--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/01/2016    女の後ろ姿



女の後ろ姿とは



立ち姿ではない。




女性がよつん這いになった後ろ姿だ。



この後ろ姿、自分ではわからないだろうが、



男性はバックでセックスしているときに、頭に思う。





「なんて素敵な後ろ姿なんだ!



ウエストが引き締まっていて



美しい背骨のライン。



なんてきれいな後ろ姿。」





「俺はいまなんで餅つきをしてるんだろうか?」





「おっぱいと思って揉んだら、



おなかじゃないか!」





「この女、尾てい骨が当たって痛くてしかたない!」






まったく僕の意見なんだが、



モデルではない素人の女性で



おっぱいの大きな女性は背中にも脂肪がついている。




背中に厚みのある女性をよつん這いにして



後ろから見ると萎えてしまう。




あとおっぱいの大きな女性で



モデルではない素人の女性では



おっぱいだけ大きいということはあまりない。





よつん這いにすると


おなかも重力で垂れて、



後ろからおっぱいを揉んだらおなかだった



ということになる。




あと、立ち姿のお尻の形と



よつん這いのお尻の形はリンクしない。



アイドルの川村ゆきえさんは



立ち姿の後ろ姿はキレイだが



よつん這いのお尻の形は残念なのだ。





女性のよつん這い姿で重要なのは



背骨の反り具合







ウエストのくびれ。




あとものすごく困るのは、



尾てい骨の長い女性。



女の人で生れつき尾てい骨の長い人がいて、



学校などで椅子に座っていると、



尾てい骨が長いから痛くて仕方ない人がいる。




このタイプの女性をバックでしていると、



女性の尾てい骨が男性の恥骨に刺さって痛いのだ。






よつん這いの後ろ姿、



本人はどうしようもないものだが、



実は重要な姿なのだ。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/5001-6f3ac97f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。