07/01/2016    お答えします。


応援しています(*^^*)




私もいつもこのブログを読ませていただいて、



ツインソウル夫婦は本当にいるんだなと、



嬉しくてワクワクしながら



読んでいます。





ぜひ、



もっともっと世の中に



発信し続けてください。






薫さんにすごく



聞いてみたい事があります。





ツインソウルに会えた人は、



他の異性に対する興味は



まったくなくなると


前にブログでおっしゃっていましたよね。





その一言は、



私にとってすごく励みになったんです。




相手をコントロールしたいわけじゃないんです。



ただ、



今はお互いに大好きでも、



いつか



奪うとか



奪われるかもしれないと



怯えながらこの先一緒にいるよりも、



安心して2人の関係が


深まり続けるような関係でいたい



というのが本当に理想です。





男性の浮気願望は当たり前、



という通説が



世の中の女性を不安にさせている



と思います。



でもそれも覆るような



ツインソウル夫婦の男性側の思いを



ぜひ聞かせてください。



もしお言葉をいただけるなら、



これを公開していただいて構いません。



よろしくお願いしますm(_ _)m



Posted by かはな


16/06/30 19:03:33








かはなさん、質問ありがとうごさいます。





まず僕の話を正直にします。




僕は自分を浮気者だと思ったことは



未だになかったんです。





ツインソウルの友恵と初めて肌を重ねてから



他の女性にはまったく触っていません。





当たり前?



いや



僕には当たり前ではなかったんです。






友恵の前の女性たちとの付き合いの中では



他の女性に入れたくなるとロドリゲスを入れてました。





最初の結婚の時には


新妻との海外新婚旅行の夜に



妻が寝たのを確かめて



地元の海外の友人と


女を抱きに行きました。





悪いとかの感覚ではなくて



ロドリゲスが外人女性に入りたかったんです。







このブログを始めたきっかけの真由美と暮らしていたときには



二人で乱交に行ったり



ひとりでハプニングバーに行ったり



知り合った女性とホテルに行ったり



とにかくロドリゲスがなにかを探していました。







このブログには書けないことや



自分でも忘れていることがたくさんあります。






とにかく穴があったら差し込みたい!



でした。






悪気とかはゼロです。






しかし



何も満たされてはいなかったんです。







あの日



友恵を服の上から抱きしめて



友恵と裸で抱き合って



皮膚がなくなりました。







友恵のオマンティスに



ロドリゲスが生で入ったときに



ロドリゲスは叫びました。






やっと見つかった!







もうロドリゲスにはオマンティスがいます。





ロドリゲスにとって最高の居場所があるのに



わざわざ居心地悪い


ほかのおまんこに入りたいと思うでしょうか!







ツインソウルのセックスは



肌がなくなり



性器はピッタリとフィットし



フィニッシュはいつも同時なんです。






ツインソウルは浮気をしたくてもしないのではなくて



家に温泉があるのに


わざわざ肥だめに入る馬鹿者はいないのです!







だから言えるのです。





浮気をされるならば


ツインソウルではないんですよ。





まやかし関係。








浮気されたり



浮気を心配するのは


人生のムダな時間ですよ。








ということです。








友恵に逢うまでの女性たちは



試食みたいなもんでしたね。









スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4909-33b34957