--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「薫さん


ご無沙汰しています


早速、レンタル屋で借りてきて


46巻 読みました。


マヤが真澄さんに


台詞で気持ちを伝えるのですが


その台詞が


心に染みます!



その箇所だけでも


ツインを感じている方には


読んでもらいたいです。


号泣~(T_T)




ガラスの仮面の作者は


この台詞や紅の天女の台本を


考えられるなんて神業?!



ツインを知らなければ


描けないと思います!


今でこそ


ツインの話をする人たちは


珍しくないけど


ガラスの仮面が出た当初は


今から


20年?


30年?


前なんですもの



ツインに出会ってる方や


これからの方にも46感だけで良いので


読んでいただきたいです♪



「ガラスの仮面 46巻!」へのコメント



Posted by こころ



14/07/31 15:08:36





こころさん


ありがとうございます。








スポンサーサイト







「すもうとスマホ


なんか似ているな。」







「似てない!」










女子高生



「介抱と解剖


なんか似ているな。」










ぐったり…











07/31/2014    360°



「こんにちは。


いつも楽しく読ませてもらっています^^


実は、


私もツインソウルについて調べていて


薫さんのブログに辿り着きました。


わたしの場合は、


見つけた!


という感じで、


この不思議な感覚なんだろうー?


て思ってたら、


友達が偶然


ツインソウルについての教えてくれて、


そうか!



て納得した感じです。



ただ、


まだ出会っていなくて、


お相手には確認していないので


何とも言えませんが?


ただ、


そのことに気づいてから


止まっていた自分の時間が


急速に動きだしました。



まだ変化の途中ですが、


このままいくと


180度自分の人生が変わりそうです。



そして、


自分の力が及ばない

不思議な偶然が何回も起こって


見えない存在に導かれている感じです。


いつもブログを拝見させていただいていて、


勉強になるところがたくさんあります。

きっと、


出会ったときに、


分かるのかな?





今はお相手との出会いを


楽しみにしています^^」


「鑑定の要不要」へのコメント

Posted by ひつじ

14/07/30 17:40:08






コメントありがとうございます。










むかし


真由美と同棲していたときに


甲子園の時期になると


彼女は広島の強豪校を応援していた。



「あれ、真由美はその学校出たの?」



真由美は答えた。



「ちがうよ。地元だから。」



「地元って市がちがうじゃん。」



「地元広島だからだよ。」






むかし出張で地方にいくと


頑張って○○高校球児


なんて垂れ幕があるから



あの高校はこの土地なんですか?



と聞くと



「いんや、おなじ県だっぺ」



なんて言われる。





地方になればなるほど



地元の面積が広い。





さて


昨日神奈川県大会決勝で


東海大相模が優秀して


甲子園出場を決めた。






僕の使う駅は東海大相模の最寄り駅だ。



僕はこの街に10年以上住んでいて



東海大相模が何度も甲子園出場して



その間に全国優勝をしたこともあった。





しかし


街は甲子園開催中も


全国優勝しても



なーんにもなかった。




頑張って東海大相模


なんてポスターは


唯一スポーツ用品店に貼ってあっただけだ。







娯楽のない地方では


縁もゆかりもない高校も


県が同じとゆうだけで


熱狂的に応援し





娯楽の多い土地では


甲子園出場や


全国優勝さえも



どこかの町内会の野球大会レベルの関心だ。







僕は真由美に言った。




「広島の人はすごいなあ…


出身高校でもないのに興奮出来て。」



真由美は言った。



「あなただってもし自分の高校が甲子園出場したら


興奮するわよ!」





僕はそうかもね


と答えた。






その大会には日大三高は


もちろん出ていた。











メジャーリーグに渡っていた


和田投手が初勝利を上げた。







僕は今まで


俗に言う


握手会


に行ったのが二回ある。





初めて行った握手会は



当時も今も大好きな


仲根かすみ さんだ。





当時、ダントツに美しい女性だった。



生の仲根かすみさんを見たかった僕は


DVDを購入して渋谷に握手会に行った。





3Dで目の前に現れた仲根かすみさんは


美しいという言葉を


一万回言ってもまだまだ足りないくらい


神々しい光に包まれていた。






そしつ


仲根かすみさんは


引退して


和田かすみさんになり


お子さんを産んだ。





和田投手、かすみさん



たいへんだったけど

おめでとうございます。









ちなみに


もう一回の握手会は


多摩川競艇であった


浜田翔子はましょー


の握手会でした。












人生もセックスも


生にかぎる!



