--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/02/2015    ひとりの部屋で



僕の今までのツラくてうまく行かない



もういやになってしまう人生は



ツインソウルの友恵との残りの人生が



いかに素晴らしいかをわかるための



神様からのイジワルなプレゼントだったんだと。







これは決して強がりじゃないんだ。







今から三年前



同じ部屋の同じベッドに



同じように横になって天井を見ていた。





Qちゃんがいなくなって



人生どん底。







その時、



透明になったQちゃんは



僕の小指から出ていた赤い糸をくわえて


その糸の先に向かって行った。







行き着いた先にいた


僕のツインソウルを見つけ出して



ふたりを逢わせてくれた。







僕も友恵もつらいつらい毎日をおくっていた。





自分の糸の先に



もうひとりの自分がいることには気づかずに。







神様が僕の人生にふりかけていた



スパイスは



かなり強烈すぎて



何度もふらふらになった。







今まで僕の人生の邪魔をしていた



元の両親や



嫌なことをしてきた人々



みんなを許すほど善人にはなれないけど


ツインソウルの友恵に出逢って



そんな人々も映画で見た悪役たちみたいに



違う世界の登場人物に思える。








友恵はやく帰ってこないかな。





Qちゃんほんとうにありがとう。











スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4093-badc5001
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。