだ。
































僕と友恵は手をつないで眠る。






僕はいままで


数多くのいろんな女性と眠ることがあったが



ふたりで並んで眠るのが苦手だった。



真由美とも五年以上暮らしたが


別に寝ていた。





ツインソウルの友恵と出逢ってから


わかったことはたくさんあるが


夫婦は一緒に寝た方が良いというのは


間違いであり


正しくは



ツインソウルの夫婦は一緒に寝た方が良い!



なんである。






ツインソウルの友恵と手をつないで眠ると



夜中にエネルギー交換が行われるようで

お互いスヤスヤ眠れる。






ツインソウルではない


偽物他人夫婦が同じ布団に寝ようとすること自体


無理があるだろう。


違う血液型の血を輸血しあうようなもんだ。








ツインソウルとは


バロムワン


なんだと思うのだ。







01/11/2014    ツインソウルの認知

ツインソウルの僕ら夫婦





妻の友恵は



二年前にこのブログで僕を知り



セキセイインコのQちゃんの導きで



僕と出逢い



その日に肌を溶かし合い



運命の相手だと確信して



離婚をしてきて



いま結婚をしてふたりで暮らしている。






僕にとって


一連の流れには


なんの不思議もなかった。






妻の友恵は


娘時代から



「自分には運命の人がかならずいる!」


と確信して生きてきた。





僕らが何も疑わず


何も悩まなかったのはなぜか?




ツインソウルのことを知っていたし


信じていたからだ。



ツインソウルだけが感じることの出来る


肌感



を味わってしまったからだ。






さて


もし


ツインソウルという概念を知らない人が

ツインソウルに出逢ってしまったならば


?????



が無限に続くだろう。




「いったいこの感覚はなんなんだ?」



「このひとはいったいだれなんだ?」



「このひとに強烈にひかれるのはなぜなんだ?」



となるし



もしセックスをしたならば


その強烈な肌感やえもいわれぬ


例えようのない快感に


多幸感と驚きを知るだろう。




「今まで信じていた幸せ感やセックスの快感は嘘だったのか?」






ツインソウルの前には



理性や


社会観や


倫理観や


異性観や


夫婦観や


セックス観や


宗教観や


恋愛観や



なによりも人生観が変わるのだ。






しかし


おそらく多くのひとは


せっかくツインソウルに出逢っても



それまでの人生で築き上げてきた


人生観や恋愛観や社会観に阻まれて


ツインソウル


との生活に踏み切れないだろう。




せっかくツインソウルに出逢えたというのに



「偽物の配偶者」





「偽物の恋人」


の存在を選ぶかもしれない。





とても悲しいし


もったいない。





なんのために人は生まれてきたのか?







二年前


僕はQちゃんの死を悲しんでくれていた

ブログ読者に会うために


Qちゃんの骨と一緒にかなり遠方の女性に挨拶に行った。




事前にメールで友恵の年齢も


人妻ということも

性的なことは嫌いだということも知っていた。




僕は友恵の情報を聞いて


行くのをやめようと思ったが


「行ってほしい。」

というQちゃんの声を信じて友恵に逢いに行った。





逢った瞬間にお互いに


運命の人だとわかった。




その日は一日中二人は笑っていた。




夕方僕の泊まるホテルで


服を着たまま長い時間抱き合い


気がつくとお互いに

全裸になり


肌を溶かし合い


なんの隔てもないまま一つになった。




そのときに感じた不思議な感覚。




温かい羊水の中でぷかぷか浮かぶ二人



一つになった時に感じた背骨が溶ける感覚




まさにツイン(双子)なのだ。




それからの流れはご存知の通りだ。



ツインに逢ったならば


流れに逆らわないように。






ツインソウルという存在があることが


世界に認知されるように


ツインソウルとの結婚が当たり前になるように。





なんとか力になりたい。





Qちゃんはそれを伝えるために


セキセイインコになって現れたのだ。






01/08/2014    レバーカツ








名前で買ってしまった。












すごくうまかった!