山口薫







自分が好きなアイドルとかがいたら


握手会とかに行くべきだよ。




生で素敵な女性に会ったならば



女性の美しさの基準が決まるから。




友恵は仲根かすみさんタイプなんだよ。





07/29/2014    鑑定の要不要



友恵に久しぶりにあって


家に送ってから


いつも通りに会社にいる。




なんだか落ち着く。



友恵を見ると


鏡に映る自分を見ているように


落ち着く。







「子供も一緒に行けるのなら、行きたいです。


幼子を抱えて、出逢ってしまったのです。


本物なら、友恵さんと勝さんの関係になれるのでしょう。


一方的な思い込みだったら、


全てを失うのでしょうね。


(親権をとられて)



何故か、彼に連絡しようとすると、


胸がドキドキして、

出来なくなるのです。」



Posted by 実家

14/07/28 18:31:31







僕らツインソウルに出逢った人には


ツインソウルの見極め方


というのは


かなりなジョークなんです。





この人がわたしのツインソウルかしら?



もうこの時点で


ギャグなんです。





ツインソウルに出逢ったならば




ストンと音が聞こえるくらいに



収まる場所に心が収まるんです。






ツインソウルは見つけ出すのはたいへんだけど



ツインソウルかどうかの見極めは



ストン



なんです。





このひとかしら?



なんて思っているうちは



ツインソウルじゃないから安心してください。






ジグソーパズルに


最後の1コマがはまるんです。





ストンと












はやく友恵と横になりたいなあ…








07/29/2014    プレミアな朝






うまい



たしかにプレミアム!






今朝、藤沢の松屋で


プレミアムな朝ご飯をいただいた。




プレミアム牛めし




肉とご飯の違いはわからないが



なによりなにより


プレミアム七味がうまいのだ!




焙煎ゴマ風味の七味は


まさに


プレミアム!









そして


友恵を迎えに行きました。







07/28/2014    勝手な憶測だが



子供はだれの子供なのか?




幸せな家庭に生まれたあなたは



両親ふたりの子供。


これが普通。






離婚するときに



「この子はわたしの子なんだから


あなたには渡さない!」




「なに言ってるんだ


この子は俺の子だぞ!」





これは子供が



自分の子供


のパターン。




不幸だが少し幸せ。







「あんたはあんなのに似たんだから


頭が悪いのよ。」




「離婚するけどこの子は置いていくよ。」






これは



子供は自分の子供ではなくて



相手の子供



パターン。






僕がそうだったからわかるが



ひどい夫婦だ。




僕がなにかしても病気しても



相手の血のせいだといっていた。








今回の佐世保の犯人の父親



この気味の悪い娘を


死んだ元の嫁の子供だと思っていたんだね。





嫁が生きている間は厄介払い出来なかったけど



嫁が死んだ途端に



再婚。






長崎県ではそういうシステムなのかもしれないが



あまりにも変だ。






一人暮らしさせるのも



新しい妻との生活に


元妻の残した気味悪い娘がいると



気分が悪いからだろう。







子供がいたならば



いったいどちらの子供として育てられているのかが


重要なのだ。






「あなたはなにがあっても


お母さんの子供だよ。」





「お前はお父さんの子供なんだから


なにがあっても俺が守る!」





こんな言葉あなたは聞いて育ったかな?






この先


犯人の父親の新しい嫁が赤ちゃんを産んだならば



今回の被害者の生まれ変わりだよ。













Gスポットの見つけ方




拍手700超え記念!




