10/13/2016    ななさんへ



お手紙ありがとうございます。





僕は毎日



友恵とTちゃんを見ていると



人生とはなにかにあやつられている



と感じます。







どうやってもうまくいく人もいれば



どうやってもうまくいかない人もいます。








僕はQちゃんに出会うまでは



濁流に逆らい荒海に揉まれながら



首だけを水からだしてもがいていました。





もがくのをやめたら死んで楽になれるかもしれない





そう考えだしたときに



Qちゃんに会いました。






Qちゃんの指導で



ツインソウルの友恵に出逢い



昨年はQちゃんのツインソウルのTちゃんが



家族に加わりました。






いま僕は



穏やかな湖の真ん中で



大の字になって



ぷかりと浮かんでいます。






なにももがいていません。






いまも頭の中にQちゃんがささやきます。







先日も町を歩いていたら



Qちゃんが本屋に寄るようにささやきました。



自分の意志ではなくて



足の向くままに普段はいかない本のコーナーにいき



目の前の月刊誌を手にとり開きました。





そこには箱根で知り合った移動珈琲店が


見開きで載っていました。






その本を買い、



その記事を読んだことをメールしました。










他人が見たら偶然でしょうが



明らかに必然でした。







ななさんにも



こころの声



があるはずです。






とにかくそれに



身を委ねることです。






あなたにも



マスターがいます。






それを信じることです。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/5045-60f75b11