--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




友恵と逢って五年間



ほとんど毎朝セックスをしている。




しないのは友恵が帰省していないときか


生理のとき。





そのセックスは



まったく性欲処理ではない。





友恵も僕も



繋がることで気が繋がり



エネルギーが交換され



疲れがとれる。








ツインソウルではない一般人のセックスは



性欲処理だし



セックスで疲れるし


セックスで気持ちも疲れる。







この差はなにか?






ほとんどの夫婦は夜に暗くしてセックスをする。






なぜか?



それは目の前にいる女性をきちんと見ると



勃起しないからだ。




いまの若い男性はおっぱいの大きな女性を好むようだが



あんなに大きなおっぱいの女性を正常位で対面したら



おっぱいは左右に分かれ



お腹には肉が盛り上がり



明るい所でセックスしたならば



萎えるだろう。




ましてや普通の女性ならば。







なぜ夜、暗くしてセックスするのか?







明るい所では萎える女性ならば



暗くして抱けば



頭の中では桐谷美怜にも深田恭子にも



イメージ変換出来る。





部屋を暗くして抱かれている女性は



相手の男は頭のなかでは



あなたじゃない女の子を抱いている。





そして波動の共鳴しないふたりのセックスは



性欲処理の運動だから疲れる。




だからすぐに寝れる夜にセックスをする。








明け方にカーテンを開けて



朝日を部屋に入れる。



そうしたら友恵の体をマッサージする。




美しい女性ならば



明るい時にセックスをすればいい。





きちんとしたパートナーと



きちんとした時間に


きちんとしたセックスをしたら



その1日は元気に過ごせる。





僕はいま55歳



気力体力が充実している。



20年前の若い僕と喧嘩しても勝てる。










夜セックスする相手や



セックスして疲れる相手ならば



それはあなたのパートナーではない。







性欲処理相手だ。










スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/5195-bfd3c820
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。