--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/24/2016    勝からのメール



ゆうべ息子の勝からメールが来ていた。



「聞きたいことがあるんだけど、



産みの母親の実家ってどこにあるの?



名前は?」





勝が三歳の時に離婚して21年、



初めて言われた質問だ。





僕が覚えている前妻の実家の住所を伝えたあと



「どうしたんだ?」


と聞いてみた。





勝からの返事は



「とくになにもないけど、



時間も経ったから



会ってみたいと思った。」






僕はこの20年、



いつこの質問が出るのかと考えていた。




なぜいまこの質問が出たのか。



おそらく勝は片親である父親(僕)が



最近まで幸せそうではなかったので



気を使って聞きたくても



聞けなかったんだろう。





僕が友恵と落ち着いて



ようやく勝から見ても幸せに見えたから、



初めてこの質問が出来たのだろう。





勝が



会う、会わないはもう彼次第だ。





しかし、僕は自分に対して改めて驚いた。



僕が持つ前妻の情報は、



実家の住所だけだ。


僕にとっては



もうはるか過去の人になっていても、



勝には一生母親だ。





いままで我慢していてくれたことを済まなく思うし



彼の母親が幸せであることを祈るだけである。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4703-929b184c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。