10/31/2015    Qちゃんの薫り




今日



友恵を迎えに横浜駅まで行って



食事をして部屋に帰ってきた時に



驚くことがあった。






部屋のドアを開けた瞬間に



強いQちゃんの薫りがした。





Qちゃんが生きていたときに



部屋に帰ってきた来たときのあの薫り。





僕だけではなくて



生前のQちゃんを知らない友恵の鼻にも


その薫りは広がった。






昼間



Qちゃんはこの部屋で遊んでいたんだ。







あなたはこう思うだろう。





そりゃそうだよ



だってQちゃんのいた部屋だから当たり前だよ。






違うんだよ



Qちゃんはこの部屋では生活していないんだ。






友恵が来たときに違う部屋に移ったから。








Qちゃん



いつでも来ていいよ。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4482-5a259050