--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


兄弟がいる人は飛ばしてください。








僕は兄弟がいない。



だから



自分と同じ遺伝子を持つ人はいない。




僕がツインソウルの友恵に感じる感覚は


兄弟なのだ。



僕は変なことを書いている。




兄弟がいないのに



ツインソウルの友恵に兄弟を感じる



と言っているのだから。





でもそうなんだよ。




兄弟


それも双子の感覚。





前にも書いたがツインソウルは


恋愛の最高形態ではない。




恋愛とは所詮他人同士の共同幻想だ。



幻想はいずれ醒める。




友恵との感覚は



兄妹



姉弟



なのだ。





かなり変な例えだが

仲の良い異性の双子がじゃれてセックスする感覚だ。




他人感覚がまったく無い。





兄弟のいないあなたは


ぜひツインソウルに逢ってほしい。





ツインソウルではない配偶者といるあなたは



かなり孤独ではないだろうか。











今日は10月11日


僕と友恵の革命記念日だ。



二年前のこの日、


友恵はすべてを棄てて僕のもとに来た。



革命を決起したのだ。



ツインソウルが離れてなんかいられるわけがない。




その日から僕らには孤独は無くなった。






「運命のひとが振り向いてくれない。」


みたいなことをいうひとがいるが




もし本当に運命のひとツインソウルならば


お互いに引き寄せられて引き寄せられて

離れてなんかいられない。














兄弟姉妹がいないので味わえないのが


甥や姪


の感覚だ。



自分と同じ血を引いた


息子や娘じゃない生き物って


どんなものかな?







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/3844-27106b52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。