03/27/2017    パタトゥさんへ



ツインソウルではない男女のつきあい




いわゆる



恋愛



とか



ツインソウルじゃない結婚



においていちばん疲れるのはなにか?





それは



常に自己説得をしなければやってられない



ということ。






(この女は大した美人でもないが少なくとも)あの会社ではいちばん美人だった。



だから嫁にして良かった。





(この女は太っているが)料理はうまい。



だから嫁にして良かった。





(この女は性格がひどいが)有名大学を出ている。



だから嫁にして良かった。





(この女は裸にしても魅力はゼロでも)



立派な資格を持っている。



だから嫁にしても良かった。








僕は友恵より前につき合ったりした女性に対しては



自己説得の連続だった。






自己説得の言葉のいちばん最後には



ある言葉を飲み込む。




でも



やっぱりこんな女はいやだよ!








僕が友恵に感謝するのは



友恵は説明がいらない



自慢するところの無い女性だから。





自慢するところの無いっていうのがミソで



僕の友人知人のかなりが僕と友恵に会っている。



そのすべての人が友恵を見て一瞬息を飲み込む。



そして驚いた顔のまま



「山口さんの奥さん


美人ですね!」




と言う。





そう言っている友人知人に



さらになにか友恵の自慢をする意味があるのか?



その上友恵は話をしたならば知的であることがすぐに分かる。



友恵の自慢話をするのはかなりの嫌みにしかならない。





フェラーリに乗っているオーナーが



いちいちみんなにその性能を自慢するのか?





なにかを自慢されている女性は



それくらいしか取り柄がないのだ。






男は連れている嫁を見たらその中身が見える。



女だって連れている旦那を見たらその中身が見える。






ツインソウルじゃない夫婦の旦那のエネルギーは



ほとんどが自己説得。






本当は



人間らしく楽しく笑って暮らしたい。



本当は



なんでこんな女相手にセックスしてるんだよ!



なんて考えることなく



ピュアな気持ちでセックスしたいのだ。






でも


それを選んだのはあなた自身。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/5177-5f96ca78