今から10年くらい前



このブログの開始時に同棲していた



真由美さんと約束をした。





結婚の約束だ。





彼女からは条件があった。




「結婚するのはいいけれど



あなたの母親がいるならば嫌だよ。」





僕は彼女にこう言った。





「あの人も病気だから



永くはない。



三年以内には死ぬだろう。



だからもう少し待ってくれ。」







約束の三年が来ても


母親は生きていた。





そして真由美はもう待てないと去っていった。







当てが外れた。






しかし



いま考えてみれば



当てが外れたからこそ僕は独身であったから



友恵とすんなり結婚出来たのだ。









ちなみに



母親はまだ生きている。









スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4159-24519719