不快になりたくないならば読まないでください。









今回の事件



普通に考えても



理解は無理だよ。




彼は



心の容量を超えた



衝撃的なことで



心が破壊された時に








魔が入り込んだんだよ。















教師の家に生まれて


教師を目指してきた


普通の人には





知的障害者のケアは


無理だよ。






小学校の子供たちは


教えたら学び



叱ったら反省してしなくなる。






教育者はこれが生きがいだ。










僕は大学生の時に



近くの作業場で



3ヶ月くらい無料で手伝いに行っていた。







そこで骨身に染みるくらい



理解したことがある。












いくら教えたって



学べない



いくら注意をしても


じっとその場にいられない




大人



がいることを。








子供が暴れたって



おとなしくさせるのは至難の技なのに



大人の体格で暴れ出す大人がいる。




大声で暴れる。







その場所には



教育は無い。







教えたって育たない


人がいる。











いくら仕事とはいえ


ひとりで20人もケアは出来ない。








普通の世界しか知らないで生きてきた人ならば



心は壊れる。






みな



ギリギリのところ


でガマンし



耐えられないと辞めていく。








彼のそんな心に



魔は入り込んだ。










はるか昔



僕が人事と総務をしていた地方の工場で


事件があった。






地域から頼まれて、


数人軽作業で雇った。







そのうちのひとりの大人が



下半身を脱いでうろうろしていた。






数人の若い女性の社員は怯えてしまい



会社を辞めたいと言ってきた。







まだ若かった僕はその大人に一生懸命そんなことはいけないと教えた。



でも












僕には勝という息子がいる。



学校の勉強は得意ではなかった。





でも



教えたことは



理解してそのように行動してくれる。





幸い欠損も病気も無い。














こんな



当たり前のことが



実は



とってもとっても



貴重なことなんだと


骨の髄からわかる。








当たり前のことは



実はすごいことなんだ。











秋葉原で人を刺して殺した人も



老人ホームでベランダから老人を落とした人も



今回の犯人も






壊れた心に



魔が入り込んだ。









僕らだって



心が弱っている時には


気を確かに持たないと危ない。








あんな大量殺人



思想や信条でやれることではない。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/4951-9ee0c2e1