町田駅に電車が近づいたら



前にまだ電車がいました。









01/08/2014    過去の自分への客観視



僕にしてはかなり珍しく


風邪が長引いている。




コメントありがとうございます。



はやく元のからだにしなければと思います。



Keyさんの書かれているように


からだのなかからあらゆる


悪いもの


が鼻水になって体外に出ているみたいです。






そして



心でもそれが起きています。




いま苗字が変わりリニューアルした僕の心は



前の自分を


「別の人間」


として客観視しだしている。






感覚としては



いまの僕が


他人である


過去の自分の心の中にある日記帳


を開いて読んでいるみたいなもの。






ツインソウルの友恵の話を聞いていると

半分は友恵の人生


半分は自分の人生


として


半分客観視しているが





いま過去の自分の人生を振り返ると


かなりの割合で


他人の人生を観ている感覚だ。






だから


過去の自分のことや

親のことを


思うとき書くときにでも



客観視している。






客観視の重要性は


なにかというと



「後悔」が無い


ということ。





自分のことだとすると


どうしてあのときこうしなかったのか


との後悔に悩まされるが




他人の日記帳を読んで後悔することがないように


いまの僕には後悔感覚がない。






過去の僕は


もう他人だし



僕の両親はすでに


隣町の嫌な夫婦だ。





解脱であろうか。





いまふとした瞬間に


他人となった過去の自分の日記帳が開く。




僕はその日記帳をまるで小説でも読むように読み



このブログに感想を書く。







精神的には健康に向かっている。







01/07/2014    人間の縦糸と横糸

ひとりの人間が存在するには


布地でいう


縦糸と横糸がある。



ツインソウルのような時空を超えた関係が


縦糸ならば



血脈は横糸なのだ。




馬柱というものがある。



競馬新聞をみるとその馬の名前の下に


父馬と母馬の名前がある。




なぜ人は競馬にひかれるのか?




それは競馬がブラッドスポーツだからだ。




いい血統の馬からは


素晴らしい競馬馬が産まれる。




もし努力や根性で脚がはやくなるならば

馬柱には意味がない。




競馬を行う人も


競馬に賭ける人も


血脈を追いかける。



競馬馬に乗る騎手だって


騎手学校に入るときには


両親を調べる。



身体が大きくなっては困るからだ。






さて


なぜ皆が


小説 永遠の0





映画 映画の0


に感動するのか?






この作品はまさに


男の体を流れる





がテーマだからだ。




映画では三浦春馬演じる、弁護士試験に落ち続けている青年が


若くして特攻隊員として亡くなった母親の実の父親の人間像を探し求めて行く。




この青年の母親には存命する弁護士の父親がいるが


その父親は母親の母親が再婚した相手だ。





映画の中でもしかしたら僕だけが心にのしかかった場面がある。




弁護士試験を落ち続けている青年に


存命している祖父が


「弁護士試験、頑張れば受かるぞ。」




というような言葉をかけたときに


三浦春馬演じる青年はあることを口にしようとして


やめた。




「僕はおじいちゃんの本当の孫じゃないから、優秀じゃないんだよ…」






この場面キツかった。




僕は人生で何百回、何千回


心で叫んだろうか!!





僕の母親はその母親が再婚した家に連れ子で入った。



その男性は知力体力人望


そして優しさ


すべてにおいて他より抜きんでていた。



一代で会社を大きくして


地域にも貢献した。



連れ子の娘にも人一倍面倒を見て


血の繋がらない孫(僕)を大変に可愛がってくれた。





立場は三浦春馬演じる青年と同じだった僕は



勉強も運動も端から見ても抜きんでている


母方の従兄弟たちと比べられ続けた。




誰にか?



僕の母親に常に言われ続けた。



向こうの爺さんは土建屋だけど


薫の本当の爺さんは

京都大学の偉い人なんだからね。





僕は産まれてから40年以上



この京都大学の偉い人という亡霊に悩まされていた。






永遠の0の青年は



自分の本当の祖父が


卑怯者と言われていた評判ばかりなので

嫌になってくる。




何が嫌なのか?



祖父の評判が悪いのが嫌なのだが


本当に嫌なのは



「その卑怯者の血が自分にも流れているという事実」


が嫌なのだ。






この作品は岡田君が演じる祖父が実は


勇敢で男らしく


皆に慕われて


いまでも皆に尊敬されていることがわかり



青年は自分の身体のなかに


その勇敢な祖父の血が


いまでも自分のなかに脈々と流れていることを


誇りに思うことで結末を迎える。






もし


遺伝や血脈が自分には関係ないならば


どうしてこの青年は祖父の評判や評伝で

悲しんだり


誇りを持ったりするのだろうか?





