02/23/2016    海街diaryはすずのdiary



海街diaryのDVDを借りてきて友恵と観た。



綾瀬はるか、


長澤まさみ、


夏帆、


広瀬すず、



が4姉妹として鎌倉で暮らす



まったりとした作品で、



たくさんの賞をとった名作。



という触れ込みだが、



これはそんな作品ではない。





是枝監督、



僕と同じ年のダンディーな男だが、



この監督の代表作



「空気人形」



を観た僕ならば分かる。





この作品で監督が撮りたかったのは



「広瀬すずのいまだけのエロス」



である。





この作品を映画作品として見ると


つまらないストーリーだ。



やはり友恵は途中で寝た。





しかし、しかし、



僕は是枝監督の眼で見ていたから



興奮MAX!




是枝監督は綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆などの



豪華で旬な女優を全面に使って



それを目眩ましにして、



まだつぼみの広瀬すずのエロスを



余すところなく撮っている。





制服姿、


ゆかた姿、


体操着姿、


寝姿、


入浴姿、


食事姿、


勉強姿、


笑顔、


涙顔、





他の三人にはこんなにたくさんの場面は無い。





そしてこの映画の一番



歴史的、芸術的な価値は



ふと友恵が広瀬すずを見て



漏らした一声だ。





「すずちゃん、処女太りだね。」





女の子は子供から女になる時に、



ベビーファットという脂肪が体を包む。



美しいおとなの女になる女性は



このベビーファットがきれいに無くなるのだ。





この映画の広瀬すずちゃんには



ベビーファットが残っていて、



脱皮直前の蝶を思わせる。





是枝監督はこの作品で、



これから大女優なるであろう



広瀬すずの今しか撮れない輝きを残したかったのだ。





是枝監督、ありがとう。






そして、



もしこの作品を観たならば注意してほしい。



いくつかの場面で、


小さな黄色いちょうちょが飛んでいる。



Qちゃんかもしれない。









あっ



鎌倉の良さも出ています。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4701-d3664a63