--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



昨日



友恵の友人夫婦に会って



とても楽しく素敵な時間を過ごした。





友人は時々旦那さんの祖国に行き



旦那さんの両親や兄弟、兄弟の嫁さんと


素敵な時間を過ごす。



向こうからみたら外国人の彼女を



大切に大切にしてくれている。



お母さんは日本語を勉強してくれているそうだ。




僕ら夫婦が聞いていても



素晴らしい家族に恵まれている。



それは精神的にも経済的にも。





友恵から僕の両親のことは聞いているから



彼女は



「山口さんのご両親はどうなの?」



とは聞かないでくれている。








帰り道



川崎まで錦織圭の車で送ってもらって



楽しい時間は終わった。






そして強烈な



自己嫌悪ならぬ



他己嫌悪に襲われた。






友恵ごめんなさい。


友恵ごめんなさい。




結婚してから友恵の実家のほうからは



いろいろ優しくしてもらい僕も友恵も幸せである。





しかし、



僕の実家からはなんにもない。






「友恵、僕の親も生きていたら


キミを大切にしてくれるんだよなあ…」




という嘘も言えない。



残念なことにヤツらはまだ生きている。





なんであの悪魔マリアは



名古屋大学なんかじゃなくて



横浜国大じゃなかったんだよ!






この他己嫌悪



かなりの時間頭を支配する。









友恵ごめんなさい。



親もひっくるめて



僕との結婚だよなあ














スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/3994-a5268c5c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。