--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/01/2016    ローカル ルール


今回、滋賀県の県議会議員が開いた



謝罪会見こと釈明会見






神奈川県からみていて興味深いものだった。







質問する記者たちは


おそらく都会から来た



標準語民族






答える県議会議員は


方言をつかう



方言民族







あの県議会議員の顔には



「よそから来たモンがなにをぬかしとんのや、



滋賀県ではこんなこと問題にもならんわ。」









ありありと顔に出ていた。







もしかしたらそうなのかもしれない。






滋賀県では問題にならないのだ。




だってあの議員



一期生ではないのだ。







あの議員からみたら


よそもんがゾロゾロ来て



なにつまらんことを


とはらわたが煮えくり返っているのだ。






これは未開拓地に文明人が踏み込んだ例。







逆もある。



先日目の当たりにした。





駅の箱根そばでうどんを食べていたら



30歳くらいのジャンパー姿の男性が入ってきた。




彼は頼んだそばが出てきた時に



おばちゃんに言った。





「てんかすのっけて。」






「60円になります。」








僕らからしたら普通の場面だ。









しかし



彼は違った。







「なんで、てんかすで金取るんだよ!



ふざけんなよ!



いらねーよ!」







彼はてんかすが有料なことに怒り



大声で叫んだ。











たしかに地方によっては



てんかすを無料で載せられるうどん屋もある。








しかしそれは



ローカル ルール







これは野蛮人が文化圏に紛れ込んだパターンだ。












ネイティブな滋賀県民は



あの議員になにも思ってないのかもしれない。







いまだに武藤議員いるしね。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4769-3bc3d17d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。