--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/14/2015    蜜さんよりのお手紙



「ツインソウルと出会ってその意味がすごく理解できました。




ツインソウルとは体は結ばれてはいませんが、



肌を触ったときの感覚が



他の方とは全然違い、



体も一つになったら


気持ちいいだろうな


と感覚的がわかってしまいました。





なので主人とはする気にはなれなくなってしまって…



でもいつか自分の子供が欲しいと考えたら



ガマンしてするしかないのかと…。





すごく悲しいし辛いです。





でも今はこれが現実。



死ぬまでにツインの


違和感のない



愛ある結合が出来たらいいなと思います。





お2人の愛ある結合が


とても具体的でキュンキュンします。



またブログでご報告おまちしております。





友恵さんのオマンティスお大事に!!」




「非ツインソウルのセックスとは」へのコメント


Posted by 蜜


15/10/14 19:19:20








蜜さん



ありがとうございます。





この歳になって



嫁さんのおマンティスが締まりすぎる



なんて悩みは贅沢ですよね。






僕が残りの人生でしなければいけないのは



というよりも



したくてしたくて仕方ないのは






ツインソウルじゃない結婚は



糞夫婦!





と叫び続けることだと思っています。







普通の夫婦が普通



ツインソウル夫婦はスペシャル





なんではなくて






ツインソウル夫婦が


人間としての



あたりまえの夫婦であり






性欲や欲得や、



自分に股を開く女はこいつだけだった



みたいな



俗に言う普通の夫婦は




糞夫婦!




ということが



あたりまえになる社会を作ることです。






結婚は相手に目をつぶることでもなく



ガマンすることでもないんです。






ツインソウル夫婦が


あたりまえなんです。








だから糞夫婦をつくらない運動が必要なんです。











スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4434-158a736d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。