--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パタトゥさん、はじめまして。



フランス良いところですよね。



私は友達がフランス人と結婚するので、

フランスに行きました。



ドイツ、スペイン、アジア、



色々行ったり住んだりしましたが、 フランス、好きです。





ところで勝手に書いていますが、もしよかったら、 読んでください。




私もバタトゥさんが思うように疑問に思っていました。



でも、最近はこう思うようになりました。



多分、ツインソウルと出会ったと言いながら、



糞夫婦を続けている方たちは、



おそらく、



ツインソウルではない、



ということです。




知恵袋にも、 ツインソウルに会ったと言っている人ほど、



ちがうという意見がありました。



薫さんも出会った時には、ツインソウルという言葉も



知らなかったみたいですものね。





私たちはツインソウルかも?



と思ってネットサーフィンしている人たちも違うようです。


ツインソウルに会ったら、



私たち、ツインソウルかなって考える必要もないほどの、



もっともっと大きな確信があるそうです。




「わかる~、私にも同じ出来事がある~、


そうかそうか、


やっぱり私たちもツインソウルなのね」


というような



”私たちはツインソウル検証”



をしているレベルではないようです。




ツインソウルじゃないから、



糞夫婦を続けていられるのだと思います。




私にはそれが、合点がいくんですが・・・。




どうでしょうか。





海外のサイトでも、

逃げる側、


とか


逃げられる側、


とか、


年数を得て再会とか、



手が似ているとか、

住んでいた地域が時間差で同じだったとか、


まことしやかに書かれてあるようですが、


そんな小細工は要らないのが、


本物のツインソウルだと思います。




本物のツインソウルに会える確率なんて、


そうはないと思います。



薫さんも友恵さんも、 バタトゥさんもバタトゥさんのパートナーさんも、


本当にすごい出会いを果たされているんですよね。



私は本物のツインソウルの方のお話を聞けて、


嬉しいです。


「フランスよりの手紙 2月」へのコメント


Posted by やすこ


16/02/14 10:42:40







パタトゥさん


やすこさん、



ありがとうございます。






パタトゥさんへの解答は



すべてやすこさんが書いてくれました。






僕と友恵は



出逢ってから今日まで



そしてこれからも



ある意味



何にも考えていなくて



何にも悩んでなくて


まるでジェットコースターのレールに乗っている毎日なんですよ。






右と左


1と2



どちらにしようか?




ではまったくなくて


目の前に開いたレールを



二人で疾走しているのです。







だから



ツインソウルに逢ったならば



どちらをとるべきか?



なんていう考えはひとつもひとつも



ないんです!







だから



ツインソウルに出逢って何かに悩んでいる人には











なんです。









津波や洪水が来たならば



普段泳げない人も



必死に泳ぎますよね。









スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4684-40895605
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。