--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はじめまして。



そして、おめでとうございます。




ツインソウルがあたりまえ…本当はそうなんですよね。





私の両親は偽りの結婚でしたので、



いつもイライラ・ギスギスしてました。




幼いころは単純に悲しかったですが、



今思えば当たり前の事だと気付きました。



もともと合わない、不調和の二人が



「世間体・生存戦略」



のために一緒になっただけなのですから・・





ただの“過酷な生き残りゲーム”の副産物である



“子供”



が幸せいっぱい、愛いっぱいなわけ無いのですよね。



真理を伴わないものは、



恋にしろ性関係にしろ



“刺激”



にしか過ぎないんですね。



だから、刹那的ですぐに過ぎる、飽きる、



次が欲しくなる…貪ってしまう。





とはいえ、私も偽りの結婚をしている身です。





私は雑草だらけの庭に



一輪花を植えました。



そして、毎日その花をみて楽しんでました。



ですか、夫が雑草を引き抜くときに、



一緒に花を抜いてしまったようで、



捨てられた花に気づきました。




一瞬悲しい気持ちが湧き上がってきました。




でもそれは、花が抜かれた…という事実よりも、



その花を抜かれて、今悲しんでいるという気持ち…



寂しい気持ちに



夫は一生気付かないまま過ぎるんだろうな…



と悟ったんです。



お互い、毎日顔を合わせて、



長く一緒にいてもこんなものだと…




夫は良く、私に



「笑顔でいてほしい、笑っていてほしい」



と言います。




逆にいうと、私が笑顔でさえいれば、



その心が絶望に染まっていても構わないのですね。





そもそもその絶望に気付かないから…



中に絶望が詰まっていても、



表面だけ取り繕って安心する…



これが偽りの結婚、偽りの幸せというものだと思います。



要するに、幻想なんですね。





実体があるわけでもない、



皮だけなんです。



空っぽなんです。





みんながみんな、幻想に浸かりきって、


夢をみていただけなんです。




皮をむくと絶望が飛び出てきちゃうから、



目をそらしているだけなんです。



ただ、夢は夢なので、



いつかは醒めます。




私は すべてのツインソウルを祝福します。






それが当たり前、



常識になる事を望みます。





「5月1日の持つ意味」へのコメント



Posted by ぽんぽん


16/05/05 08:57:31













ありがとうございます。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4829-70ff4ea8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。