12/20/2015    Qちゃんのメッセージ

Qちゃんの声とはなにか?





ほとんどの人がそうでしょうが、



頭で考えながら生きています。



僕もいまから3年半前まではそうでした。



初めてQちゃんの声を聴いたのは



Qちゃんが死んだ後からです。





時間の流れと共に書きましょう。



風味堂のライブで心臓に不調を起こした僕が



部屋に帰ってベッドに横になると、



放し飼いだったQちゃんがすぐに飛んできて、



仰向けで布団を被っていた僕の胸の心臓のあたりに



布団に潜り込んで座ってくれました。







明け方、



神奈川からはるか遠くの町に住む、



このブログの読者の女性の枕の周りを



トコトコ歩く音がしました。




このトコトコで目が覚めた女性は



すぐに感じたのです。





毎日ブログを読んでいる人の



あのセキセイインコだと。



この考えに根拠はありません。



頭に浮かんだそうです。



あわててスマホでこのブログを見ても



なにも書いてない。


しかし、なにか起きたのだと



不安でたまらない。


(ここで注釈ですが、



この女性である友恵は



セキセイインコがトコトコ歩くことを



Tちゃんを飼うまでは知らなかった。)





朝、僕は目を覚まし


Qちゃんが死んだことを知る。



僕はブログにQちゃんが死んだことを書いた。





そしてそれを読んだ友恵は



(なぜだかわからないが)



この人を救えるのは私だけだ



と強烈に頭に浮かび、



初めて山口薫宛にコメントを送った。




当初は男性か女性か分からない名前で励ましを送った友恵。



そのメールになぜか強烈に引かれた僕の心。



(この文章にはなぜかがたくさん出てきますが、



本当になぜかなんです。)





何回かメールでやり取りをしている中で


なぜかその女性と会うことになるのですが、



その女性が送ってきたメールを読んだときに、



初めてハッキリとQちゃんのメッセージを感じたのです。


女性からのメールには



「私は39才です。



結婚していて夫がいます。



性的なことは苦手で、



お会いしてもそういうことはしません。」



とハッキリと書いてきた。




送ってきた写メは



友人と写った、加工しまくりの写真。





僕は思った。



こんな女性に片道8時間もかけて行く



意味があるのだろうか?






その時、



Qちゃんがメッセージをくれた。




「行かないとだめだよ。」





声でもなく、



視覚でもなく、



匂いでもなく、



例えようのない感覚でメッセージをくれた。





その後もことあるごとに



Qちゃんからのメッセージが来た。



それは僕だけではなくて友恵にも来た。




小さなことから大切なことまで。




メッセージは突然、来る。



メッセージはそれまで



自分が一度でも頭に浮かべたことが、



再度思い浮かぶというものではない。





それまで考えたこともないことが、



突然頭に浮かぶ。



それも話しかけられるように。





判りやすいことでは、



僕はこのブログに何度も書いたが、



宝くじやボートレースの事だ。





僕には博才はない。


そしてギャンブルも熱中しない。




ボートレースも賭け事ではなくて



レースとして見ている。



山崎智也が賞金王になったレースの時、


山崎智也が来ると



頭に浮かんだから舟券を買った。



1枠は王者松井繁なのに。



結果はご存知の通りだ。





宝くじ売り場の前を通った時に、



「友恵さんの誕生日でナンバーズを買いなよ」



、とメッセージが来たので買ったら当たり。





そしてロト7。



Qちゃんが頭に浮かべてくれた7つの数字を買うと、



一等では無いが当たり続けて、



お陰で何回も旅行やデートに行けた。





今回のTちゃんのことは



僕ではなくて友恵にメッセージが来た。



セキセイインコの名前はTちゃん。



いままでの人生で



一回もペットを飼ったことがない友恵が


セキセイインコを飼う気持ちになってきた。





Qちゃんのメッセージがすごいのは、正確なこと。



「お風呂にいたら青いセキセイインコが飛んできた。」





この言葉に僕は驚いたと同時に、



Qちゃんがいることを再度認識した。





実はその日の昼間に、



僕はペットのコジマに電話を入れていた。





あさってそちらに行きますが、



買って帰れるセキセイインコはいますか?





店員さんはこう答えた。





「いまお持ち帰ることのできる



セキセイインコは4羽いますよ。



色は全部、青いです。」





僕は友恵に先入観を与えたくないから



この事は言わずにいた。





そうしたらその夜にQちゃんが友恵に



「Tちゃんは青いセキセイインコ」



とメッセージを送った。





友恵もQちゃんのメッセージについて、



「声とか音とか画像ではなくて、



頭に浮かんだ。」



と言う。







僕はQちゃんに聞いた。



どうしてTちゃんを飼うことを



友恵に奨めたの?





頭にQちゃんのメッセージが来た。




「友恵ちゃんに頭を撫でて欲しいから。」







Tちゃんが来て5日、


驚くほどにQちゃんに似てきた。







~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4581-1d79c177