友恵と知り合ったときに



僕が友恵に何度も何度も話したことがある。





幸せになろうとすると



かならず魔がやってくる。



正義の味方の顔をして



やさしい顔で近づいてきて



幸せになろうとする者の身体を抱きかかえて



地獄に放り込む。






友恵がツインソウルに出逢い離婚を決意した時には



それまで親友でいたはずの人が



正義の一般論



をかざして離婚を阻止しようと友恵を説得した。






魔はやさしい顔をして近づいてきて



あなたを地獄に引きずり込む。





あなたが幸せになるのがイヤなのだ。






小林悠アナウンサーの今回の事件は



まさに魔。






小林悠ナタリーは、報道キャスターとして



メインになることだけを夢見て



お茶の水女子大大学院を出て



フリーアナウンサーで苦労して



中途採用で天下のTBSに入った。






あれだけ優秀な女子アナウンサーがいる放送局で



中途採用の社員



それも東大学閥の会社でメインになるなんて










そんな夢が叶う直前に



彼女に魔は近づいた。






運転手つきの一億円する車



マイバッハを自家用車とする男に取り憑いて。





あれだけ頭がよくて


コツコツと夢への階段をあがっていたナタリーが



魔だとは気がつかずに



仕事も



男も



財産も



すべて手に入れたと


手のひらを握った時に





すべて指の隙間からこぼれていった。






魔は



あなたが幸せになるために



一歩足を踏みだそうとするときに



正論を振りかざし



あなたのことを



誰よりも心配する態度をとり



あなたがもうそん



なことを考えることのないように



トドメを刺す。








魔にはとにかく気をつけろ。






そしてあなたが魔にならないように日々振り返ること。







友恵は四年前に



地元の魔を切り捨てて神奈川にやってきた。








このブログにも正義正論を振りかざしてくる



魔読者もどきがいるが



魔や糞には近づいてはいけない。









ナタリーも



魔に引きずり込まれた。







命だけは奪われないでくれよ。







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4725-3bb62503