いま地元に帰っている友恵から



久しぶりにホワイトボックスが来ました。








今から4年前



私には道を指し示してくれる



明確なマスターはいなくて



自分なりの内なる心の声に従って



行動していました。





あの日



Qちゃんが亡くなった時に



薫さんを救えるのは私しかいないと



強烈に思い



とっさに行動してしまっていました。





薫さんのところに行くのは



まだまだずっと先になる



と思ってましたが



目の前に突然道が開き



あっという間に



薫さんの元へ行く事ができました。



まるでQちゃんの背中に乗って



飛んでいたように。




その時を振り替えると



私の身近な



母親や



親友が



私を離そうとはしませんでした。






これは



魔が私の大切な人達を使って



(魔が入り込んで)



阻止していたように思います。





現に



親友は普段なら使わない言葉で



私を罵倒しました。



この時私は一旦全てを捨てて来ないと



薫さんのところには行けない



と分かりました。






かなり辛い決断でしたが



そうでもしないと



足を引っ張られていましたから。





逆に



普段は嫌な上司や



縁の遠い人が



私が出てくる際に



とても力になってくれました。






魔に打ち勝った今は


母親も親友も



私の幸せを心から喜んでくれています。




内なる心に従って生きて行く事が



幸せの近道なのではないでしょうか。










友恵さんありがとうございます。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4728-943bfa97