--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/19/2014    ピンポン



夕べ友恵と借りてきた映画を観た。




宮藤官九郎


脚本の名作





なぜいまピンポンなのか?




僕と友恵はときどき片瀬江ノ島に行く。




駅を出たところに橋がある。



こここそ



映画のオープニングで



窪塚ペコと松尾スズキ警察官が出てくる橋だ。





ペコは叫ぶ。



I can fly!



僕はこの橋を渡る時にはかならす



この話をする。




友恵はピンポンを観ていない。




だから夕べ観た。







窪塚洋介も



松尾スズキも



井浦アラタも



中村獅童も



大久保くんも



若いなあ…





作品は役者の年齢から



いつくらいの作品なんだなあと思うものだが




この作品の



竹中尚人





夏木マリ




このふたりは今と変わらないんだよなあ…





まだまだ無名の



佐藤二郎や



津田寛治



も出ているし









いちばんびっくりしたのが



最後の最後に出てくる小さな男の子



今では立派になった


染谷将太くんだよ!



僕が唯一出た映画で同じ場面に出てる染谷くん



かわいいんだよ。








若い人にはピンポン


かならず観て欲しい。






作品としても



映画史に残る名作だ。







窪塚洋介があの事件で



死んでいたならば…


違う見方もあったのかなあ。






窪塚洋介はビルの屋上で叫んだのか?




I can fly!






宮藤官九郎はやはりすごい。













スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/3932-5c29a0a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。