正しい栗坊の舐めかた。






中指を膣に差し込んで



Gスポットを裏から押し上げながら



クリトリスフードの上から



丹念に


丹念に


丹念に



栗坊を舐めると





あなたのポイントアップ!




上唇と下唇でくわえて持ち上げるのも


グッド!









あしたようやく友恵が帰ります。




いまから舌のトレーニングだぜ!







07/28/2014    こころにナイフを




佐世保の殺人事件



同級生の首を切り落とした殺人。





このような事件が起きるたびに


公には報じられないが


みんながネットで語る事件がある。





横浜にあるサレジオ高校の生徒が起こした



同級生殺人事件。






この殺人事件がいまだに話題になるのは


この猟奇的殺人事件の加害者であった少年は


見事更生して


弁護士になったからだ。





彼がいまだに遺族に謝らないとかそちらに目が行くが



大切なのはそこではなくて



どうして同級生を殺して


首を切り落とした猟奇的殺人をするにいたったのかを



弁護士になれるほど論理に長けているならば



きちんと語ってほしいのだ。







人を殺したい







人を殺した




でははるかに生き物として違うのだ。






人を殺した



覚醒剤や薬物をした


人を殴った






この地獄の河を越えられるのは



どこかに悪魔が潜む。












大相撲名古屋場所は千秋楽




名古屋場所はいいねぇ。




テレビに映る女性が


要所要所に和服の素敵なお姉様方がいて


暑い熱い取り組みに


華を添えているね。




白いお着物の白鷺の姉御さまは


いらしているのかな?






これからの取り組みは



大勝負だね。







07/27/2014    男としての軸







さすが


わが心と下半身の師匠



テリー伊藤さま。





毎日僕は



軸がしっかり勃ってます。








07/27/2014    コンセント





ラーメン二郎の帰りにはかならず寄る




というか


毎週寄る



相模大野Buono!


のサンマルク





電源コンセントがすべて塞がれました。




たしかに


パソコン持ってきて一日中いる人ばかりだったからね。







07/27/2014    死ぬ時に見たい景色





























絶景なり。






07/27/2014    ラーメン


僕は地方にいくと



地元で評判のいいラーメン屋にいく。








神奈川県に帰ってきて



ラーメンを食べたときに





「やっぱりラーメンは神奈川だぜ!」





と感謝する瞬間を感じるために。









二郎は店によって味が違う。




チャーシューも違う。





一番は相模大野ラーメン二郎





とにかくうまい。








先日


町田にできた


野郎ラーメン


食べたけど






あと一味って感じだった。






町田ならば


町田商店というラーメン屋が


ダントツうまい。




友恵も大好き。







炙りチャーシュー




別皿山盛りきたよ!



やっぱり



神奈川県やめられないよ。




ほかの県には


相模大野二郎


ないからね。








歯がないから


噛めないけどね。








初めて来た10年前には



麺大盛


ダブルチャーシュー


だった。






今は


ちいさめラーメンを

やっと食べる。






若いときに戻りたいなあ…







気温



おそらく30℃超え




すでに



40人並んでる。






まだ


相模大野から人がやってくる。







いま最後尾の人は



3回転目じゃないと座れないから



確実に死人が出るね。





並んでるところの影が



だんだん無くなってきてるよ。








07/27/2014    バカとはなにか?




うだるような朝






9時丁度




千秋楽の日の儀式のために



相模大野ラーメン二郎にいる。





さすがに一番乗りだと思っていたが






8番目!





千秋楽だけのお楽しみ



炙りチャーシュー



の魅力に引き寄せられた



ラーメンバカたち。





食べる前に



暑さで倒れるかもしれない。





だから僕はすでに



救心をのんだ。






僕の後ろにはもう8人!




並んでるのは全員野郎!





日曜日のこの時間に


ラーメン二郎にいるやつらには



デートのあてがあるわけない。




ニンニクでスタミナつけて


どこにぶつけるんだ?







