「若い日の



うつくしい



わたしを抱いてほしかった。」



石川さゆり さんの名曲



風の盆 の一節だ。





あなたのからだは



誰に抱かれるためにあるのか?







友恵は38で僕に逢った。





当時の旦那さんとはかなりのセックスレス





友恵は美人ではあったが



潤いやしなやかさがなかった。






あれから四年



毎朝のセックスで女としての潤いが出てきた。





そして半年前にサタデープラスで見た



酢しょうが







寒天



アマニ油



乾燥おから







無理なく毎日食べていたら










髪の毛



がツヤツヤし





体温が上がり



代謝が上がり



みるみる無駄な脂肪が消えた。






友恵は見た目は



30前後である。






僕は38の友恵と出逢い



今は毎朝毎朝



30才の友恵を味わう。





本当は男は



若い頃の自分と出逢う前の妻を抱きたい。





友恵はそんな僕の夢を毎朝叶えてくれている。




友恵の普段着は



二十代半ばの女性のファッションだ。





それを着てもぴったりだし



コンサートに行ってもいちばん美人だ。


みんなすれ違いざまに



友恵を振り返る。





男にとってこれ以上の幸せはあるか







岡村靖幸は言う



TシャツにGパンが似合う男が本当にカッコいいと





いや



女だってそうだよ。




友恵はTシャツとGパン



そして



ポニーテール



がいちばん似合う。





とくにポニーテール




これは輪郭やアゴにたるみがあったら



髪の毛では隠せない。






若い日のうつくしい


自分の妻を抱く








あなたがツインソウルに逢いたいと願うならば



あなたはうつくしい体を



抱いてもらわなければいけない。









これは男もそうだよ。







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/5004-c82a7b1f