01/28/2017    3ヶ月いた嫁


以前



建築関係の仕事をしていた時に



何度も出会った



不思議な家が有った。





現場が始まる前に



近隣の家に挨拶に廻る。



大抵は



お互い様だからいいわよ。



と言ってくれるから問題はないが



ひとつの町に必ず一軒は



厄介な家がある。





男の一人暮らし。




挨拶に行くと冴えない男がめんどくさそうに出てくる。




型通りの挨拶をすると



色々と質問をしてくるが



内容は難癖だ。





工事が始まると



なぜか警察官がバイクでやってくる。




「うるさいと通報がありましたから来ました。」




それが何度も来る。



近くの人に聞くと教えてくれた。





「あの家の人がしょっちゅう電話してるのよ。」




一人暮らしの男のことだ。





そして



いろんな土地で必ず聞くこと





「あの家にも以前はお嫁さん来たんだけど



3ヶ月くらいでいなくなった。」






3ヶ月くらいでいなくなった嫁。




このパターンは驚くほどたくさんいる。



珍しいことではないのだ。





3ヶ月で嫁が逃げたことよりも



あんな冴えない男に嫁にきた女がいたことに驚く。




3ヶ月で逃げた女は


3ヶ月目に逃げようと思ったわけではない。



3ヶ月目に行動したのだから



その前に逃げようと決めたのだ。





でもなんで嫁に来る前にわからないのか?






たくさんのひとは



結婚なんて誰としても同じ



結婚したらお互いに分かり合える



結婚したらこの人も変わる



結婚したらだんだんと愛が深まる。



結婚したら覚悟が生まれる



結婚したら夫婦らしくなる



結婚したら子供が出来て円満になる



結婚したら



結婚したら



結婚したら






そんなわけないじゃん!







僕の身近に3ヶ月で逃げた女がいる。




その女は九州のみんなが知っている名家に見合いで嫁いだ。


もちろんあなたも知っている名家。



結婚したら女中だらけ。



嫁としてすることがない



トイレは六畳あり



一生お金には困らない生活が保証されていた。





しかし



その女は3ヶ月くらいでその家を出た。






その女こと僕を産んだ女は後年僕に行った。





「どうしてもその男性がイヤでね。



私の前に何人か嫁をもらったんだけど



みんな逃げてね。



あの土地では嫁が妊娠したりしたら入籍するんだから



その人も戸籍の上では未婚でね。



もう耐えられないから実家に帰りますって



その男性と母親に言って立ち上がったら


そね母親が私の足首を掴んで



出ていかないでと離さないのよ。





でも



考えてみたら



いまのあれも好きだったわけじゃないし


あのままいたら



こんなにお金に困らなかったよね。」






なぜ



3ヶ月だけの嫁になるのか?






そして



3ヶ月で嫁に逃げられた男





なぜ結婚なんかしたのか。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/5128-89563209