人間とは魂としての

人生の流れ



そして


遺伝子としての


血の流れ



がひとりの人間を作り上げているからだ。






大沢幹生に向かって

血が繋がっていなくても永年一緒にいたのだから云々と言うバカがいるが


血の流れはそんなものではない。





いまこの時間


隣に寝ている友恵と感じるツインソウル同士の魂の繋がり







血縁者だけが感じる心の繋がり。




永年一緒にいても取り違え兄弟はやはり他人なのだ。





人間は馬よりも高等動物だ。



だから尚のこと血の与える影響は大きい。






今から十年くらい前に


何をやろうと


何を頑張ろうと


従兄弟たちに勝てなかった僕は


京都大学の偉い人であったという本当の祖父に謝りたい、


出来たらその祖父の人間像に触れてみたいと思い


母親に祖父のことを聞いてみた。




それまではあちらの家庭に迷惑がかかるから、と言われていたので母親には聞かなかったが



八方塞がりだった僕はせめて墓参りだけでもしたいと思い


祖父の名前や住まい、墓のある場所を母親に聞いたのだ。






なかなか教えてくれなかった母親がようやく口にした言葉は

僕を愕然とさせた。





「そんな人はいない。」






母親にはそんな偉大な父親はいなかった。




母親は娘時代のあるころから


自分の母親に何度も何度も自分の本当の父親について聞いた。




しかし僕の祖母は最期まで明かさなかったそうだ。





ならば


僕が子ども時代からずっと聞かされていた


京都大学を出て


京都大学の偉い人になった


母親の本当の父親とは


いったいなんなのか?





母親が連れ子にいった家の義理の父親は


かなり優秀であり


母親のあとに産まれた兄弟も


飛び抜けて優秀な弟たちだったのだ。





どんなに頑張っても弟たちに勝てない母親は


自分の心の中に理想の父親を誕生させた。






そこまでならばファンタジーでいいのだが


その架空の父親はやがて母親の頭の中で実物となり


あろうことか


息子(僕)に対して



あなたの本当のおじいちゃんは京都大学を出て京都大学の偉い人になったのよ。


あなたにはその血が流れているんだから


あんな土建屋の従兄弟たちに負けるわけがないのよ!



あなたは出来損ないなのよ!




と罵倒し続けていたのだ。








そのとき


僕の中にいた偉大な祖父は死に



目の前にいた母親は

哀れな他人になった。





血脈がぶちっと切れた音がした。








ある意味


僕は永遠の0という作品を


まっさらな感覚では見ていないと思う。



だからこそ


僕だけの永遠の0なのだと思うのだ。











男の中に血が流れている限り


不可能は無い。



デズモンド バグリィ









僕のいままでの普通の恋愛や同棲や結婚と



友恵とな生活の一番の違いは



会話の量。






我々はとにかく話をしている。



まるで今まで無人島にいた人間が


言葉が通じる人に出会ったかのように


話ばかりしている。




僕は友恵の話



とくに僕に逢うまでのいろんな話が大好きだ。





友恵の子供のころのことや


友恵の地元のこと




何よりも好きなのは

友恵の恋愛の話。





夫の僕が言うのも変だが


友恵はとにかく美人なのだ。





顔立ちやスタイルは

松下奈緒に似ている。





そんな友恵だから、地元でもとにかくモテたようだ。




当時の彼氏の話や


デートの話


そしてセックスの話など


聞いていてなんだか楽しくなる。



「僕のツインソウルは楽しい青春を過ごしていてくれたんだ。」





まるで映画を観ているような気分になる。






それだけ素晴らしい女性が自分のツインソウルであり


いまはいつもとなりにいてくれる。







僕らの会話ではかならず話題に出るのが

死んだあとのこと。






僕が先に死んだなら

魂となった僕はQちゃんとふたりで


友恵の肩に乗って


いつも友恵を守る。





友恵が先に死んだなら



僕はすぐに死んでQちゃんに乗って


友恵に追いつく。







死んだならどうしようか


とか


次はどこに生まれてふたりでどこに住もうか


なんて話も楽しい。








ツインソウルとは


天上で一つの魂が二つになった存在だ。





僕は思う。



魂のきれいな上澄みは友恵になり



下の濁った部分が僕になったのだ。








恋愛とか血縁とかとは違う



他者の入る隙間もない関係



それがツインソウル。



































夜中



隣に寝ている友恵の寝顔を見て



「こんな美人が自分のツインソウルなんて…」




とあらためて感謝する。









Qちゃん


友恵を見つけてくれて


ありがとう。










01/06/2014    回復力



新年に入ってから


風邪なのだ。





くしゃみ


せき


鼻水



が治まらない。





歳をとるということは


回復力がなくなってくること。






これからの人生


身体の具合が悪いのが普通の具合になる。





ゆうべ


歯が抜けた。





糖尿病がすすんできている証だ。







人間(じんかん)五十年を超えて



自分の老いとの戦いになる。













僕がどうしてこんな読むに耐えない家族のことを書くのか?