バカにもほどがあるぜ!




















自分探し



とは



自分の中にある自分を探すのではない。



もうひとりの自分



である



ツインソウル探しをするのが正しいのだ。





山口薫











07/27/2014    次回のプラン作り



Posted by ルル&リッキー
14/07/27 01:34:09



そうかー…


将来生まれて来た時かー…


そんな永いスタンスで


夢を考えられる薫さん素敵だな!


私も来世には


(虫や魚でなく、ちゃあんと人間に生まれて)


今度こそ早くからツインソウルに出会って


本当の幸せな人生を歩んでみたいなー



今世で与えられた人生を誠実に全うしたら…


その、ご褒美に


夢が叶うといいなー


ヨーシ!


来世に賭けるとするかー!







コメントありがとうございます!





僕と友恵がよく話すことがあって



「次回はどんな設定にしようか?」



というものなんです。




今回は日本に生まれて



僕が男で友恵が女で


一回り歳が離れていて



遠距離に暮らして



こんな年齢になって出逢い



幸せになれた。







一旦ふたりが死んで


もしまたツインソウルとして


地上に降りることになったならば




どこで生まれて



性別は今回と同じか違うのか



ふたりの関係はどんなのがいいのか



そして



今回よりは早く逢いたいこととか。






性別はいまのままがいいというのは意見が一致しているのですが



関係についてはまだ決まってないんです。




父と娘


とか


母と息子


とかだと



結婚もセックスも出来ないし



兄妹は近すぎるし…




友恵は僕に


近所のおにいさんとして登場して欲しいらしいが



僕は同級生として過ごしたい気持ちもある。





いま思ったからといって


それが叶うはずもないが



話していて楽しい。





ふたりの関係を調べていた未来の僕は



偶然、このブログに出会うのだ。





「僕らはツインソウルなんだ!」






まるでトータルリコール







今から二年半前に



友恵は偶然このブログを見て



今は僕の嫁さんになっている。





ありえない話では無いのだ!










次回の友恵も美人かなあ…










07/27/2014    すずめくん




カーテン越しに



いつもの友達が



起こしに来てくれた。






友恵がいないので



深夜から目が覚めてるんだよ。







ひとり寝はツラいなあ…






07/26/2014    三千代さんへ




07/25 16:14 by 三千代


ちゃんと見てくれたんだ。


嬉しいなぁ。


繋がってるなぁ。



毎日心が折れそうなんだけど、


頑張れる気がしてきたよ。


ありがとう、山口さん。







三千代さん


おはようございます。




ゆうべも電気とクーラーをガンガンにつけたまま


いつの間にか寝ていて


寒くて目覚めました。





ラックマネジメントの観点では



努力はほとんど最下位で



一位は「運気」



なんです。





僕の経験だと



僕も含めた生き方の下手なひとは



逆流の時に


全力でクロールで泳いでいて



(これを努力といいます。奴隷の力仕事です。)



ようやく流れが止まった時には


もう浮いている体力さえもないのです。





生き方のうまい人は


逆流の時にはただただ沈まないようにしていて



流れが止まった時に


全力で泳ぎ出します。




これを


工夫といいます。






うまくいかない時には



とにかく無駄に体力を使わないこと。





うまくいかないのは


決して自分のせいではありません。





人生うまくいっている人は



努力で成功したのではなくて



工夫で成功したのです。






もっと若いときから

このことを判れば良かったです。







工夫をするにも


何をするにも


とにかく健康な体です。








僕はこの一年で


糖尿病からくる歯周病で


歯が五本抜けました。




若いときに


仕事で無理を重ねて

膵臓を壊したのが糖尿病の原因です。






あの時の努力は


いまは何一つ報われてないですが


病気だけは残りました。






とにかく暑いから


体には気をつけてください。







前にも書きましたが


僕の夢は


将来産まれて来たときに


このブログを読むことです。






将来の僕が何かを感じてくれたらいいなあ…








07/25/2014    看板に偽りあり。





ピンサロの入り口に


かわいい女の子のポラロイドが貼ってあって




「本日出勤!」




なんて書いてあって


僕ら男はこんな女の子にロドリゲスペロペロしてもらえるなんてウキウキしてソファーにいると



びっくり!



