--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/31/2014    死を覚悟した




さきほど



二時間前



仕事をしていたら



まず左目で見えるものが



ゆらゆらと歪んだ。




あわてて左目をつぶり



右目だけにした。





やがて



右目も歪みだした。




両目を開けると



左右の見え方の揺れ方が違うから



頭がふらふらになる。






楽しい人生だった。


Qちゃんありがとう。



友恵ありがとう。



みんなありがとう。





薄れていく意識の中で



右手を伸ばしてかばんから



m&mチョコレートを出して



一掴み口に入れて



噛み砕いて飲み込んだ。








数分後



目を開けたら



目覚めた時のような感じで



物が見えた。






わかった。





低血糖だ。






前回の数値が悪かったので



炭水化物を抜いている。



この二週間で三キロ体重が減った。





糖尿病の投薬患者が炭水化物コントロールをやると



なかなかスリリングなのだ。





事務仕事で良かった。




運転ならばめくら運転だろう。







でも



なんとかあと七キロ減らしたい。






本当に死を覚悟した時間だった。








スポンサーサイト
12/30/2014    フューチャー&パスト



Xmenの最新作



フューチャー&パスト



を観た。




町山智浩さんが言っていた



「この作品は虐げられた人間、



例えば黒人や障害者


が世間から排他されてきた歴史を語っているんです。」




特撮映画としても一級品だが



そういう背景を知って観ると



かなり悲しい作品だ。






ゼクシィのコマーシャルを見ていると



哀しくなる。






前にも書いたが



ツインソウルの二人にはプロポーズはない。




プロポーズ





誓い



をするというのは



ツインソウルではないからだ。





一緒になってください。



これは真の結婚においては



有り得ないセリフだ。




ツインソウルは一緒になるんだから。




ずっと一緒にいると誓いをたてるのは



誓いをたてないといけないという



まがい物が前提の関係だからだ。





結婚についての書物を読むと



ツインソウルではない結婚についての論が並べられている。





もともとが他人の二人





結婚するまでは両目を開けて相手を観て


結婚したならば片目で相手を見ること。




男性を捕まえるには胃袋を捕まえること。






相手のことを知りすぎないこと。





セックスは妻のつとめ。







いろんなことが書かれているが



すべて糞結婚のためのアドバイスだ。






ツインソウル夫婦は


結婚するまでは両目で相手を観て



結婚したならば心と両目で相手を観ている。





ツインソウル夫婦では相手の欠点も愛せる。



だって相手は自分なんだから。



料理が下手ならばそれも愛おしい。






セックスはツインソウルセックスは世界一気持ちいいことなんだから



ひとに言われなくてもバンバンやる。







こういう糞結婚のための本によって



結婚とは糞生活なんだからガマンしなさい



という怖い考え方が蔓延している。




大人たちも結婚をそう言う。






ツインソウル夫婦を排他する活動だ。






フューチャー&パスト




未来と過去





未来のあなたを決めるのは



過去のあなた。







わざわざすすんで



まがい物を掴みにいかないように。





12/28/2014    嬉しいシフト変更



今月から僕の仕事のシフトが変更になった。



朝二時間出勤が遅くなった。




この二時間がありがたい。



朝二時間も友恵と一緒にいられるのだ。



そして



いままでは僕が友恵よりも二時間は早く帰宅していた。





つまり朝は二時間愛し合えて



夜は同じ時間に帰宅になる。





ツインソウルはとにかく一緒にいたいのだ。






男とは



結婚するまでは妻になる女性との一緒の時間を工面するが



結婚してしばらくしたならばいかに嫁と一緒にいないかを工面する。







ツインソウルはそうではない。



いつもいつも一緒でいたい。



なんなら朝、ふたり一緒に死んでいたら最高なのだ。





ツインソウルと出逢うとわかる。




この世が幻であって


魂の世界こそが



現世だと。








12/27/2014    お疲れ様 千代の松




クリスマスを終えて


千代の松の仕事は終わった。






また来年のクリスマスまで



誰にも気づかれない千代の松。








今年もありがとう。












いまとあるターミナル駅



なぜか改札口に人待ち顔な若い人がたくさんいる。




そうか



クリスマスイブだな。






数日前に借りてきた


