08/30/2011    大人の恋愛



いまつきあっている女性がいる。



僕が真由美と別れてから今まで


恋愛に臆病でいたのは


その女性の人生に責任が持てないからだ。




みんなが知っているとおり


僕は糖尿病、高血圧、狭心症を抱えている。



僕と暮らしたり結婚をするということは

僕の介護者になるということだ。



その上僕は加藤茶ほどではないにしろ


若い女の子しか好きになれない。


同じ年齢の女性と一緒に歳を重ねて


いたわり合うなんてことには全く興味がない。




いまつきあっている女性は30である。

30の女性というと大人なのだが


考えたら僕より20も下だ。




休みに会ってデートをしている。



性格は明るくて


スタイルもいい。



ご飯もたくさん食べるし


なによりもセックスがぴったりなのだ。



ここ長い間どんな女の子を裸にしても勃起しなかったロドリゲスが


彼女の下着姿を見ただけで


ギンギンに怒張したのだ。




彼女のことは好きだが


将来の約束はできない。



前回のデートでのピロートークで彼女にそれを話した。




それを聞いて彼女は言ってくれた。




私は結婚はしないの。



今まで男性と付き合ってある程度なると

みんなプロポーズしてくれるけど


それはお別れの合図

それ以上お付き合いするとその人の大切な時間を奪ってしまうからね。





彼女が結婚をしたくない理由はかなりディープなのでここでは省くが


彼女の辛さや悲しさはちゃんと理解出来た。




僕と彼女の約束は


もし僕か彼女が結婚したくなったら


お別れするということ。





これは僕にとって


かなり大人の恋愛なのだ。






あさってまたデート、



楽しみで仕方ない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/2220-572d6029