な女の子が出てきて


店員に聞くと



「あれは面接の時の写真ですよ。」




なんて言われる。






一番許せないやり方だ。







KADOKAWAも汚い手を使うねぇ。



この女の子



モデルの女の子で


偏差値上げた女の子じゃないんだよね。





まるでピンサロ商法。





電車の広告シールには



小さな小さな小さな文字で



なんか書いてあるね。










・。
07/25/2014    気づくこと



07/25 10:31 by ルル&リッキー


友恵さんとQちゃんが帰って来てくれるまで、


ちゃんと食事して元気でいなくっちゃ!

フレーフレー薫さん!




07/25 05:44 by 三千代


Qちゃんいつもありがとう。


って言ったら、


帰ってくるんじゃないかなぁ。




07/24 18:32 by 三千代


山口さんが、


友恵さんだけを愛してるのが、


物凄くうれしい。







みなさんありがとうございます。



とにかく寂しいもんですね。






前にロンブーの淳の結婚特番で



淳の美人嫁さんに


お笑い仲間が



「淳が浮気したらどうします?」



と質問したら



「二人で反省します。」




と答えていて


かなり感動した。





町山さんの言葉に


「たくさんの女を知っている男は


本当の女を知らないから


童貞である!」





たしかにそうなんだ。





浮気するのもされるのも



片一方の問題ではないんだよ。




ツインソウルじゃないんだよ。




ツインソウルを抱いてごらんよ。



ツインソウルに抱かれてごらんよ。






今までの恋愛やセックスが



いかにつまらなく



いかにまやかしで



いかに自分はなんにも知らなかったと反省するよ。






となりに友恵の寝息が無いと



こんなにも夜はつまらないのかと気づく。









Qちゃん


友恵が無事に帰ってくるように


お願いします。












今夜もペヤングかなあ…








07/25/2014    ナベさんへの手紙




はじめまして!


半年前から拝見しています。



私も山口様と同年齢です。



私も、


暴力嫁との


完全に誤った結婚を

してしまっています。



でも子供がまだ小さくて・・・。   


私も今の嫁が泊りで何処かへ行くと


ウキウキしてしまいます。


>>寂しいなあ・・


・ 本当の相手ってそういうものなのですね。


勉強になります。


ありがとうございました。



「ツインソウル ひとり」へのコメント


Posted by ナベ


14/07/24 22:29:08







ナベさん


おはようございます。



僕も前の嫁にはやられたなあ…



掃除機のパイプで頭を殴られたときには

パイプが砕け散ったなあ…




コップを投げられた時には


床で割れたガラスがたくさん刺さって


血が吹き出したなあ…




育児がいやだから離婚したいとつぶやいたときには


すぐに離婚届を書かせて


僕と息子で役所にいって離婚したなあ…



20年間父子家庭でやってきて


たいへんだったし


息子には寂しい思いをさせたけど



キチガイ女と暮らすよりは良かった。



離婚したあの日以来


息子と元嫁はいちどだって会ってないしね。





もしあのとき離婚していなかったならば


いまも同じ空間に


あのキチガイ女がいたかもしれないんだよね。





良かった。



良かった。





息子のお陰


Qちゃんのお陰



でツインソウルの友恵に出逢えた。





いま


前の嫁に一つだけ感謝していることがある。



息子は素直でとても健康。



あの嫁との結婚は


この息子が生まれてくるための儀式


だったんだと思う。




ナベさん


Qちゃんが死んだときに僕は人生やめようと考えた。



でも今はツインソウルと世界一幸せだ。



明日なにがあるかわからない。



だから体には気をつけてください。






数万年暗闇であった洞窟でも



光が差し込めば一瞬で明るくなります。




とにかく健康でいること!