ノア



を友恵と観て、


キリスト教のいやな部分を堪能した。






僕はクリスマスイブというと



いろんなことを思い出す。





夕方から当時の彼女とドライブしていて


目当ての厚木インターのラブホテルの駐車場に入ったとたんに



おじさんが来て窓を叩く




「これは整理番号ね。」




と数字の書かれた板を渡された。




よく見ると駐車場は空き部屋待ちの車でいっぱい





おじさんは一言添えて行った。




「今日は泊まりはダメですよ。



二時間の休憩だけ!」








横浜ジョイナスの通路を友人と歩いていたら



いまで言う



壁ドン



されていた男の子がいた。





壁ドンされていたのは男の子である。





壁ドンしているのは


かなりまるまるとした女の子。




面白いので近くに行って会話を聴いた。




「ねえ!わたしもう帰れないのよ!」





「今日はもう帰れないのよ!」





「ほんとに帰れないんだからね!」






どうも男の子にたいして



この女の子は朝まで一緒にいようと言っているようだ。





男の子は怯えている。




時計を見たら



まだ22時前。





電車はたっぷりあるじゃん!!






僕と友人は会議を開いた。





この可哀想な男の子を救い出すかどうか。





ふたりの間に入って


まだまだ電車があることを教えてあげたらいいのだ。










結論は出た。






僕らは大人として



見てみぬふりをしようと。






この男の子は身に染みて感じるだろう。





ろくでもない女とデートしたならば



とんでもないことになるんだと。








寂しさで人は道を間違えるのだ。















今日、平和島ボートで



ボートレースグランプリ優勝戦がおこなわれる。





優勝賞金一億円



ボートレースの頂点を決めるビッグレース





この優勝戦に進むための予選は3レースあり



今までの獲得賞金の上位6人が争った。



白井英治



彼はこの3つのレースをすべて



一位でゴールした。



特に昨日のレースは


白井英治4コース



みんなさすがに一位はないと思っていた。







白井英治



山口県出身



ファンは



卓越した技術を持ち


鋭いターンをする彼を



ホワイトシャーク・と呼ぶ。





そんな彼は今年半ばまで



無冠の帝王



という有り難くない異名も持っていた。




とにかくSGでは優勝出来なかった。




しかし今年8月、ホワイトシャークはボートレースメモリアルにて



初のSGを獲得。





無冠の帝王を脱ぎ捨てた。






ボートレーサーの体重は



ほぼみんな50キログラム。



身長は160センチ無い選手ばかりだ。



だから女性アナウンサーがインタビューしていても



女性アナウンサーよりもみんな背が低い。




そんなボートレーサーの中では



174センチある白井英治はかなり目立つ。



そして2枚目。



人間的にも人気がある。






今日の優勝戦



ホワイトシャークは


1枠から臨む。





普通のボートレース場ならば



1枠1コースはガチガチ強いのだが



平和島ではそうではないのだ。






今日、午後4時から


地上波TBSで生で放送される



ボートレースグランプリ優勝戦





ぜひホワイトシャーク白井英治を応援してほしい。








12/23/2014    スヌーピー




友恵にもらった



スヌーピーのトートバッグ







相模大野散歩。





最近、スヌーピー好きなんだよね。










いま消えた子供たち


やってるよ。






産まれてから18年間



家に閉じ込められていた女性がインタビューに応えている。



母親が娘を動物扱いをしていたという。





この話だと



母子家庭だと思うだろう。





違った。




見てみぬふりをしていた父親がいたのだ。








みんなにお願いがあるよ。






性欲処理







世間体



なんかでツインソウルでもない



糞な相手となんか結婚するなよ。






みんなクリスマスだかなんだかで



デート相手を探してるけど



自分の心に聞いてみなよ。






そんな相手と結婚すると



幸せなんかあるわけないじゃん。







若い人にいう。





少しでも心が



ダメだ!



というならば、そんな相手とは結婚するなよ。







糞な親は言う。



結婚は他人同士が1つ屋根の下に暮らすんだから



始めからうまくいくわけない。





そんなことない。




ツインソウル夫婦は逢った瞬間から



大の仲良しだ。







若い女の子に言う。




セックス下手な男







体の合わない男



なんてツインソウルじゃないんだから



結婚するなよ。







あなたのアソコは節穴なのか?








