「幸せのシンクロというか伝染?



薫さんはブログ内であるんですね^o^





私たちは最近リアルであります




一見悩みともとれる…



というか、



悩みかけました




高校2年生の息子が彼女を泊まらせるんだけれど



2つ年下なんです…


若すぎる、早すぎる



社会人になりたての娘は



同期の男の子と帰ってきて



くっついて眠る




なんてハレンチなおうちなんだ?




と思って どうやって注意しようかと



最初に思いました




でも、よーく考えたら



私たちを見て刺激を受け



この子たちなりの幸せを求めているのでは?



それを頭ごなしに世間一般の常識を



考えて注意されてはたまったもんじゃないよね




そもそもツインソウルとは



常識を覆すもの




周りがとても影響されてるのも



納得いくことだし



もっともっと心の声をきいて



惑わされないようにしないといけないな


と思いました




何より息子たち、



娘たちの



幸せそうな表情をみて



喜ばしいことなのが


素直な感想




こんなに幼くて



もし赤ちゃんでも出来たらどうするの?


相手の親になんて謝るの?



こっちが世間一般を考える感想




でも、



命を授かるのは運命だからね



自分で決めて来るんだから



そんなことを夫婦で話しながら



産後より良くなったので



誰が来てようと気にせず



赤ちゃんの寝顔を見ながら



エネルギーの循環をする 私たちなのでした




ま、



一応静かにはしてますけどね(笑)



性に関することは秘め事とする 日本の古き考えは



余計に若者たちを危険にさらすことに なるのではないかと



最近のニュースをみて 私は思いました



ツインソウルはこうやって 色んなカタチで



色んな人々に


命の大切さや



幸せの感じ方を 広めていくのが任務なのでしょうね




私たちは性に関して


あえて オープンにして



子どもたちを世間からまもることにします」





「ツインソウルにすることは、自分にすること」へのコメント



Posted by はる



15/04/26 10:42:59








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4137-68975375