--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



観てきました!



薫さん、友恵さんこんばんは




この世界の片隅に、観てきました。



映画を知らないままにならなくて



良かったと思いました。



ありがとうございました。





ツインソウルに私も逢いたいです。



それまでは結婚しません。



死ぬまでに逢えるかなぁ。



Posted by keiko


17/01/09 20:47:28






この世界の片隅に



観ていただいたのですね。




あの作品がなぜ人の心に



住む



のか?





いい作品


とか


感動作




ではなくて



観た人の心に



映画館を出たあとも


すずさんや周作や哲やりんさんが



常に頭に浮かぶのです。




だからみんな



二回目



三回目



と映画館に行きます。





幼なじみのすずさんと哲は



恋愛




見たことない結婚







すずさんと周作は



ツインソウル





僕はそう見ています。





この作品を観た人の中には



結婚っていいなあ



結婚したいなあ







思う若者がいるようですが



ツインソウルの結婚


をしないとそうはいきません。






講談社の子供が四人いる男性が



妻の首を絞めて殺した事件



僕には判るんです。





僕を産んだ女も



僕の前の妻も



その後付き合った何人かの女性のなかにも



僕とツインソウルじゃないことが原因で


異常なヒステリーになり



僕に暴力をふるいました。





きちがいです。





ヒステリーできちがいになった女には



言葉は通じません。




ただの夫婦喧嘩とはレベルが違うのです。




僕も朴容疑者になりかけたことが何度もありました。




殺したくて殺したんじゃない



殺さないと殺される



まさに家庭が地獄なんです。





朴容疑者はきちがい嫁の首を絞めて



絶命させたときには



ほっとしたはずです。





ツインソウルじゃない



糞夫婦



肥溜め夫婦



地獄夫婦





まさに生き地獄なんですよ。






たとえ戦火の下でも


ツインソウル夫婦ならば



2人で生きれる。






この作品のテーマなんです。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/5118-773ef24f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。