夫婦がうまくいかない



とか



セックスレスだなんて聞くと




僕はいう。



誰のせいだと思うのか?






お前のせいだよ。








そうならないためには



いまのあなたがどう思うのか



どう行動するか



が大切なんだよ。







あなたから観てあなたの両親がすごく素敵な夫婦でないのならば



両親の言葉や意見命令は聞いてはいけない。






自分の子供にも



自分と同じ不幸を味あわせたい親は



たくさんいるんだよ。







あなたから観て



あなたの両親がツインソウルでないならば



見習ってはいけないよ。






あなたも不幸にするからね。








12/21/2014    肉体の存在意義



今日はふたりとも休みだったから



僕と友恵は一日中家にいた。





昨日から友恵は生理なので



セックスはしない。



こんな日は



かならずお互いのどこかを触りながら



ずっと話をしている。






話でいちばん盛り上がるのは



来世の決めごと。





ふたりは来世では



どこで、



どういう立場で



いつくらいに



どんなきっかけで



出逢うのか?







友恵の希望は



彼女は次回も女性で


彼女が中学生の時に


近所のお兄さんとして産まれてきた僕と


勉強を教えてもらうというきっかけ



で知り合うという



かなり普通なものだ。






僕の希望は



僕と彼女は3つ歳の離れた



兄と妹



これならばかなり早い時期に出逢える!


というものなのだが


友恵はこれには大反対!






僕の希望二番目は



彼女の息子で僕が産まれる



というストーリー





これにも友恵は大反対!






僕は友恵のような妹や母親がほしい。





ただし



その設定だと二人はセックスが出来ないから



と友恵は反対している。





僕の方はそんな関係でもセックスすればいいと思うから



それがいいのだが。





さて



肉体の存在意義だが


ツインソウルにとって肉体とは



現世においてツインソウルがひとつになるための



道具



でしかない。






ツインソウルにとっての



セックスしない一日


の楽しさは



ツインソウルじゃないペアが



セックス三昧で過ごした1日よりも



たのしくて充足感がある。






僕と友恵は



死んだあとの魂の再合体がいまから楽しみでしかたない。






できることならば



当分



いやいや



もう地上には降りてきたくないのだ。







いまは肉体があるから



肉体があるときにしか出来ないことをたくさんしようと思う。








死ぬことは怖くない。




いや



死ぬことが楽しみだ。








つぎに産まれてきても一緒



じゃなくて



死んだらかならず一緒だからね。























ボートレースの最高峰



ボートレースグランプリが



平和島で開催中である。




今日からとうとう



賞金上位6人が登場する。






ルパン菊地



艇王山崎智也



ホワイトシャーク白井



王者松井繁



ポイズン毒島



スマイル丸岡



ダッシュ井口



若手ナンバーワン茅原







とにかくスーパースターしかいない戦いだ。






特に注目はルパン菊地だ。





今年は絶好調



すでに賞金は一億を越えている。




そして我らが智也



今年はSG無冠なのにグランプリ登場!


二年前の奇跡の復活劇をまた見せてほしい。









実は二年前の智也の復活を味わったせいで



このところボートレースに熱くなれないでいた。






明日は平和島に



日本エレキテル連合が来る。




優勝の日には横綱白鵬も来る。



渡辺直美も来る。






さて



ルパン菊地







艇王山崎か








12/19/2014    ピンポン



夕べ友恵と借りてきた映画を観た。




宮藤官九郎


脚本の名作





なぜいまピンポンなのか?




僕と友恵はときどき片瀬江ノ島に行く。




駅を出たところに橋がある。



こここそ



映画のオープニングで



窪塚ペコと松尾スズキ警察官が出てくる橋だ。





ペコは叫ぶ。



I can fly!



僕はこの橋を渡る時にはかならす



この話をする。




友恵はピンポンを観ていない。




だから夕べ観た。







窪塚洋介も



松尾スズキも



井浦アラタも



中村獅童も



大久保くんも



若いなあ…





作品は役者の年齢から



いつくらいの作品なんだなあと思うものだが




この作品の



竹中尚人





夏木マリ




このふたりは今と変わらないんだよなあ…





まだまだ無名の



佐藤二郎や



津田寛治



も出ているし









いちばんびっくりしたのが



最後の最後に出てくる小さな男の子



今では立派になった


染谷将太くんだよ!