07/24/2014    ツインソウル ひとり



今日から一週間



友恵が帰省。





超人バロムワン



が分裂したみたいに


僕は元気なし。






食欲なし。



朝はコーヒーだけ。




むかしの僕ならば妻や同棲相手が留守にすると



ウキウキしたのに。





Qちゃんも友恵についていってるみたいだ。







寂しいなあ…







07/22/2014    自分好みの女にする



目の前の女性を


自分好みの女にできるか?








答えは



ムリ。







昔の友人にテスタロッサに乗っていた男がいた。





彼の言葉に感心したことがある。






「首都高なんかで仕掛けてくる改造車がたくさんいるけど



なんにも改造していないテスタの方がはるかに速いんだよ。」






人間も


女性もそうなんだ。




改造に心血注いでも


ダメなもんはダメ。





大谷くん見習って


自分の息子に


投手と打者をやらしてもダメ



二刀流


にするつもりが



二流



にもならない。




あなたの息子には


刀である才能がないんだから。









目の前の女性を


自分好みの女にできるかって?






結婚生活が長いそこのアナタ!



そんなことが可能でしたか?






あなたの嫁さんは


あなた好みですか?






女性とクルマは同じである。


詠み人しらず。






女性はテスタロッサと同じ



つまんない女をいくら改造してもダメ。




あなたの好みの女性は



やっぱりツインソウルだけなんだから。





自分のキーを鍵穴に差し込むと



驚くようなエンジン音が鳴り出すよ。







そんなこともわかんないで


誘拐監禁したらだめだね。














今回の連れ去り事件




逮捕された男にとっては



実はいいことづくしなのだ。





世間はそれに気がつかないといけない。





彼のデータは




49歳


ひとり暮らし


無職


施設にいる母親の介護


幼女好き






もし僕やあなたが


彼だとしよう。





先に書いたデータをみて



現在の生活が楽しいだろうか?



将来に楽しいことがかならず待っているだろうか?





答えは明らかに


NO






仕事もなく嫁もいない49の男のひとり暮らしなんて


不安はあるが楽しみがあるわけない。




母親の介護も足かせだ。



もし彼が幼女好きじゃなくても


老人介護が待っている家に嫁にくる物好きはいない。




ただし彼には母親が必要だった。



年金が入るからだ。




そして性的には幼女好き。




これはどこの風俗にいってもやっていない。




幼女姦をするためには


誘拐か自分の娘か


教師が教え子を犯すしかない。






娘もいなくて教師でもない彼は誘拐をした。





たしかに彼は逮捕さるたが



自分の好きな女の子とふたりきりで過ごした数日は


彼にとって人生のクライマックスだったはずだ。






彼は少女誘拐をしたことで


すべてを失ったように見えるが


それはちがう。






彼はあの少女と過ごしたという


彼にとっては


夢のような日々を実現出来た。





そして


逮捕されたことによって


母親の介護から解放された。





刑務所に入れば


無職からも解放された。




懲役であれば「仕事」を手に入れられる。





おそらく彼の懲役刑は



10年くらいだろう。




新潟の誘拐監禁事件では


あんなにひどいことをしても


そのくらいだった。





彼はこれから10年間




母親の介護をしなくてよくなり



たべることにも困らず



病院にも無料で行けて



少女との数日を思い出して生きていけるのだ。






そして


彼はもし10年服役しても


60歳なのだ。





性的犯罪者が刑務所で考えることは





出たらまた少女を抱きたい。



そして



二十歳過ぎになった「あの少女」に会いに行きたい。




なのだ。







今回の事件によって彼が失ったものは


なにひとつ無い。







事件を起こさずに


真面目に生きていた方が



明らかにつまらない人生だからだ。







犯罪者が犯罪によって


いい思いが出来るのは


道理に反する。






ましてや


彼はまた同じような犯罪を実行する。






真面目につまらない人生を送るよりも



逮捕されようが


一時でも楽しい人生を送りたい


という人間には懲役は意味がない。






10年後の被害者を出さないためにも



死刑が必要なのだ。















表題の意味は



男性





女性





人間とひとくくりにしているが



それは正解なんだろうか?






