--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ツインソウルとは



普通の人から見たらなんだろうか?





答えは「蜃気楼」だと思う。






僕はいま53歳



僕と同じくらいの普通の夫婦にとって



結婚とはなんだったのだろう。





おそらくほとんどの人が自分の結婚を振り返る時期だろう。


子供が巣立ち、自分たちも体が衰えてくる時期。





でも大半の人があと30年は生きなければいけない現実。






体は衰えてきたとはいえ、まだまだ頑張れる気がする。



いや



人生で頑張れる最後のチャンス。





そんなときに若い時に自分が選んだ配偶者を見る。











はたして


このひとだったのだろうか?








違うと心は答えているが



それを認めるということは



今までの自分の人生を否定することになる。






過去はやり直せないけど



未来は変えられる。






運命の人はいるのだろうか?





もし若い時



運命の人に出逢えていたならば



どんな人生だったのだろうか?









否!




運命の人なんて



いないのだ。







ツインソウルなんて


砂漠の果てに見える


蜃気楼。






幻でしかない。






運命の人なんか



いてたまるか!







若い時に性欲にまかせて身近にいた女を妻にして



家族を演じ



夫を演じ父親を演じ


魅力のかけらもなくなった妻という女を


愛してるふりをして


ほかに抱かしてくれる相手もいないから


排泄のためだけの砂を抱くようなセックスを繰り返し



ようやく50の声を聞いた。







運命の人?



ツインソウル?






そんなものは幻想だ。






あってたまるか!













というのが



一般人の思いだろうなあ…












世の中の男性が



ありのままに行動したならはま



みんな奥さんの首を絞めちゃうんだろうな。








怖いのはこれから



ツインソウルでもない人間が倒れたら



介護するのはあなただよ。







お互いに健康な時に別れないと



大変だよ。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4125-762900dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。