僕が唯一出た映画で同じ場面に出てる染谷くん



かわいいんだよ。








若い人にはピンポン


かならず観て欲しい。






作品としても



映画史に残る名作だ。







窪塚洋介があの事件で



死んでいたならば…


違う見方もあったのかなあ。






窪塚洋介はビルの屋上で叫んだのか?




I can fly!






宮藤官九郎はやはりすごい。













12/18/2014    女 2



批判覚悟で書く。




雪国に雪が降るのは当たり前だ。





雪国に雪が降らないならばニュースに取り上げろよ。









青森の豪雪見ていたら




ASKAの覚醒剤セックスフレンドのあの女を思い出す。






関東の刑務所にいれるよりも



青森に帰した方が


彼女にとってはキツいだろうと思う。







一年のうち四分の一


雪に囲まれた生活なんて



僕には出来ない。



















12/18/2014    女 1



STAP細胞の実験が打ち切りらしい。





さて



男女平等とはなにか?






小保方という研究者が



女性だから記者会見に出なくていいというならば



こんなに女性を舐めた話はない。





小保方が男ならば世間はそれを許すのか?





男女平等を唱える人たちは



これをどうとらえるのか?







今回の一連の



詐欺行為



首謀者の笹井は自殺


子分の小保方は残り何度も出来たという実験を続けていた。






科学ジャーナリストは



今回の詐欺行為がなぜ起きたかを解明しなければいけない。






普通の会社であれをやったならば



解雇の上、訴えられるのだから。








12/18/2014    お見合い番組



僕はお見合い番組、


夕べナイナイがやっていたような



集団見合いの番組が好きだ。





一回目の沼島から意外と見ている。





昨日の番組でいちばん



やはり!



と思ったのは、



条件で相手を選ぶ凡夫ばかりの中で



バツイチ子供あり


過去間違いなく遊び人


38歳の男




の嫁になると自分勝手に決めて



神奈川県から種子島に来ていた



23歳の超美人





まるで僕と友恵だ!


って思えたよ。





世界中、どこ探したって条件で山口薫の嫁になろうなんて



バカな女はいない。




もし条件で僕のとこに来た女がいたら



僕が断る。




かなり頭が悪いよ。





最後、この遊び人と超美人はカップルになるんだけど



この男の精液が欲しくて欲しくて嫁になりたいっていうのが


ビンビンに伝わったよ。






それが夫婦じゃん。




抱かれたくない男を選ぶバカ女や




便所かわりの女と結婚する


バカ男ばかりの中で




誰からも羨ましい


と振り返られる女を嫁にする男こそ



オスに産まれてきた意味ってもんだよ。








男はいくら空腹でも


落ちてる饅頭を口にしたらだめだよ。








12/18/2014    夫婦の会話




「結婚二年まで出られるって



新婚さんいやっしゃい



出たいなあ…」







「わたしはやだよ。」










前回の結婚の時も



断られたなあ。









12/16/2014    奥菜恵 久しぶり



僕は遠い昔



奥菜恵が好きだった。




好みの女の子だった。






彼女の人生が変わったのは



ブブカに載った



押尾学との裸の写真。





あの当時



押尾学はまだまだ無名俳優で



奥菜恵はバリバリの若手女優。





押尾学と奥菜恵なのは明らかな写真。





その後



藤田社長と結婚するも離婚。






今回も離婚。







奥菜恵の離婚なんて


嫁に貰ったヤツが悪いよ。



アタマが。





だってそういう種類の女なんだから。







奥菜恵は悪くないよ。





だってもともと



そういう女なんだから。






!



佐藤さんは



彼女との出逢いについて



ある気持ちを抱いていた。






僕が彼女と出逢えたのは



あの大震災があったからなのか?



自分の幸せとは



多くの人の不幸を


踏み台にしているのではないのか?