僕の父親も


僕の母親も


ツインソウルでもない適当な相手と結婚したからだ。





いまの自分の境遇は

過去の彼らが選択した結果だ。






僕も過去にツインソウルではない女性と結婚した。



そして破綻した。






僕はツインソウルに出会えていない人にお願いがある。




ツインソウルでない相手と結婚するというならば


子供を作らないか


もしくは子供のことを考えて遺伝子の良い相手と結婚してほしい。







僕は母親に言った。



結婚相手は誰でも良かったのならば


遺伝子の良い男を選んで欲しかった。







どうしてもこの人と結婚したかった


と言うならば子供は何も思わないはずだ。






誰でも良かったなんていう男を


尊敬できるわけがない。








01/05/2014    殺したい息子



僕の父親からみても


ひとり息子の僕は殺したい存在だろう。





僕には尊敬する男がいる。




母親の弟、つまり僕の伯父さんだ。




頭が良くて


活動的で


仲間もたくさんいる。





僕のことを、嫌いな姉の息子にも関わらずとても大切にしてくれた。






理想の父親像だ。





僕は父親に言ったことがある。





あの伯父さんが本当の父親だったらなあ…






それを言われた父親は僕に何も言えずにいただけだった。





そのあとも



僕が二十歳を過ぎた時に



父親に対していかに男として嫌いかという理由をたくさん書いた手紙を送った。





もし僕の息子がそんなことをしたら


半殺しにする。







しかし腰抜けな男は何も言ってこなかった。












ここまでならばみんなも山口薫はひどい奴だなあ!



と思うだけだろう。






しかし


糞男である父親は僕の知らないところで反撃をしていたのだ。






今から数年前


母親からそのことを聞いたときには


両親二人を殺そうかと思った。






今から十年以上前に


父親は伯父さんをわざわざ地方から呼びつけて



「薫があんな人間になったのは


お前のせいだ!


お前のせいで家族はバラバラだ。


もう薫には近づくな!」




と言って土下座をさせたというのだ。










あるときから伯父さんと連絡が取れなくなった理由。




それがこんなにも糞なことだったのだ。






自分の息子の面倒をみてくれている親戚に対しても感謝さえできない器の無い糞男。






僕はあの糞男に会ったならば冷静でいる自信はない。








01/04/2014    調査結果でびっくり!



ここ数日で



びっくりする調査結果を見た。






ひとつはNHKが


キチンと調べた昨年の地上波テレビ番組調査だ。




ドラマ好感度の


一位は半沢


二位があまちゃん





他局だがすごく誉めていた。




ちなみにコメンテーターは



テリー伊藤


関根勤


すずきおさむ


ユウ


千原ジュニア


大根仁





驚いたことに


モテキの大根仁監督がNHKに出ている。





僕が驚いたのは


バラエティーの好感度順位



一位はアメトーク





そして


二位はなんと



マツコ有吉の怒り新党






ダウンタウンやら



ナイナイやら



とんねるずやら



が手下を集めてくだらないことをしている


バカバラエティーはやはり好感度は低くて



アメトークや怒り新党みたいに



キチンとトークをしている番組が



一位二位だ。





怒り新党が始まった時には



まだまだ色物だった


おかまのマツコと


ブレイクしていない有吉



そしてコンドーム事件で日本テレビを半ばクビになった


夏目の三人が深夜に真剣にトークをしていた。




初めから見ていた僕はすごくうれしい。













さて



本題はここから。





夫婦間のセックスレスをまじめに研究している研究機関が発表した調査結果の中に



「夫婦間以外の相手との性交渉の割合」


という調査があって


セックスレス夫婦間における





の夫婦間以外の性交渉割合は



現在も続いている


6%



現在は続いてないが過去にあり


37%





まあセックスレスだから


と思うだろうが



問題は次の数字だ。





セックスレスではない夫婦間における夫婦間以外の性交渉割合は



現在も続いている


3%




現在は続いてないが過去にあり


40%







つまり



セックスを普通にしている夫婦間でも



妻は約二人にひとりは



旦那以外とセックスをしているんだね。



もちろん結婚後であるよ。






へんな興味本位の調査じゃないからびっくりだね。






嫁さんいる人は今夜聞いてみてほしいなあ。





怒らないから教えてって、













01/03/2014    鎌倉散策





今日は朝から


ふたりで鎌倉散策





三が日だから


どこも満員!











ツインに聞いてみました



空間が心地いいそうです


確かに、


他になにも要らない感じ


ちなみに今年のテーマは


良い意味でも


悪い意味でも





だそうです



とにかく


よく働く人なので


快眠を沢山、


一緒に出来たらいいな



私の今年のテーマは




です



温泉、


沢山行きたい♪



それと


冷え症で


生理不順だった私が

ツインとエネルギーの交換をしてから


冷え症はなくなり


定期的な周期で


生理がくるようになりました



身体が温いんです


生理前の詰まった感じの頭痛も なくなりました



医学的根拠はなくても


身体が喜んでるのがわかります



そして


心もあたたかい


温厚とか言いますよね?


その、


温かなーって


なんだかツインの寝にも


繋がる感じ



くっついたら


寝と温とHだから(笑)




「ツインソウルとの生活」へのコメント



Posted by はる


14/01/02 04:30:22







幸せが伝わったきますね。



今年もよろしくお願いします。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。