10/13/2014    経済苦だけど


三千代さんからのメッセージ





異様な光景へのコメント


ボケてしまう前に死にたいと、


誰も思うのでしょうね。



お陰様で私は、


愛では散々苦労をしましたが、


お金の苦労は全くしたことがありません。


贅沢もしたことはありませんが。



なのでお金にも全く興味がありません。


もしかしてもう死んでるんじゃないか?

と思うくらい欲がありません。


でも今猛烈にお金が欲しいです。


相手に何があっても、


どんな状態になっても


二人路頭に迷わずに生きて行けるように。



そして相手には、


たった一つだけのお願いがある。


私を忘れないで。


私を忘れないで。


私を







三千代さん


いつもありがとうございます。



友恵と読ませてもらっています。







僕の人生はずっと経済苦です。



先日きちんと紙に書いたのですが


大学出てから今までに勤めた会社は


20社でした。




在職中に倒産した会社は



4つ



働いて売り上げ会社いちばんになったのに



給料をきちんとくれなくて辞めた会社や


あまりにもブラックな会社など



そんな会社のオンパレードでした。




自分ではなにかの業だとわかります。



いまも友恵には楽をさせてあげられないのが


いちばん心苦しいです。






先日、友恵が友恵のお母さんに言われた言葉は



まさに真の言葉でした。





「人間の苦しみの中で


経済苦はいちばん軽い苦しみなんだよ。」





実にその通りなんです。



まさにそうなんです。





世の中には、身体が不自由で苦しむ人



子供が出来ずに苦しむ人



親兄弟が病気や犯罪者で苦しむ人



彼氏彼女がいない人


結婚出来ずに苦しむ人



結婚してもその相手を愛せずに苦しむ人


などなどいろんな種類の苦しみが有ります。







苦しみにランクをつけたならば



経済苦はたいしたことないのかもしれません。





僕も友恵もツインソウルに逢えて



毎日会話が絶えないし



毎日日本一最高のセックスをしているし


昨日は町田の回転すしにいって、


おいしいねーと笑いあえるし



僕からしたらツインソウルの友恵が


誰もが認める美人でスタイルいいのが幸せだし



お金が有っても嫁がツインソウルじゃなくて、スタイル悪いブスな女だったら最悪だし






でも


やっぱり友恵には楽させてあげたいなあ。







お金のことで、許せないことがあって





今から10年くらいまえに



「あんたはその歳になってもまだ家を持ってないよね。



私があんたの歳にはもう、家を持っていたよ。



情けないやつだね。」



と言われたんだよ。



僕は冷静にこう答えたよ。




「たしかに僕は家を持ってない。



残念ながら僕はあなたのように



子供に家を買ってくれるような親に



恵まれなかったんだよなあ。



僕の親はあなたの親が持っていた



財力も優しさも持ってない



バカなやつらだからね。」






お気づきだろう



これは僕の実の母親との会話だ。





僕の母親の義父(母親は連れ子)は



連れ子にも家を買い与えた立派な方だった。




僕の答えを聞いて母親は案の定怒っていた。






僕の母親は僕と友恵の結婚を聞いても



お祝いの一つもよこさなかった。




これはむしろありがたいのだ。





今後僕の元の両親になにがあろうが



葬式があろうが



行かなくて良いからだ。



結婚祝いも寄越さないやつに関わる必要が無いからだ。






幸福の基準を決めろ。



僕が頂いた談誌さんの言葉だ。







友恵と暮らしていられるのが



僕の幸せなのだ。









Qちゃんありがとう


Qちゃんのおかげだよ。







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/3848-7c4ca337