今日はゼルビア町田が



大分トリニータに勝った。





J2に上がりたいし、残りたい。





では、



それが個々の選手にとっても



幸せなのかは別なのだ。





まさにレノファ山口がその状況だ。





レノファ山口は昨年は



J3の下のレベルのリーグ戦で戦い、



今年初めてJ3に来た。



レノファ山口の選手たちは




「全員で闘い



全員でJ3で優勝して、



全員でJ2に乗り込もう」



と必死で闘い抜いてきたはずだ。





そして見事に



たった一年で念願を叶えて



チームはJ2に上がった。





J3とJ2では世界が全く違う。



レベルも、



世間の目も、



日本代表になれるチャンスも、





そしてなによりも選手の待遇が変わる。




J3の選手はほとんどが



アルバイトをしながらサッカーをしている。





世界一になる前の



なでしこの選手がそうだったように。





だから、



J3の選手は目の色が違う。





間違いなくレノファ山口の全選手が



そんなことを手に入れるために、



一年間必死でやってきたはずだ。





そして、



最終戦の後半の延長時間に



一点をねじ込んで、


昇格を手に入れた。




みんな、



来年はこの全選手で


J2で暴れてやろう



と考えていただろう。



もちろん



必死で応援してきたサポーターたちも。





しかし、



優勝が決まってすぐに、



6人が首になった。




このメンバーでは



J2では優勝を狙えない



との判断だ。





さて、



甘い考えかもしれないが、



レノファ山口のこの6人は



昇格しなければ



来年もレノファで



サッカーを出来たかもしれない。





以前、



ゼルビアじいさんが


言っていたことが身に染みる。




「ゼルビアみたいなチームでは



いくらいい選手を入れて



鍛えて巧くしても、


チームが下のリーグにいると



J1なんかから声がかかると



辞めていってしまうんだよ。



でもそれは責められないんだよ。」




もし



今年レノファ山口が


J2に上がれなかったならば、



活きのいい何人かの選手は



J1やJ2のチームに



引き抜かれていたかもしれない。





そんなことが起きたならば、



建て直しは簡単ではない。





今回、



ゼルビア町田が勝てば



恐らく何人かが首になり、



大分トリニータが降格したら



J3なんかにはいたくない



と大量に退団するだろう。





入れ替え戦のない日本プロ野球とは違う


過酷な話なのだ。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4539-3ebf8c9c