男にとっての毎日は


とくに変わりのない日々が流れている。


月初めだから爽やかだとか


月半ばだからお腹が痛いとか無い。




人生80年としたならば



1をかけたのが人生だろう。






しかし女性には生理、妊娠、育児がある。




寿命が90年だとしたら



0.6をかけたくらいが自分の人生だろう。





とくに


生理と妊娠





男性にはこんな時間は無い。





普通に生きていたら


毎月毎月生理という時間が来て



不調な時間を過ごさなければいけない。





先ほどわけのわからない小説を書いたが


男性に置き換えたならあんな感じだろうと思った。





ある時


初潮を迎えて妊娠、出産に向けての体の準備が始まる。



まだ妊娠する予定も無いのに


毎月嫌な時間を過ごす。





男性の射精と


女性の生理は


液体が出るのは同じだが


全くちがう時間だ。




月に一週間も嫌な時間を過ごすのは



赤ちゃんを産むための鍛錬。



赤ちゃんを産むためならばと仕方なく過ごす時間だ。





しかし



女性の中には赤ちゃんを産まないまま


閉経を迎える人がいる。





自分の意志かもしれないし


そうでないかもしれない。






ただ


赤ちゃんを産まなかった女性にとって


生理とはなんのための時間だったのだろうか?







そんなんだったら


初めから初潮や生理がない


爽やかな人生のほうが良かったと思わないのか?








男性と女性を



同じ人間としてくくるのは



人生という視点から見たならば



かなり無理があるような気になる。







同じ感覚で


女性の方が長生きなんて言えないだろう。








07/21/2014    小説 「毎月の鍛錬」




先月で



苦しかった毎月の鍛錬は終わったようだ。




この心の空虚感はなんなんだろう。





毎月の鍛錬は14歳の時から始まった。



それ以前に、父親からは言われていた。



「お前には近々、



望もうが望まないが


毎月、鍛錬の日がやってくる。



望もうが望まないがやってくる。



それはお前がいつか訪れるであろう



ビッグウェーブを乗り切るための鍛錬なのだ。



ビッグウェーブは一度とは限らない。



二度三度と来るかもしれない。



お前はそのビッグウェーブを迎えるために



毎月鍛錬をするのだ。



この村の男として産まれてきたならば



避けては通れないのだ。



ビッグウェーブを越えたならば



お前には幸せがやってくるのだ。」






初めての鍛錬は驚いた。



最初は毎月鍛錬は無かったが



やがて鍛錬の日はきちんとやってきた。


鍛錬は厳しい。



頭は痛くなるし



心は平静ではいられなくなる。



かならず流血を見る。




楽なことではないが


やがて訪れるビッグウェーブを迎えるために



毎月毎月の鍛錬に耐えた。





初めての鍛錬から数年して



ビッグウェーブを待ち続けるようになった。




25歳を越えると



同じように鍛錬していた仲間たちの中に


ビッグウェーブを迎えて


無事それを乗り越える者が出てきた。






30を過ぎて



毎月の鍛錬は体にきつくなってきていた。





仲間の中には二度目や三度目のビッグウェーブを乗り越え


幸せに暮らす者が当たり前のようになってきていた。






僕は毎月の鍛錬をしながら



自分に来るであろう


ビッグウェーブを待った。








そして



自分には鍛錬することが出来なくなり



とうとうビッグウェーブを越えることはなかった。






あの辛かった毎月の鍛錬は



僕にとっていったいなんの意味があったのか。





結果なにも得られないのであれば



30年間毎月毎月やっていた



流血の鍛錬など初めから無い方が良かった。






いま



鍛錬の成果を一度も形に出来なかった運命を呪う。





あの鍛錬の日々が無かったならば



僕の人生はどれだけ穏やかだったのだろうか?





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。