実は僕もこの思いを持っていた。



僕と友恵の幸せは


Qちゃんの犠牲の上に有るものだ。


手放しで幸せになってはいけないのだ。






そのことを佐藤さんに話した。



そしてこう付け加えた。







大震災が有ろうと無かろうと



佐藤さんと彼女は出逢っていたよ。






「山口さん、



僕は彼女といると



他人じゃない感覚しかないんですよ。」




「佐藤さん



あなたはかならず前世で



彼女から産まれてますよ。」







僕のこの言葉を聞いて



佐藤さんは目を剥いて驚いた。







「やはりほんとうだったんだ…



ほかの人には言ったことないんです。



去年、よく当たると言われている霊能者がいるというから



聞きに言ったんですよ。



霊能者の女性は僕のこと何にも知らないはずなのに



かなり年下の彼女がいることや



将来結婚するということも言われたんです。



そして最後に言われたのは



あなたは彼女から産まれたことがあるって。



さすがにそれは信じられなかったんですよ。



でもそうですね。



今日の山口さんの話で彼女との関係を



確信しました。」








「佐藤さん



独身で良かったんだよ。



結婚していてツインソウルに逢ったら



修羅場になるかもだよ。」





「うちのウサギも彼女が好きなんですよ。」







来年二人と一匹は同居して結婚する。







たしかに奇異な出逢いだ。













Qちゃんありがとう。










はじめて舞台を観てから



何度か行くようになった。





実は彼女には恋人がいた。





メールのやりとりをしている中で



彼女は佐藤さんの育った街を見てみたい

と言うようになった。




仲間数人で車に物資を積んで



宮城県まで片付けの手伝いに向かった。





みんなで佐藤さんの実家の手伝いをしていたのだが



佐藤さんのお母さんと


彼女が異常に馬が合うのだ。




まるで実の母娘だ。




彼女は佐藤さんのお母さんと二人きりになったときに



驚くことをお母さんに打ち明けた。





「私、佐藤さんと結婚するんです。」





もちろんこの時には二人は交際もしていない。




お母さんは大喜び。





そして二人は付き合うようになった。





今年の夏



佐藤さんは彼女の実家を訪ねた。




結婚の話ではなくて


お付き合いをしていることを伝えに。




佐藤さんはこんなに年齢の離れた二人の交際は



反対される覚悟で両親に会った。






すると



彼女の両親は佐藤さんにこう言った。




「うちの娘といる時の佐藤さんの笑顔



素晴らしいです。



うちの娘をもらってくれないですか?」





佐藤さんは思った。



震災からかなりの時間



自分は笑うことは無かった。





それが彼女といるだけで笑顔が出るのだ。






佐藤さんは僕に言った。





「二人でいると



自然でいられて



ほかに欲はなくて



いままでの恋愛とはまるで違っていて



二人でいない方が変で



山口さん、なんなんでしょうか?」






それは



ツインソウル



だからです。






佐藤さんはうなずく。






そして



つぎに僕が言った言葉に



佐藤さんの驚きはマックスになった!








続きは次回




























やはり


うらやましい!








いやー



いい試合だった。





たしかに強い!




そして


山形もすごい。





そして


うらやましい!





