--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/07/2017    代わりのないもの

毎日小田急に乗るから



あのゼクシィの広告シールを見る。




お見合いの基本的な決まりは



結婚を決めるまで婚前交渉はしないことらしい。





結婚ってなにか?




それは代わりのいない存在の相手と



人生をおくること。




代わりのないこととは?





僕は友恵と逢いセックスしてから



まったく他の女性には興味がなくなったし



もちろん他の女性を触ってもいない。





友恵に逢うまでの50年



たくさんの女性とセックスをした。



恋人







友人



その場限り



乱交



スワッピング



ソープ



年齢体型も様々



数を数えたことも無く



ロドリゲスはさ迷った。





そして



いまから五年前





ロドリゲスは約束の地を見つけた。





よく女なんか誰を抱いてもおなじ



おまんこなんかただの穴



という男がいる。




きっと嫁を抱いてもなんの感動も感慨も感謝も起きない



ある意味そこいらへんに落ちてるような


つまんない女しか知らないんだろう。





哀しい人生だとは思わない。



この時期僕ら首都圏の人間はニュースで 大雪や雪かきの画像を見る。



一年のうちの数ヶ月も



なぜあんなにツラい世界に身を置くのか?



同じ時刻に首都圏は青空で爽やかな毎日だ。




僕は大雪のニュースを見て可哀想とは思わない。



その人がそこに住むと決めてそこにいるのだから。



その人にとっては日本とは何ヶ月か雪が積もる国。





夫婦もそうだろう。




ツインソウルこそが夫婦ですよー



ツインソウルのセックスこそが人間のセックスですよー



あなたの結婚相手は間違いですよー




と叫んでも



叫ばれた方はどうしようもない話だ。





青森の人に



雪に困らない人生もありますよ-



日本とは首都圏のことなんですよ-



と言われても青森の人にとってはいまの生活がガラッと変わることもない。



今年も来年も再来年もずっとずっと



雪かきをするのだ。






毎朝友恵と愛し合う。



友恵が数回いったら


あと数回死んでもらい



最後はふたり同時にフィニッシュする。




同じセックスの快感でも



女性は一度のセックスで連続して何度もいけるし



快感は大きくなるし


そのエクスタシーの強さは



男性の射精ね快感の百倍以上だ。




男性は射精して失神することはないし



一回のセックスで射精は一回



そして



何度もいった友恵はセックスのあと



かなりの時間その快感が体を支配する。






僕は女性のあなたに言う。




ツインソウルじゃない結婚するんならば


セックスで相手を選ばないとおかしいのだ。





女性の人生とは



男性よりもはるかにツラい



生理



生理痛



頭痛



便秘



化粧



妊娠



妊娠期間



出産



育児



容姿での差別



美貌の衰え



トイレで並ぶ





など



人間として男がしなくていいたいへんなことを



背負います。





でも



でも




男性が女性にはかなわないことが



ある意味たった一つあります。






セックスのエクスタシーの快感です。




神様が女性に授けた素晴らしい快感。



それを得られない結婚に



なんの価値があるのだろうか?





まったくなし!






小田急の駅には



婚活ツアーのポスターが貼られている。


ロマンスカーで箱根に行って1日過ごすらしい。





彼女も彼氏もいない


コミュニケーション能力の欠如した人間を1日一緒にいさせてもいい結果にはならない。



とくにコミュニケーション能力の欠如したダメダメな男は



ちょっとでも話をしてくれた人間のメスを好きになる習慣がある。




そういうダメダメダメダメな男には



女なんて誰もおんなじ



おまんこなんてどれもおんなじ



という言葉が有り難い。




どれもおんなじならば



会話をしてくれた人間のメスがいい!





結婚目当てのいい年齢の



コミュニケーション能力の欠如した男女


がたくさんいるなんて



笑えない喜劇だ。





せっかく箱根にいくならば



温泉旅館を借り切って



混浴乱交なんでもありにしたほうが



本当に自分に合った相手が見つかるのに。






うまい料理が食べたいならば



うまいレストランに夫婦で行けばいい





掃除が大変ならば



ダスキンを呼んで夫婦で楽にしたらいい。




でも



本当に本当に本当に


女に産まれてきたのはこのエクスタシーのためだ



男に産まれてきたのはこの女のオマンティスにペニスを差し込むためなんだ!








思えないならば



セックスさえも



代行を使いますか?





あなたの妻や旦那さんが



たまにはひとりでCoCo壱番屋に行ってくるね



みたいな感じで



他の人とのセックスを気軽に認めますか?






他ねことの代わりは認めても



セックスの代わりを認めたく無いならば


そして自分もセックスの代わりを探したくないならば



結婚の条件の一番は




セックス
















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/5137-2cfc9965
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。