--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



休日の夜



僕が仕事帰りに小田急に乗ると



数多くのカップルが電車内にいる。



駅について



二人で降りるカップルもいるが



ターミナル駅で片方だけ降りるカップルもいる。






片方残った方を見ると



今日のデートでセックスしなかったのがわかる。









僕もかなり若い時には



そんなひとりだった。







デートの約束をしたときから



頭の中で何度も何度も架空のデートをする。





架空のデートでは



夕方になり、



ふたりでホテルに入りセックスをする。





現実のデートでは



映画を観ていても



遊園地にいても



夕方どうやってホテルに誘おうか



ということばかり考えている。



相手の顔色ばかりを気にしている僕がいる。






そして夕方になり



なにもなく駅でサヨナラする。







このデートは心底



達成感がない。








ある時から



僕はデートを変えた。



初めてデートする女の子とは



かならずその日にセックスする。






一回目だろうが何回目だろうが



セックスを断る女の子は脈がないのだ。





そして



付き合うようになったら



デートのスタートをホテルにした。





たっぷりセックスしてから



映画を観たり



遊園地に行ったり



ドライブしたり






もちろん



朝からホテルに入って



そのまま1日中ホテルでセックスをすることもあった。






男性ホルモンを放出したあとのデートは


お互いに探り合いはないし



性欲のない脳みそで冷静に見ると



その女の子の本来の姿や性格が分かった。








性欲というフィルターがかかると



どんなブスな女でも魅力的になる。






性欲プラス酒だと



もう、相手の女に穴があるだけで



男にはどんな女でも魅力的になる。








デートでは先にセックスすると



1日中楽しく過ごせるよ。












スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/5043-3009c48e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。