僕の応援する



SCS相模原





僕の息のあるうちに


タイトルとってほしい。






サッカーは面白い



サッカーは素晴らしい



みんなも地元のチームを見に行こう。







ガンバ大阪


おめでとうございます。











あの日


津波によって佐藤さんの家は根こそぎ無くなった。




目の前が海の家だった。



魚は買ったことがない。



釣り竿を垂らせば何か取れた。



そんな豊かな海が街を奪った。




両親とは一週間連絡が取れなかったが



避難所にいることが判明した。




毎週末



物資を車に積んで、避難所に向かった。


高速道路が使えないので



下の道を走る。




家が無くなったんだから東京に来たらいいよ



と言っても両親は土地を離れたくないという。





そんなことを数ヶ月続けていたある日



同僚が佐藤さんに言った。



「佐藤さん、息抜きも必要だよ。



僕の知り合いがいる劇団が


芝居をするから見にいくんだけど


一緒に行こうよ。」




考えたらそうだ。



佐藤さんはあの日いらい


実家のことはがり考えていた。




佐藤さんはひとり者。



高校時代は地元で


大学には推薦でラグビーをやっていた猛者


恋愛は数多くしてきたが


42までなぜたか縁がなかった。



部屋では一匹のうさぎがいる。




芝居なんて興味ないなあ



でも佐藤さんは同僚についていった。





芝居はあたまには入ってこなかった。




帰ろうとした佐藤さんに同僚が



「打ち上げに呼ばれたからいこうよ。」




先ほど舞台にいた役者さんたちや


スタッフたちが打ち上げしている店内で

佐藤さんはポツンといた。




そこに舞台で見た美しい女優さんが来て挨拶をしてくれた。




佐藤さんは初対面の彼女に震災の話をした。



目の前の女性は両方の目から涙がボロボロ溢れていた。






後日彼女は佐藤さんに打ち明けた。




「はじめて逢ったあのときに



わたしはこの人といっしょになるんだって



わかったんだ。」






佐藤さんはその時には



自分より17も年下の美人女優が後に伴侶になるなんて



思うことも無く



すごくいい女性だなあ



と思っていた。






しかしこの出逢いによって



佐藤さんと彼女は



ツインソウルという運命の流れに



引っ張られていく。








続きは次回











しかし


うらやましい!











僕のブログに毎年登場する



駅前の松



千代の松





普段はだれひとり気にも留めない松。





毎年この時期になると千代の松は


クリスマスツリーになる。




千代の松は松なのに


クリスマスツリーとなって



みんなを明るくしてくれる。






桜梅桃李


という言葉がある。




桜は桜らしく


梅は梅らしく


桃は桃らしく


李は李らしく。





たしかにそうだ。



でも千代の松は教えてくれる。




たとえ松でも


みんなが喜ぶならば

クリスマスツリーにだってなってくれる。





一年12ヶ月の中の


たった1ヶ月だけ



みんなは千代の松を見上げる。



クリスマスツリーになってくれている千代の松を。






ありがとう千代の松










12/11/2014    今夜のおかずは




今夜のおかず



ペヤングがあったから



大好きな焼きそばにしよう







開けようとしたら



ニュースでペヤング。





来年の5月9日賞味期限



の品物になにやら有るらしいが














佐藤さん


45歳 男性


宮城県出身


学生時代は名門大学ラグビーで対抗戦に出場





僕がいまの職場で知り合った彼との


ツインソウル


の話だ。




昨日、仕事帰りに食事に寄った時に


僕の結婚の話になった。




ブログのことや


Qちゃんのこと


友恵のこと


そして僕らがツインソウルというものだということ


など僕から話した。




一般の人ならば引いてしまうような内容だ。




しかし佐藤さんは違った。





「山口さんならばわかってくれるから


僕の話も聞いてください。」






佐藤さんの実家は宮城県の海岸沿いにあった。



あの日


津波によってすべてが無くなった。



実家に帰って片付けの手伝いをして


くたくたになった佐藤さんは


大学卒業後に住む都内に戻ってきた。




生気の無い佐藤さんを見た友人は佐藤さんを心配して


知人の俳優のいる劇団のお芝居に彼を誘った。





芝居後の打ち上げに呼ばれた佐藤さんは


その劇団の主役女優と話をした。



この女優さんはNHKの朝ドラにも出たことがある


ちゃんとしたプロの俳優だ。







「わたし、はじめて佐藤さんに逢ったあのときに


結婚するのはこの人だって


わかったの。」





来年二人は結婚する。





45歳と29歳



まさしく美女と野獣の組み合わせ!





なぜそうなったのか


なぜ二人はツインソウルなのか?







詳しくは



次回をお楽しみに。
























































しかし


うらやましい話だ!














