--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/19/2016    病院は選ばないと、



実はここ数日友恵が病気だった。



そしてTちゃんもひどくなっていた。



二人に共通するのは、病院を間違えていたこと。




友恵が胃が痛いと勤務先に近い病院にいったところ、



風邪から来る胃痛だと診断されて薬を渡された。



しかし、一向に良くならない。



もう一度その病院に行ってもう少し強い薬を渡された。



しかし良くならない。



これでは治らないと思った友恵は



家の近くの評判の良い病院に行った。



すると



「これは風邪じゃない。」



胃けいれんの薬を渡された。



そして今朝、良くなっていた。





そしてTちゃん。



両目の回りが腫れていたので今年の4月に



家の近くの表通りにある動物病院に行った。



その医師はTちゃんの目はあまり見なくて


お腹の治療をしましょう



とTちゃんに注射をしてお腹の薬を渡された。





数日前からTちゃんの目の腫れがひどくなったので



どこかの病院に行かなくてはいけない



と悩んでいたら、



Qちゃんがスマホを見ろと言う。



僕の指でまかせるままにスマホを押していたら、



不思議な病院の記事が現れた。




「鳥しか看ない、



表通りにはない、



看板がない、



医師は厳しい、



一軒家、



診察は一時間近く、


腕は確か」




こんな医者にTちゃんを診てもらいたい。


どんな遠くても行きたい。




場所を調べたら驚いた。



家から歩いて10分、すぐそばだった



昨日友恵はTちゃんを箱にいれてその病院に行った。



診断は鳥の副鼻腔炎。



Tちゃんの鼻の奥が炎症を起こしていて



その影響で目が腫れていたのがわかった。




そして友恵は先生に一時間、



厳しく鳥の正しい飼い方を指導された。




今朝、Tちゃんの目の腫れはひいていた。


まさにブラックジャック





友恵もTちゃんも良くなりました。






病院はきちんと選ばないといけない。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/5075-6a26f349
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。