--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/07/2016    昭和20年生まれ




僕は老人に接することがある時



悲しい気持ちになることがある。





特に昭和20年生まれの老人





この老人の親たちは


いったいなにを考えていたのだろうか。





人間の親が自分の子供を大切に思い



その未来に夢を託す


というのは大嘘だと


昭和20年生まれの老人をみると判る。





第二次世界対戦は昭和20年8月に敗戦した。




日本はその数年前から敗戦の色が明らかであり



生まれた子供が幸せになる希望もなく



もしそのまま戦争が長引いたならば



兵隊に取られると分かっているにもかかわらず



子供をこの世に出した。






昭和20年生まれの人間が製造されたのは



前の年



昭和19年の暗黒時代にもかかわらず



生でセックスをしたのだ。







あきらかにキチガイ沙汰なのだ。







ほんとうに生まれてくる自分の子供に



平和な世界を与えたいならば



そんなことはしない。







いま



子供を産まないことを選択する女性がたくさんいるが



正常な判断だと感じる。







将来兵隊に行かされるかもしれないのに


将来人に殺されるかもしれないのに



将来人を殺すかもしれないのに



将来その子供が自分を殺すかもしれないのに







昭和20年生まれの子供を作った



無責任な人たちは



もう地上にはあまりいないだろう。






なぜ彼らは昭和20年に産まれるような子供を作ったのだろうか?






性欲か?



エゴか?



無責任か?





間違いなく言えることは



そこには生まれくる子供への愛は無い。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4876-654cb3e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。