12/09/2014    排卵日のセックス



友恵は排卵日がはっきりわかる。



朝、布団をはがすと


独特の排卵日の香りがする。



まだ寝ている友恵の下半身を裸にすると


友恵の陰部があらわになり



普段白い肌のビーナスの丘のカント部分が



ほんのりと赤くなっているのがわかる。





これは陰毛がはえているとわからない。



指でカントをひらくと



フェロモンがふわっと空気中にばらまかれる。




カントを開いた状態で



フードの上からボタンを舐める。





排卵日の女性にパートナーがしなければいけないのは



魔法の鍵をカントに差し込んで



ドアを開いてあげることだ。






友恵を数回天国に送って



彼女の体内の嵐をしずめる。





セックス管理と言うが



パートナーの女性の排卵日に


きちんと対応することも含まれる。







12/08/2014    スナッフとスヌーズ






今日


休みだったので


散歩がてら小田急相模原にある



安藤



というタバコ屋さんに顔を出した。





ここは


おそらく関東でも指折りのタバコ屋さんで



スナッフ



を全種類置いてある。





スナッフは


粉のタバコで火を使わずに


粉を鼻に吸いこむ。

嗅ぎタバコとも言う。




僕はアプリコットスナッフが好きで


時々使用しているのだが


なかなか普通の店には置いていない。




スナッフの欠点は


鼻の穴が黒くなるので


鏡を持たなくてはいけない。





安藤の若い店主はタバコに詳しくて


話も面白い。




その店主が今回僕に奨めたのが



スヌーズ。




これはタバコの成分の入った小さな袋を

唇と歯茎の間にはさむものだ。




ニコチンを歯茎から吸収させるのだ。




スゥェーデンが本場らしくて


日本にもたくさんの種類が輸入されている。




タバコの風味が長時間もつし


他人には迷惑がかからないし


鼻も黒くならないというので


オススメの二種類のスヌーズを買った。





家に帰り、


スヌーズを試してみた。







結果



僕の歯茎が吸収がいいのか


20分したらニコチンが脳をアタック!



気持ち悪くはないのだが


ふらついている。





普段タバコがやめられない人には


ニコチン摂取という点ならばいいかもしれない。





普段タバコをあまり吸わない僕には


強烈だが。





いまも妙なグルーヴ感がしている。





アッパー系ではなくて



ダウナー系だ。





スナッフとスヌーズ



機会があれば試してほしい。







12/08/2014    まちさんありがとう!



まちさんからのごめんね電話です。(うそ)





「公開しても大丈夫です(^-^)


そういえば私も椎名さんのファンです。

Surface時代から好きです。


年明けのライブ楽しんできてくださいね。」



「ごめんね青春 見て涙ボロボロ」へのコメント

Posted by まち


14/12/08 10:01:54





ありがとうございます。


僕はサーフェスなるものはまったく知らなかったのですよ。

いまは椎名慶治にどっぷりですよ。





ではご開帳!





「はじめまして。


いつもブログを楽しく


読ませてもらっています。



ツインソウルの概念には


とても共感するものがありますね。



今までどんな人と付き合っても


全然しっくりこなかったんです。


まるで本能で本物を知っているようです。



私も家族親族から虐待されて育ったので、


妥協して付き合って

結婚する友達を見るとぞっとします。



子どもは作らないで


と叫びたくなるんです。



みんな自分の魂から

好きな人と結婚すればいいのになー


と思います。



友恵さんとの日常の記事を読むのが


すごく好きです。



もしよろしかったら

まだツインに出会えていない人達のために


そういう記事をたくさん書いてくれませんか?



潜在意識に


ツインとの幸せで満たされた毎日とは


こういうものなんだよ


って教えてあげたいんです。



みんな知らないから

間違った男女関係しか


できないんだと思います。



これからも更新楽しみにしてます。


応援してます。」




「おしっこはどこでするか?」へのコメント


Posted by まち


14/12/07 19:17:05






ありがとうございます。




恋愛結婚





ツインソウル結婚






まったくの別物です。




ツインソウルは恋愛の高級なのではないですからね。




ツインソウルではない夫婦が性欲だけのセックスをして


子供を作る。






確かにかわいそうなのは子供です。




ツインソウルではない両親を見ていたら


結婚に夢なんか持てないですよね。















クドカン






やむてくれよ。






ごめんね青春見て



なんでボロボロないてんのよ。





平介の父さん



住職(風間杜夫)のごめんね電話



あれでやられたよ。




そして鉢谷先生の言葉




あれ


ツインソウルじゃん!







ごめんね青春



見てないならば



人生の半分は損してるね。







僕もごめんね電話したいなあ。










えっ、誰にって?









ところでコメントくれた


まちさん




公開してもいいかな?





だめならば



ごめんね!









