--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



昨日、懐かしい店を訪ねた。



30年ぶりに訪れた店は、



小田急の大和駅から徒歩3分の焼き鳥屋



「鳥清(とりせい)」



場所はストリップの大和ミュージックの下にある。



夕方の5時半に入ったら、客はパラパラ。





友恵とはここで待ち合わせなので、



それまではひとりでやる。



と、言っても僕は酒は飲まないので、



ホッピーのホッピーだけをたのむ。





焼鳥は塩で10本、ガツポンを注文。



ガツポンとは鶏肉のガツをポン酢で和えたものだ。



焼鳥を食べながら、店内を見渡す。



驚くほどに30年前と変わらない。




そして、30年前もそうだったが店員がみんな若い女の子だ。



Tシャツに下はジャージ。



昔と違うのは空気がきれいなのだ。



空調が行き届いている。



だから、焼鳥屋の煙もうもうなことも、


タバコの臭いもしない。





焼鳥はうまくて安い。



この鳥清のワクワク感は、



焼鳥を食べている僕らのすぐ上の階で、


ストリップをやっていることだ。




少し耳をすますと



上の音楽が聞こえてくる。



今ごろ上では踊り子さんが脚を開いているんだなあ…



と感慨を深めながら焼鳥に噛みつく。





小田急大和に来たならば、



かならず鳥清によってほしい。



呑んで元気が出てきたら、



二階のストリップに行こう。



食欲と性欲を高められる街、大和。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4364-a5b82651
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。