人生は設定されている。





これでいちばんの設定は



寿命





人は病気や事故で死ぬのではなくて



寿命という設定



で死にます。







白石一文さんの作品を読んで分かったことがあります。





設定には僕ら世界の常識はありません。



設定が動くと



かなり不思議や無理な場面があります。






そして



設定はその設定を完遂させるために



使えるものはなんでも使います。





誰かの寿命を終わらすために



その人に車をぶつけたりします。





その人の寿命は



事故死



で終わりました。






そして



設定はその人の寿命を完遂するために



たまたま近くで運転しついたあなたの車を



その人にぶつけます。






設定には



善も悪もありません。






だれかの設定



のために



関係のない人が



協力者や実行者



にさせられます。








なぜあのとき



自分はあのひとにあんなことを



したのか?



言ったのか?






それはその人の設定に



加担させられたのかもしれません。






なぜあのとき



あの人は自分に



あんなことをしたのか?



あんなことを言ったのか?






それはあなたの設定に



その人ががさせられたのかもしれません。








なんでこんな女と結婚したのか?





それは設定です。










スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yamaguchikaoru.blog84.fc2.com/tb.php/5223-2d7ad0b4