「薫さま ご無沙汰しています。



久々にコメントを書かせて頂きます。



ツインと体をひとつにすると、


他の人とは、


交わりたくないです。



私の体に触れて欲しくない。



抱きしめてもらうのも、


手を繋ぐのも


ツインじゃなきゃ嫌になりました。



そんな気持ちになったのは、


ある時の ふとした瞬間でした。



自分の魂が


ツインじゃなきゃ体の交流は嫌と。


私の魂が言ったのです。



体をひとつにする行為は


愛のエネルギー交換だから。



お互いのエネルギーを


自分の体に入れる。


心から愛してる人とじゃなきゃ出来ない。


最高のせ○○○をしたい!と、



ツインに出逢う前の私は軽く考えていて

彼がいても他の人としてました。


今思えば、 ずっと探していたんだと思います。


運命の相手、ツインソウルを。


当時は、ツインソウルの言葉も


スピリチュアルも知らなかったですけど、


愛を信じてなかった私が、


ツインと出逢って、

真実(まこと)の愛を知りました。



ツインと結婚は 今すぐにはありません。

でもいつか、


時が時間を掛けて教えてくれるかな。


ツインと一緒に居られるように。



ツインとの時間を大切にしています。


私を見つけてくれて感謝してるし、


愛してもらえて幸せです。




これからもブログ楽しみにしています。

お二人の幸せを、ブログを通じて発信してください。



お読み頂き、ありがとうございます。




「おしっこはどこでするか?」へのコメント


Posted by こころ



14/12/07 19:29:17






嬉しいコメントありがとうございます。



みんながそうなるといいなあ。







あなたはおしっこをどこでしますか?




「もちろんトイレだよ。」




そうです



トイレです。





街なかで立ち小便する男性や



座り小便する女性



を見たならば



「なんだこいつは!」



と思いますよね。



おしっこをちゃんとトイレでしないなんて


野蛮な奴らだと思いますよね。








僕がこのブログで何度も何度も言って行るのは



これなんです。






ツインソウルとのセックスをしている人からしたら



ツインソウルではない人とのセックスをしている人は



例えは悪いですが



自分がトイレでおしっこをしているときに



窓から立ち小便をする人を見ている感覚なんです。





まともな人ならば



おしっこはトイレでします。







でも分かるんです。


家にトイレが無くたって



おしっこは溜まります。



だから外で立ち小便や座り小便をするんです。






むかし僕が子供の頃には



昼間でも街なかで立ち小便する男性がいました。




でも今は(地方はわかりませんが)そんな人はいません。






僕はあと何年かしたら


結婚は必ずツインソウル同士でするものだ


となっていて欲しいのです。




ツインソウル結婚があたり前で



ツインソウル結婚じゃない結婚は



よほどの変わり者がするもの



ひねくれ者がする野蛮行為なんだ!



ということを常識にしたいのです。






いまでは街なかの立ち小便が奇異なものになっているように。




なんたって


ツインソウル結婚には



セックスレスもないし



浮気もないし



暴力行為もないし(自分の片割れを殴るバカはいない)



離婚もないし



毎日毎日幸せだし



子供の前で配偶者をバカにするわけがないし








いまみんなは僕にこう言ってるでしょう。



「ならば


どうすればツインソウルに会えるんだよ!」








その質問の前に



いまあなたが後生大事に握っている



それ



を手放してください。








すべてはそれからです。











出会えた幸せ



はじめまして。


ツインレイを調べていて


こちらにたどり着きました。



白井一文さんの


『翼』


も読みました。



私も好きになりました。



『一瞬の光』


も好きです。



薫さんは、


出会えて本当にお幸せだと思います。


出会えたからこそ、

言える強さみたいなものを感じます。



誰でも出会いたいんです。



でも、


出会えない人も、


そこそこ生きて行かなければ、


どうしようもないですよね。



出会う保障もないのに、


ずっと一人で生きていくのは


さみしいです。



何が言いたかったかというと、


出会えて羨ましいなってことです(^^)



これからもブログ、

楽しみにしています。



Posted by なおこ


14/12/06 15:47:14








ありがとうございます。



白石作品は


わかる


人と




うらやましい


人と




わからない


人に分かれます。





わかる人を増やしたいです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。