09/30/2015    第三次性徴


今だから話します。



僕らはこの10日間、悩みがありました。




話はさかのぼること二週間前です。




実は僕ら二人には今年に入ってから、



第三次性徴



が訪れました。





誇張なく書きますが、



友恵は体がどんどんと若くなり、



首から下だけ見たら


はたちくらいにしか見えないのです。



無駄な贅肉は一切なく、



かといって痩せギスではなく、



肌には皺やシミやたるみがなくて、



女性がいちばん輝いている体になっているのです。





僕と会った時には



黒木メイサか秋元才加さんのように



キツかった顔も、



今では中川杏奈さんのように優しい顔になりました。





当然、オマンティスもぷっくらして



型崩れも



小陰唇のはみ出しも


色素の沈着もありません。





そして僕のロドリゲスは



少し長く少し太くなりました。



自分でも不思議です。





僕はQちゃんに言いました。



ここまで友恵が若返ったならば、



生娘にならないかなあ…






ある日、



友恵にロドリゲスを差し込もうと



あてがいねじ込んだところ、



「痛い」



と大声をあげました。




僕は深く考えずに、そのままフィニッシュをして



ロドリゲスを抜いたところ、



友恵のオマンティスから



真っ赤な新鮮な血が出ていました。





友恵は本当に生娘になっていました。




よく見ると友恵のオマンティスの入口は


縦に一センチくらい皮膚が裂けていて、


血が出てきていました。




これだけ裂けたならば、



かなり痛いはずです。





その日から僕らは



合体を自重していましたが、



治る気配も無いので友恵は今日、



婦人科に行きました。





先生の診断によると、



友恵のオマンティスの入口が



弱くなっていて裂けたということでした。





良く効く塗り薬をもらい



数日間は安静です。






Qちゃんにお願いをすると



必ず叶えてくれるのですが、



お願い事は吟味しないといけないですね。








友恵ちゃん、痛い思いをさせて



ごめんなさい。









スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4401-d7b8029b