--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「私の妻が連れ子で連れてきた



男の子供が



近所の子供を惨殺しました。



私の方の連れ子は娘が2人いますが



この娘のために離婚した方がいいでしょうか?」



川崎のふなばし








この事件のせいで



和歌山の中村桜洲の事件







名古屋大学の殺人







報道されない。







これら一連の奇怪な事件の



加害者の対応で



僕が注視しているのが



和歌山の中村桜洲が近所の男の子を惨殺した事件





犯人の父親は高野山大学の中村本然教授


意地悪な興味からではなくて



仏教を究めた人はこれだけの大難を



どう乗り切るのか?





今回の川崎の事件では



犯人Fの父親と母親のいい加減な対応に


皆が怒りを感じている。






そしてこの犯人Fの父親は思っているだろう。





こいつは俺の子供じゃない。







僕は父親なので



父親の立場で事件を考えてしまう。





上村君の父親は今後どうするのか?



中村本然先生は今後どうするのか?



そして



犯人Fの今の父親



そして犯人Fの



遺伝子上のほんとの日本人の父親



は今どう思っているだろう。










スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4045-e75cc392
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。